ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 調達改悪 | トップページ | 創作通信_その4 »

2015年7月10日 (金)

維新独自案は現実乖離の神学論争用法案

維新の党が、安保法制維新独自案として法案を出しています。
広範な法案なので、全体のレビューはしません。

しかし、維新の党が、この法案の核と位置づける部分において、この法案は、違憲か合憲かを戦うための神学論争用法案でしかありません。
自衛隊法等の一部を改正する法律案の概要

戦争は、常に相手の弱点を突くものであり、法に弱点があれば、相手はそこを突いてきます。

維新の党は、この法案によって、日本の防衛にあたっている米軍艦船に対して攻撃がなされれば、これが日本に対する明白な危険であるとして、”憲法が認める”個別的自衛権として、防衛出動を行えるとしています。

しかし、例えばのケースですが、北朝鮮が、日本に対しては一方的に不可侵宣言を行ってきたら、どう対応するつもりでしょうか。
その状況で、自衛隊に対して、日本に対して一方的に不可侵だと言っている国(の軍隊)を攻撃させるつもりでしょうか?

この場合、自衛隊が北朝鮮の艦船や航空機を攻撃した時、それは個別的自衛権に基づく行動だと言えるでしょうか?

現に攻撃を受けている訳でもなく、将来においても、一方的に不可侵だと言っている国に対して攻撃すれば、それは、個別的自衛権どころか、相手からは侵略だと言われかねません。

ちなみに、このケースでも、集団的自衛権での行動というスタンスであれば、問題はありません。
そもそも、こう言う言い方を防ぐための方法が、集団的自衛権だとも言えます。

また、維新案では、米国に向かう弾道ミサイルの迎撃はできません。(能力上の問題はありますが)
これで、アメリカと良好な関係を維持できると思っているなら、民主党同様の○○○畑でしょう。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 調達改悪 | トップページ | 創作通信_その4 »

防衛関係法規・規則」カテゴリの記事

コメント

逆に歯止めなく世界の裏側でも戦闘に参加できるとの指摘もありますね。

自民党、政府案にしても三要件を満たすかと言えば疑問なんですけどねえ、威勢の良いこと言っても実行出きるかと言うと制約多いし政府案通っても集団自衛権を支持している人が思ってるほどのことは出来そうもない

しやもし 様
そんな指摘がありますか?
個別的自衛権のなしくずし拡大ということでしょうが、むしろそれが出来たとしても、維新の主張はどうあれ、諸外国は個別的自衛権だと思わないところの方が問題だと思いますが……

シュピーゲル 様
法律上は出来る事にしておくという点が大切だと思います。
実際にやるかどうかは、政治判断です。

新三要件
・我が国に対する武力攻撃が発生したこと、又は我が国と密接な関係にある他国に対する武力攻撃が発生し、これにより我が国の存立が脅かされ、国民の生命、自由及び幸福追求の権利が根底から覆される明白な危険があること
・これを排除し、我が国の存立を全うし、国民を守るために他に適当な手段がないこと
・必要最小限度の実力行使にとどまるべきこと

てこれですからねえ

数多氏の
>しかし、例えばのケースですが、北朝鮮が、日本に対しては一方的に不可侵宣言を行ってきたら、どう対応するつもりでしょうか

では、存立危機に当たるかは微妙でしょう
弾道弾については仰ってる通りでしょうが

草稿お疲れさまです。

「自衛隊に事前許可を与え、閣議決定なしでの実力行使も可能になるなど」
ってことですが。
どうなんでしょ?

右も左も、現実を無視する政治家ばかりです。

シュピーゲル 様
そのケースで問題なのは、個別的自衛権での権利行使なのか、集団的自衛権での権利行使なのかです。

日本には攻撃するつもりがないと言っていたとしても、米軍艦船に対する攻撃を論拠とし、集団的自衛権を発動することは、なんらおかしくありません。

個別的自衛権を行使すると言っておきながら、日本に攻撃しないと言っている国を攻撃することに矛盾が生じるのです。

しやもし 様
その部分は、現行自衛隊法における弾道ミサイル等に対する破壊措置にも盛り込まれている考えです。
ですので、非常に評価すべき所だと思います。

メリッサ 様
どちらも、もう少し現場の様相を勉強して欲しいと思いますね。

米艦が攻撃されたら集団的自衛権を行使できる、といった無闇矢鱈な話じゃないですよ?
維新案が神学論なら政府案も実効が甚だ怪しい神学論でしかないですから

シュピーゲル 様
その辺りの話は、今の時点では書かない事にしておきます。
政府の動き次第ですが、法案成立後には、何か書くかも知れません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/61865239

この記事へのトラックバック一覧です: 維新独自案は現実乖離の神学論争用法案:

« 調達改悪 | トップページ | 創作通信_その4 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS