ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 創作通信_その3(てつのくじら館取材) | トップページ | 制空権問題は航空機の数だけではない »

2014年11月29日 (土)

横やりは懸念ではなく、狙い_心神開発の真意

実証機『心神』の飛行が近づいていますが、産経がアメリカの横やりを懸念しています。
平成の零戦」離陸近づく 日本の先端技術結集の“勇姿”…懸念は米国の「横やり」(産経新聞1411xx)

日本の国産戦闘機構想は、1980年代のFSX(次期支援戦闘機)選定をめぐり米国の横やりが入り、日米共同開発に落ち着いた過去もある。自衛隊や防衛産業にとって、悲願ともいえる“日の丸戦闘機”は果たしてテイクオフできるか。


横やり懸念の理由は、やはりFSX(F-2)開発での実例があるからでしょう。

1980年代のFSX選定では、米国製戦闘機の購入を求める米側との間で政治問題となり、日本が米国の要求を飲む形で米国製のF16を母体に日米共同でF2戦闘機が開発された。バブル景気絶頂の当時は米国内の一部で日本脅威論も論じられており、戦闘機の独自開発もその延長線上で待ったがかかった-。こう受け止める日本政府関係者は少なくなかった。


しかし、この懸念は的外れです。
防衛省・自衛隊の狙いが、国産戦闘機開発にはないからです。

記事の前提は、防衛省・自衛隊の狙いが、国産戦闘機開発にあり、そのための『心神』開発だとしています。

確かにそれを願っている人も居るでしょう。(私だって、できればとは思います)
特に、防衛産業にとっては、国産機開発・配備となれば、大きなビジネスチャンスです。

しかし、過去の経緯を見れば、防衛省・自衛隊が、落とし所として狙っているのが自主開発ではないことは明かです。

心神の研究試作は、平成21年(2009年)度から始まっています。
研究開発評価会議資料
予算要求されたのは前年の2008年夏です。
この頃、F-Xの選定は山場に差しかかっており、空自はF-22の導入を目指していました。しかし、1998年のオビー条項に続き、2006年にもF-22の輸出を禁じる条項がアメリカ議会で可決されており、防衛省・空自はアメリカ空軍や各方面に働きかけはしたものの、2008年12月にF-22の導入を諦め、F-X候補から外しました。

つまり、心神開発とF-22の導入断念は、リンクした動きなのです。
12月にF-X候補からF-22を外し、年度末に予算を取り、4月から研究試作を始めた訳です。

この背景にあるのは、産経の記事にもありますが、日本がステルス技術を獲得することに対するアメリカ(特に軍事産業と関係する議員)の警戒です。

 だが、同盟国といえども、こと軍事技術に関しては警戒感が根強い。

 米政府はステルス性能試験施設の使用を「心神」に認めず、日本側はフランス国防装備庁の施設を使わざるを得なかった。平成23年12月に決定した次期主力戦闘機(FX)の選定で、日本政府は当初、ステルス戦闘機F22ラプターの導入に期待を寄せたが、米政府は技術流出を懸念して売却を拒否。最終的にF35ライトニング2が選ばれた経緯もある。


良い換えれば、心神開発は、「ステルス技術を渡さないのならば、独自開発するぞ」というアメリカに対するメッセージなのです。

単なる政治的なメッセージではなく、ここまでしなければならない、また逆に、ここまですればアメリカが動くというのは、前掲のFSX(F-2)の事例だけでなく、もう一つの事例からも、防衛省・自衛隊が学んでいるからです。

99式空対空誘導弾のwikiページには、自衛隊がAMRAAMの導入を目指したものの、日本には売ってもらえないことを懸念したため、その代替措置として同等かそれ以上の能力を持つAAM-4を開発したと書かれています。
が、実際はAMRAAMを売ってもらえる見込みは、全くという程ありませんでした。
しかし、実際に開発・配備が始まると、掌を返してAMRAAMを安価で売るという方針に転換しています。

日本は、国際共同で行われたF-35の開発に全く関わっていません。
にも関わらず、現在、F-35の自衛隊への配備に関して、整備拠点を日本国内に作るなど、防衛省・自衛隊は、破格の条件を勝ち得ています。

この条件獲得に、心神が大きく影響していることは間違いありません。

防衛省・自衛隊が、技術実証である心神から歩みを進め、戦闘機の独自開発にまで進むのか否かは、まだまだ流動的でハッキリしません。
しかし、F-35の開発を見ても分かるとおり、第5世代戦闘機の開発は、莫大なコストと時間を要し、もはや一国で行えるものではなくなってきています。

防衛省も、当然その事は認識しています。

小野寺氏は「わが国の防衛に必要な能力を有しているか、コスト面での合理性があるかを総合的に勘案する」と述べるにとどめた。防衛省は国産戦闘機の開発費を5000億~8000億円と見積もっているが、追加的な経費がかさみ、1兆円を超える可能性もある。国産でまかなえば1機当たりの単価もはねあがり、防衛費が膨大な額に上りかねない。


なので、心神とその技術を生かした国産戦闘機開発は、アメリカからステルスに関わる交渉において好条件を引き出すための材料なのです。

“日の丸戦闘機”は、夢ではあるでしょうが、それが飛び立つことはないでしょうし、そんな否経済的なことを追い求めてもらっては、国家財政が危機に瀕します。

ですが、アメリカから好条件を引き出すための材料として、ある程度は進めざるを得ないでしょう。
それによる”横やり”こそが、防衛省・自衛隊の狙いです。

« 創作通信_その3(てつのくじら館取材) | トップページ | 制空権問題は航空機の数だけではない »

研究開発」カテゴリの記事

コメント

なるほどなるほど、装備品の国内開発にはそういう目的もあるのですか。
勉強になりますm(_ _)m

F-35の件は自分もそうでないかと思っていましたが、AAM-4やAMRAAMにそこまでの事があったとは驚きです。
そういえば技術屋さんが国産戦闘機に関して下みたいな事を呟いています。

「私的まとめ システムとして見たF-35とATD-Xの運用思想の違い」
http://togetter.com/li/739736

上の呟きがネタでないのなら、国産戦闘機は同じく国産開発を目指して研究が行われているSAMやAEWと共に、ジャッジやその後継のシステムの端末として活躍することが期待されてるのかもしれません。
自前の迎撃兵器と末端まで張り巡らされたデータリンクによって構成される防空システムは是非とも実現すべきモノであるように思えますが、数多さんはどう思われるのでしょうか?

あと実証機の事を「心神」と書くと目には留まり易くなりますが、軍オタは「公式な名称ではない!」突っ込みたくなっちゃいますよ……

更新ご苦労さまです。

うっ、、うぅ~ん、、、と呻いたまま考えが止まりました。
論旨に強い説得力がございますが、しかし、これでよいのだろうか?

「国土強靭化」とやらに200兆円使う予定なら戦闘機に1兆円使うのも
いいんじゃね~か、と考えてしまいす。 経済的な波及効果は同じであり、
先端技術の開発と波及では「土木作業」より効果的と思えるのですが・・・

孫子の大昔から「兵は詭道なり」と云いますからブラフとして「心神」を使う
のもいいでしょうが、一定以上のレベルでなければ「練習機の独自開発」
の韓国ホルホル軍と同じになりますしねぇ・・・

空自の戦闘機200余機、すべて国産で揃えろとは申しませんが10機ぐらい
は必要に思えてなりません。

>末田さん

横から口を挟んで申し訳ありませんが
国産戦闘機を10機配備しても
補給が面倒になるだけで、メリットがほとんど無いように思います。

メリッサさま レスありがとうございます。

「心神」の実戦配備を考えれば仰るとうりであると思います。

漠然としたものですが輸出を考えています。
特亜を除いたアジア諸国は親日ですし、また、シーレーンを守るためにも
親日国と手を携えなければなりません。

インドは、「兵器の1/3以上を一国から買わない」と明言していますから「心神」
がF15以上のポテンシャルであれば、欲しいと言い出すのではないでしょうか。

日本での性能検証とアジアでのセールス見本機として考えれば10k機ぐらい
必要ではと考えた次第です。

失礼しました。

>末田さん

>漠然としたものですが輸出を考えています

それより、ATD-Xで得られた技術を片手に
国際共同開発に参加した方が良いのでは?

メリッサさま ( 2014年12月 4日 (木) 12時21分 )

米国のわがままを抑えられそうなら、ご意見に賛成いたします。
開発費用の多くを負担させられ、日本の技術を貢がせられる懸念がありますから。

>末田さん

>開発費用の多くを負担させられ、日本の技術を貢がせられる懸念がありますから

それでも、国産戦闘機に拘って
新型戦闘機を配備出来ないよりかは、マシなのでは?

純粋に性能面で見れば国産機より米機のほうが上なのは自明ですしね
夢がない話ではありますが

しやもし 様
バーゲニングチップ(交渉のための材料)としての研究開発もありますし、それをしておけば、国内企業が技術的サポートをし易いというのもあります。

名無し 様
AAM-4のwikiページには、以前はもう少しあからさまな表現だったと記憶しています。
誰かが書き換えたかもしれません。

リンクは、ちらっと見ましたが、技術実証機で運用思想を語る時点で少々問題があると思います。

データリンクで防空兵器を有効活用するのは、その発想の元を辿ればBOBにも到達する物で、非常に有効な反面、課題も多い代物です。
システム化すると、そのシステムが機能しない状況になった場合、全体として大きく戦力低下するようなら、非常に危険です。
なので、バランスをとって考えるべきでしょうね。

名前は、誤解無く通じれば、どうでもいいと思ってます。

末田 様
メリッサ 様
たとえ1兆円注ぎ込んだとしても、使い物になるのか分からないですし、売れる可能性は、ほとんどないでしょうから正直難しいと思います。

US-1のようなニッチ商品はいいですが、C-2なんて、結局ほとんどそんな話が出てこない状態ですから……

数多さん、返答レスありがとうございます。

そういえば確かにシステムがダウンした時がヤバいですね。なるほどつまりはシステム化一辺倒ではいけないということなんですか。
その点、超高価かつ高性能なF-35を毛嫌いし(ているとされ)、一方でCECやNIFC-CAの名の下で艦艇どころか艦上戦闘機に至るまで徹底的にリンクさせて戦おうとする米海軍は、元々システム無しでは全く戦えない脆弱な水上艦艇を持つ以上その辺は割りきっているのかもとも考えました。

教えていただきありがとうございました。

上から2個目の名無し 様
一般的には、システム化すると被害発生時の全般的な戦力低下が大きくなります。

そのことを認識しつつも、米海軍が高度のシステム化を推進するのは、戦うつもりの戦争が違うからです。

日本は、専守防衛戦略を採るため、ある程度の被害は免れません。

それに対して、米軍、特に海軍は、アメリカの領域外において、基本的に”攻勢”作戦を行います。
当然、有利な局面が作為できる時のみに戦闘を行い、局地的に不利であれば、戦力の集中ができるようになるまで、艦艇群を後退させるなどして積極的に戦闘しません。
つまり、システム化による脆弱性が顕在化しない戦い方ができ、システム化による恩恵だけを享受できます。

なので、米海軍はシステム化に積極的です。

日本の場合、同じ戦い方はできませんので、その辺を留意する必要があります。

数多さま

なるほどです。ご教授ありがとうございます。

それと名無しで書き込んでしまい申し訳ありません。
タンカーに関する記事も楽しみにしております。

上から2個目の名無し 様
概ね、書いてあるのですが、もう少しお待ち下さい。

逆に考えれば、 F2もバーゲニングチップだった可能性もありますね。
1から作るよりは何かを改造した方が安パイで戦闘機が出来ますし。
悔しがりながらも、実は、関係者はほくそ笑みをしてた可能性もありますね。

Suica割 様
F-2については、開発時の苦労が相当聞えてきてましたので、ちょっと様相が違っていたと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横やりは懸念ではなく、狙い_心神開発の真意:

« 創作通信_その3(てつのくじら館取材) | トップページ | 制空権問題は航空機の数だけではない »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS