ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« イスラム原理主義と民主主義が、尖閣危機を招く | トップページ | コンテンツと広告の両面でネットに押される既存マスメディア »

2014年10月 9日 (木)

創作通信_その2

創作通信の第2回です。

前回、プロットを書き上げたと報告しましたが、そのプロットを出版社の編集さんに見て頂き、練り上げの作業をしておりました。

他の作家さんのプロットを見たことはないのですが、人によってかなり差異があるらしいです。
私のプロットは、「長いですね~」でした。

私の場合、細かい設定について、技術的なモノも、政治的なモノも、かなり煮詰めて検討するので、それらを書き込んだプロットは、どうしても長くなってしまうのです。

なので、あらすじのように短縮したプロットを見てもらいました。
で、編集さんの意見をもらったところ、やはり問題点が……

そして、対策として、なんと主人公を脇役と交代させるという荒技に出ることにしました。
ガンダムで言えば、主役がアムロから、シャアとまでは行かずとも、セイラさんに変わった位の変化です。

主役の交代というのは、他の作家さんではあまりやらない方法だと思いますが、これは編集さんから言われたのではなく、自分から提案した解決策です。
なので、後で編集さんから、創作方法が変わってますねと言われました。

そうかもしれません。

私の場合、本格派の推理小説に近いかも。
例えば、密室殺人の本格推理では、登場人物よりも、まず第一に舞台装置である密室が必要です。
その密室を作り込んだ上で、それを引き立たせるため主役を含めた登場人物が配役されます。

私の場合は、その密室が、戦闘、あるいは戦争なだけの違いです。
描きたいのも、登場人物の葛藤、喜び、悲哀ではなく、戦闘における戦術だったりするので、極端な話、その戦術に携われるのであれば、主人公が誰でも構わない訳です。

ただし、表向きには、葛藤、喜び、悲哀を混ぜ込んだドラマを描きます。
何せ、そうでなければ、戦術なんかに興味の無い人には読んでもらえないので。

そういう訳で、プロットは、出版社さんのOKが出たので、本格的な執筆に入りました。
なるべく早く、お届けできるように頑張ります。

« イスラム原理主義と民主主義が、尖閣危機を招く | トップページ | コンテンツと広告の両面でネットに押される既存マスメディア »

創作通信」カテゴリの記事

コメント

次回作期待してます!

次回作あるんですね。
いつごろですか?楽しみです。

セイラさん・・・
杉井幸子?

次回作のプロットを変更されて、主人公がアムロからセイラさんにかわった感じですか。期待しております。セイラさんは通信士だったと思うので、スタートレックでいえば主役がカーク船長・ミスタースポックのコンビからウフーラ通信士にかわった感じですね。ところでわたしは、テレビでガンダム観てた頃から30何年経っても、いまだになんかセイラさんは呼び捨てにできないです。ラムちゃんを絶対呼び捨てにできないのともちょっと違いますが(古いヲタな話でごめんなさい)。

コメント頂いた皆様

ご期待頂き、ありがとうございます。
時期は、来年の夏くらいには、と思っていますが、まだまだ目処はたっていません。
頑張ります。

前作から引き続き登場する人物もおりますが、多くは新たなキャラクターです。
お楽しみに。

友引高校校長 様
セイラさんの呼び捨ては、私もできません。
創作者の端くれとして、そこまでキャラ造型できているということは、スゴイな~と思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/60451423

この記事へのトラックバック一覧です: 創作通信_その2:

« イスラム原理主義と民主主義が、尖閣危機を招く | トップページ | コンテンツと広告の両面でネットに押される既存マスメディア »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS