ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

ブログ

2016年1月 3日 (日)

今年のブログ運営について

あけましておめでとうございます。
昨年も、多数の方にご覧頂いた上、2冊目の本を出させて頂きました。
誠に、ありがとうございました。

さて、今年のブログ運営、と言うか、最近の状況を見て頂けていれば分かるかと思いますが、今年はブログの更新頻度を落とそうと思っております。

理由は、小説の執筆に、今まで以上に力を入れたいためです。

ブログの記事は、大した長さではありませんが、興味を引ける構成、分かりやすい展開などを考え、かつ、それなりの裏付け調べをしながら書くのは、想像される以上に時間のかかることです。
ブログを止め、小説の執筆だけに注力すれば、恐らく倍くらいのペースで書けるでしょう。

そもそも、このブログは、HP(今はない)で公開していた小説の宣伝用として始めたモノでした。

ですが、ブログを完全に止めてまで、小説の執筆だけに注力しようとは思っていません。
まだまだ言いたい事は、たくさんありますし、我慢ならんことも多いので、これからは不定期に更新して行こうと思います。

その一方、ニュースネタに関する、分析とまでは行かずとも、所感程度のモノは、ツイッターで呟いていこうと思います。
ツイッターの140文字では、まともな論旨展開ができないため、ツイッターはブログ記事のアップ告知程度でしたが、これからは、もう少し、積極的に呟きます。
ですが、ツイ廃の人に絡まれても対応はしないつもりです。(ツイッターに時間を取られては、本末転倒ですから)

年末年始も、次回作のプロットに悩まされています。
より早く、次回作をお届けできるよう、頑張ります。

本年も、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

2015年3月 7日 (土)

ブログ不具合などのお詫び

3月1日から2日にかけて、ほぼまる1日、当ブログの閲覧ができない不具合が続いておりました。
突然閉鎖になった!
と驚かれた方、申し訳ありません。

ブログ、プロバイダ等の契約をしているニフティの契約ミスが原因ですが、現在は復旧しております。
実は、ネット接続については、つい先ほどまでトラブルが継続しており、やっとブログの更新も可能になった状況です。

なお、メアド(業界関係者用ニフティアドレス)の方は、未だに復旧の目途が立っておりません。
メールをお送り頂いた方には申し訳ありません。

公開アドレスであるヤフーのアドレスは機能しております。

今後も、当ブログを宜しくお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

2014年12月31日 (水)

2014年の終わりに、感謝のご挨拶

本年最後の記事UPなので、今年1年の感謝のご挨拶です。

今年は、3月に念願の書籍を発売させて頂きました。


長らく自衛官をやった後に小説など書き始めたので、ほとんど「俺はまだ本気出してないだけ」を地でゆく感じだったのですが、なんとか形になりました。
(そのまえに電子書籍は出していたものの、やはり物体とデータは感慨として違います)

作家としては、ようやくデビューさせて頂いたばかりなので、今後新作を出して行かないといけないのですが……なにせ遅筆です。

しかも、大多数の読者にとっては、どうでもいいはずのミリタリー考証(それも武器マニアが突っ込みそうな銃器描写だけでなく、部隊や組織の関係なども含め)をいい加減に書けない性分のため、書いている時間よりも調べ物をしている時間の方が長い……
ざっと書いてから、後で直すつもりで書き始めたのですが、結構後の展開に影響しそうな要素が多くて、結局調べる事に……

という訳で、悶絶しつつ、クリスマスも年越しも年始も、パソコンに向かっております。
ブログも、片手間に書きます。

今年1年、ありがとうございました。
来年も、ゆるゆるとお付き合い下さい。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

2013年6月17日 (月)

更新一時休止のお知らせ

ゴールデンウィークの時と同様に、リアル多忙により、ブログ更新が一時滞ります。

恐らく1週間ほどで復活すると思いますが、一応時期未定ということにしておきます。

なるべく早く復活できるように頑張りますので、また宜しくお願い致します。

2013年4月25日 (木)

更新一時休止のお知らせ

リアル事情により、連休明けまで多忙につき、ブログ更新休止致します。
旅行に行くとか、そんな事情じゃありませんよ。
忙しいんです。

その後は、復活する予定ですから、また懲りずに覗いてやって下さい。
宜しくお願いします。

2013年2月 4日 (月)

前回の週刊オブイェクトさんに対する反論記事と当ブログのコメント欄について

本来、私は前回の記事で書いたような他の方が書いた記事に対する反論記事は好きではありません。
たとえ単なるブログ記事であっても、主張ないしは趣旨と言えるモノがあるべきだと考えるからです。(反論記事の場合、どうしても元記事の否定でしかなく、自分の主張を出し難い)
ですので、先日の戦車関連記事についても、JSF氏とのツイッターでのやり取りが端緒とはなっていますが、「戦車増強論者に提示する5つの命題」の用に、一つの記事として完結させたつもりです。

しかし、それでも、前回の記事を書かせて頂いたのは、JSF氏が、日本における防衛・軍事ネタブログでは、一番の人気を誇るアルファ・ブロガーであり、防衛・軍事にコアな興味を抱く人にとって、週刊オブイェクトは、既に新聞などのメディアに近い影響力を持っていると考えるためです。

週刊オブイェクトさん以外にも、優れた記事を書かれているブログは、多数あります。
週刊オブイェクトさんを含め、これらは、まだ新聞などのマスメディア程、多数の人に対する情報発信力は持ち得ていません。
しかし、多くのブロガーは、新聞記者以上の知識を下地として持ち、もはや新聞以上に深い分析を記事としてアップされています。

それだけに、防衛・軍事にコアな興味を持つ人に取っては、既にマスメディアに近い影響力を持っていると考えています。

その意味で、週刊オブイェクトさんは、既にマスコミ同様に、間違った情報を発信していると判断する場合には、批判を行なうべき対象だと思っています。

ですので、これからも、週刊オブイェクトさんだけでなく、一定の影響力があると思われるブログには、マスメディアと同様に、反論記事を書かせて頂くつもりです。

逆に、私のブログが、同じように批判の対象になることも、承知しているつもりです。

不特定多数に対して情報発信している者には、それなりの責任、つまり批判を受ける責任があると考えるからです。

ですので、当ブログのコメント欄の使用に当たっても、書いて頂いている方には、ほんの短い(短くない方も非常に多いですがw)コメントであっても、それなりのマナーとルールを守って頂きたいと思います。

具体的には、ハンドルの使用をお願い致します。
何でも結構ですが、常識の範囲で、また次の二つは御遠慮下さい。
①名無し:レスをする際、どうしてもハンドルを使用して頂けない方と区別が付かないため。
②通りすがり:被る事が多いため。

ブログの設定として、ハンドル未記入のコメントは受け付けないようにも出来るのですが、ココログの場合、ハンドル必須とするとメアドも必須となってしまう仕様のため、コレは避けたいと思っています。
どうしても、ハンドル使用が浸透しない場合は、コメントの表示を、私の承認後表示にすることも可能なのですが、表示にタイムラグが生じてしまいますし、失礼にも当たると考えるため、これも避けたいと思っています。

記事に関係の薄い話題については、話の流れでそうなることもあると思いますので、これは常識の範囲でお願いします。

また、当然ですが、誹謗中傷はお止め下さい。

記事は、軍事・防衛に興味を持って頂ける方を増やすために書いてますし、意見交換の場になれば良いと思いますので、基本的に、コメント欄は、マナーと上記ルールを守って頂ければ自由にお使い下さい。

何だか偉そうな事を書いてしまいましたが、今後とも、宜しくお願い致します。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

2012年1月30日 (月)

今更ながら……明けましておめでとうございます

今更ながらではありますが、明けましておめでとうございます。
まだ、ギリギリ1月なのでご容赦下さい。

さて、何故今頃なのかと言いますと、一応の経過報告をしたかったからであります。

昨年の新年のご挨拶で、今年は1本まともに小説を書き上げると宣言致しました。
で、一応書き上げまして、先日、某新人賞に応募しました。
まあ、応募は数千通もあるそうなので、甘い期待を抱いている訳ではないのですが、一次選考くらいは通過したいな~などと思っております。

加えて、捕らぬ狸の皮算用ならぬ、狸が捕れなかった時の肉算用として、結果発表の後に、どうやってこれを表に出してやろうか思案中です。
もちろん、サイトで公開しても良いのですが、現在のサイトのカウンターを見ても2万強の数字なので、実際に読んで頂いた人はせいぜい百人がいいところでしょう。やはり商業主義は偉大だなと……

さて、つまらない話ばかりしてもなんなので、最後に元自衛官の小説家デビューについて、朝雲の記事を載せておきます。
元自衛官が小説家デビュー 山形在住の斎藤順一さん 「焔火(ほむらび)」で小説現代長編新人賞を受賞」(朝雲新聞12年1月12日)

小説現代長編新人賞の受賞作発表は知っていたのですが、内容が軍事モノではなかったので、書かれていたの方(ペンネーム:吉村龍一)が元自だったとは、この朝雲の記事を見るまで知りませんでした。
アマゾンのレビューでは、★5つが二つのみと、数は少ないですが、かなりの高評価です。

次回作は、元自衛官が活躍する小説になるとのことなので、そちらも注目です。

それにしても、この吉村氏、4年間で20の新人賞に応募したとのこと。
年間5本も書いていることになります。
凄すぎる。
確かに筆の速い作家さんは、原稿用紙換算で1日80ページとか書く方もいらっしゃるので、それを考えればできる話なんでしょうが、私には到底マネできません。

今年も何か書くつもりですが、改めて自分の筆力のなさは痛感したので、習作としてミリタリー以外のモノでも書こうかなと思ってます。
せめて1本くらいは……

2011年9月14日 (水)

トップページ表示ルール

今まで、トップページで最近3回分の記事を表示するよう設定していましたが、写真の多いページなどでは、一部の携帯端末での表示に支障がでるようなので、トップページでも1記事の表示に留めるよう、設定を変更しました。

直近の記事を見たい方は、右側にある「最近の記事」リンクから辿って頂くようお願いします。

2011年3月24日 (木)

更新頻度低下のお知らせ

諸事情により、4月中旬まで更新頻度が低下します。

なんとか週1くらいでは更新したいと思いますが、しばらくはユルユルとおつきあい下さい。

4月中旬にはパワーアップして戻ります。

2011年1月 2日 (日)

明けましておめでとうございます

新年
明けましておめでとうございます。

当ブログですが、移転前のアメブロ時代を含めると3回目のお正月、継続期間は約2年半となりました。
ここまで続けてこれたのも、ひとえにご覧頂いている方々のおかげです。
ありがとうございます。

今年も、(航空)自衛官目線で、
ゆるゆると気張らずに続けて行こうと思っておりますので、よろしくおつきあい下さい。

どれだけ応えられるか分かりませんが、記事リクエストなどもあれば、なるべく努力致します。

また、本来もっと頑張るつもりの小説執筆ですが、今年はなんとか1本まともに書き上げようと思っております。
多くの方に読んでもらうために、シミュレーション小説という型にははめず、ジャンルとしてはミリタリー・サスペンスとなる見込みです。本音を言えばあまり書きたくはない陰謀がらみの話にはなりますが、それでもそれを端緒に軍事・防衛に興味を持ってもらえるような話にしたいと考えています。
一応、小説賞への応募を考えていますが、選に漏れたら(その可能性大ですが)当ブログでの連載等、web公開も考慮しています。
(このくらい宣言しないと、なかなか筆が進みません)


より以前の記事一覧

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS