ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 女性戦闘機パイロット誕生で浮かび上がるもう一つの課題 | トップページ | 今年のブログ運営について »

2015年12月29日 (火)

日韓合意は、「人命は地球よりも重い」発言に等しい

慰安婦問題が、日韓政府間で合意に達し、「最終的かつ不可逆的に解決される」ことになったそうです。

ですが、この合意は、日本がテロに屈することを宣言した「人命は地球よりも重い」発言に等しいように思えます。

日本政府は、日韓請求権協定が存在するため、従来より、慰安婦問題は”最終的に”解決済みとしてきました。
ですが、今回の合意で、”2度目の最終合意がありうる”ことを示したことになります。

これは、テロの有効性を示した「人命は地球よりも重い」発言と同じように、徴用問題などでも”2度目の最終合意がありうる”と韓国人に印象づけてしまうように思えます。

政府は、今回の合意に、日韓請求権協定の確認を明文化して入れ込み、そのことによって徴用問題なども解決済みであることを韓国政府に迫っているようです。
しかし、尹外相は、日韓請求権協定に対して、「私たちの立場は変化がなく、この先も変化はない」と語ったということで、この合意に確認が明文化されようとも、慰安婦問題以外の徴用問題などは、引き続き懸案とし続ける考えのようです。
28日午後に日韓外相会談、共同会見も予定 韓国メディアは慰安婦像撤去など日本側要求を批判」(産経151228)

また、政府間の合意であれば、普通は、政権が交代しても、その合意は守られるべきものです。
しかし、韓国相手には通用しないでしょう。
既に死に体となりつつある朴政権との合意など、前大統領が軒並み訴追されるような韓国にあっては、政権が変われば簡単に変わりそうです。
特に、次の政権交代が、今回の合意を認めないことを主張して実現されれば、選挙公約のため、間違いなく反故にされるでしょう。

韓国は、合意の文書化に反対しているようです。
文書化されなければ、100%反故にされそうです。

2度目の最終合意がありうる事を示し、徴用問題などに火を注いだ上、慰安婦問題も結局解決しないようなら、この合意の責任は、一体誰が取るというのでしょうか。

不利益を被るのは、我々国民です。
10億円の基金は、我々の税金で支払われるのですから、強制的に一人頭10円の募金をさせられたようなものです。
10円は、金額的には大したことがなくとも、政府の意図とは逆に、韓国人に日韓請求権協定が意味のないものだったと認識させ、日本批判を勢いづかせるようなことにならないか、それが不安です。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 女性戦闘機パイロット誕生で浮かび上がるもう一つの課題 | トップページ | 今年のブログ運営について »

周辺国動向」カテゴリの記事

コメント

まあ日本の完全なる外交敗北ですね。
韓国は何一つ約束を守らず、
日本が謝罪と賠償をしたとういう事実だけを、
これから体よく利用し続けるでしょう。

「韓国が約束を反故にすれば世界が日本に同情してくれるよ!」、
何てことを喚いている阿呆もいますけどお花畑も良いところです。
日韓基本条約を無視されて日本に同情した国があったのかと・・・
侵略されたら国連が助けてくれるとか言ってるバカ左翼と同レベル。

神速のタヌキ 様
本当に、ここで懸念したようになるのかは、まだ分からないですが、どうもこうなりそうな気がします。

しかしなんでまた、こんな左右両方から叩かれるリスキーなことをしたのでしょうか?

おはようございます

不可逆的? そんなモン50年前に、朴ゴネの親父と「手打ち」を済ませたわ(#`皿´)
いっその事、半島人に日韓基本条約の中身を公表してしまえばいい。「漢江の奇跡」とやらの種明かし(我が国では知れ渡ってる話ですが)にもなるわ。北の分も、かの経済発展に使い込んだ事を知らしめてやればいい。
我が国に対して、拉致問題の引き換えに金をタカる北にも「金が欲しきゃ韓国政府から請求しろ」って言えばいい( ̄^ ̄)

そもそも条約や協定って奴は「手打ち」みたいなモンで、一旦締結されればその問題を蒸し返さないってのがルールです。親父と結んだ約束事を蒸し返して再びゴタゴタを起こすバカ娘はヤクザ以下の外道と断じる(#`皿´)
だったから我が国も対抗して、半島統治時代に造ったインフラの代金(勿論現在のレートに換算して)を支払わせてやればいい。50年前、朴ゴネの親父はその金額に腰を抜かしたのだから( ̄^ ̄)

悪名高いかの村山、河野の売国奴すら税金を使わなかった(野田の場合は政権交代でポシャった)のに、安部は何を考えてるんだ(#`皿´)
もし、税金を使うような事になったら、脱税の方法を教えて欲しい。私はあんなのに税金を使うのに反対だ(#`皿´)

確かにこの面が有るですが、慰安婦は法理戦よりは世論戦だ。法理戦なら韓国の負けですけど、世論戦は韓国の勝ちです。専門家なら流石に条約の国際関係上の意味を理解しているが、庶民はこれをわからなく、慰安婦は可哀想だから法等二の次にして払えと無知な態度。

幾ら法を主張しても、良くで現状維持ですし。それに韓国の法廷は既に条約違反を公然にやっているのです。これについては外国では批判的の声もかなり有るですが、慰安婦や強制労働員は可哀想だからと決定的に成らない。

韓国の再犯を防ぐのは、3つの方法しか有りません。
A)韓国人の道徳に頼る。無理ですね。長い間の「歴史教育」によって既に彼奴等の世界観を部分的に歪んでいる。現在、例え政府が阻止しようとしても容易ではない。
B)日本は韓国の再犯に対し、強度の「実刑」を下す(撤退とか、制裁とか)。それは出来るとして、損害は一億程度で収まらない。
C)外圧に頼る。だが、韓国国内は放棄できるとして、その為には少なくとも外国(米国等)から見て納得できるの譲歩をしなければ成らない。それをした後、以前のような黙秘ではなく、寧ろ宣伝を積極にして、既に(二度と)弁償した事を国際間に認識させる。

Aは以前やったが失敗、Bは無理なら、Cでやってみるしか無いでは?

数多様

これは外交戦なので、アピールすべき相手は、欧米各国や東南アジア諸国、インドなどでしょう。
「日韓請求権協定によって、全て解決しているが、日本として、人道的な立場から、特別な計らいをした。今度は韓国政府が約束を守る時である。」

日本はきちんと対応した、ということを、今こそ世界にどんどんアピールすべきでしょう。北朝鮮対応などいろいろな外交上の問題を加味して、「いろいろな懸案がある時に、日本がここまで対応したら、ここで韓国が約束を違えれば、それは韓国政府が悪いのだろう」と「他の皆さん」が思えば良いわけです。

残念ながら、韓国はこの問題を解決する能力はなさそうなのですが、それは二の次です。
我々が見るべき相手は、実は韓国ではありません。特に米国内の韓国シンパを崩すことが重要だろうと思います。

日本よりもアメリカにとって「日韓和解」が必要なのだと感じている。
しかし韓国(国民)が慰安婦問題が未解決だと主張している
1965年の条約について第三国が口を挟めない。だから先ず日韓間で
合意が必要であった。この合意が公式なものになれば、
後はアメリカが韓国政府に合意内容を守らせるでしょう。

韓国政府が合意を守らなければ米韓関係は終わる。
韓国有権者がその事を理解できるかどうかは、判らない。

この件に関しては、しやもやしさんが既におっしゃられているとおり、
日本国内及び韓国国内でも相当批判が出るでしょう。

おそらく、日本としては、韓国が本合意を破るのであれば、破っても構わない
というスタンスだったのではないでしょうか?
(その場合、10億円の供出も出す必要はなくなります。)

つまり、韓国に対して、本気でこの問題を解決する気があるの?
と投げたボールなのではないでしょうか?
そして、合意後の素早い欧米の発言を見る限り、日本は相当根回し
もしくは、圧力を受けた中の方策であったような気がします。
その点を考えると、今回の方策は、なかなかメリットのある方策であると考えます。
これまでは、本問題、あくまで2国間によるもので、
どうしようもない状況だったのですが、今後は、多国間交渉に近い形に
なるので、これまでとルールが変更されたと感じています。
となると、今回の交渉は、10億円云々ではなく、外交交渉のルールを
日本に有利なルールに変更するという最も有効かつ最大の成果を得られた
のではないかと思います。
つまり、本合意以降、日本は、韓国のルールで、交渉しませんし、
土俵にも乗りませんということを国際的に示したのが
本合意の成果であると感じています。

ただし、皆様ご懸念のとおり、表面的には、外交の敗北ととられかねられないので
日本国内の世論をまとめることが可能かというところは懸念されます。

最後に、個人的には、日本による従軍慰安婦という狭い考え方ではなく、
国際的な戦争による女性被害に関する国際的な基金を創設し、
日本、韓国の双方がお金を供出するのがいいのかなと考えます。
そのようにすれば、ベトナムでの韓国の事案等についても、
「お前たちだってやってるじゃないか?」ということもなくなりますし、
当然、日本による従軍慰安婦もフォローされます。
加えて、日本と韓国は、この問題について、国際的にリードすることが
可能になるので双方にメリットがあるのかなと思います。
(まー韓国は、日本による従軍慰安婦にこだわるでしょうが、
これを受け入れない場合、国際的なデメリットが多くなるでしょう。)


しやもし 様
やっぱり、アメリカの圧力でしょうね。
安倍首相は、保守派である彼が首相でいる内にと思ってらっしゃったようですが、急がなければならない状況だったとも思えません。

土方 様
国家間の約束を、どう思ってるのか?
とは思いますね。
産経支局長の起訴にしても、法治が根付いていないのでしょう。

香港からの客人 様
外圧による、をやろうとしたのが今回だと思っています。
安倍政権は、アメリカには相当根回しをしたようです。
ですが、私はそれでもうまく行かないと思っています。
アメリカの意向に反し、韓国は遠くない将来、完全に中国側に着く可能性が高いでしょう。

ドナルド 様
ドナルド様の考えが、安倍首相の考え、そのものだろうと思います。
その目論見通りに行けばいいのですが、他の方へのコメントでも書いたとおり、それであっても、うまく行かないと思っています。

名無し 様
ほとんど、仰っているとおりだと思います。
ですが、私は、韓国有権者がその事を理解できるとは思っていないのです。

kue 様
金は、韓国が合意を反故にするなら、支払わない事が可能です。
ですが、2度目の合意をしてしまった事実は消せません。
この点が重要だと思っています。

ご指摘の通り、アメリカを巻き込んでいますが、選挙で合意反故を公約に掲げて政権奪取されれば、どうなるか・・・

私は、日本国内の世論は、それほど懸念していません。
私自身もそうですが、保守派は、政権担当能力のある保守は、依然自民しかいないと認識しているでしょう。

最後に書かれていた戦争による女性被害に関する国際的な基金の創設は、良いアイデアですね。
戦争だけでなく、国内紛争も入れてやれば、今のISによる問題と絡め、旗が錦に染まります。
これを言い出すだけで、韓国の牽制にもなるでしょうから、是非考えるべき方策かと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/62957952

この記事へのトラックバック一覧です: 日韓合意は、「人命は地球よりも重い」発言に等しい:

« 女性戦闘機パイロット誕生で浮かび上がるもう一つの課題 | トップページ | 今年のブログ運営について »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS