ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 海自いじめ自殺を利用した警察の防衛省攻撃 | トップページ | 江渡防衛相の安保相兼任に疑問 »

2014年9月13日 (土)

朝日新聞木村社長会見に見る、今後の慰安婦報道姿勢-報道と言うより推理小説-

朝日新聞の木村社長会見の注目度は、内外とも非常に高いものがあります。

それは、日本では最高のクオリティペーパーと呼ばれる朝日新聞の取材・報道姿勢に、体質的で根源的な問題がある可能性を自ら認めた会見であり、内外への影響が非常に大きいからでしょう。

このため、木村社長は、組織体制を含めて大きな改革を行うと言っています。
しかし、2時間近くにも及んだ会見の報道を見ていると、その中には、この改革を、かなり怪しいモノにしそうな病根の一端が見て取れます。

気になったのは、先日の記事「朝日新聞は、絶対に慰安婦問題を反省できない!」でも書いた、従軍慰安婦についての言及でした。

私も、作家の端くれとして、文章の善し悪しや、そこで使われるレトリックなどは気になります。

朝日の記事を見ていると、その主張には納得いかないものの、文章としては、流石だなと思わせられることが多々あることも事実で、記者に要求する文章能力については、朝日が最も厳しいと言われるのも納得できる話です。

しかし、だからこそ、会見で述べられた慰安婦報道の方向性については、そこにゾッとするモノを感じざるを得ないのです。

【朝日新聞会見詳報(6)】慰安婦報道、それでも「広い意味での強制性あった」再度主張」(産経新聞140911)

 記者「8月の特集記事では吉田証言を取り消したが、多くの朝鮮人女性が無理やり連れて行かれたことは否定していない。今も見解は変わらないのか」

 杉浦取締役「強制連行は、そういった事実はないと認めた。しかし、いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる。広い意味での強制性はあったと考えている」


この質疑は、質問からして朝日の姿勢に近いメディアの方が質問したのではないかと思われる聞き方ですが、杉浦取締役の回答は、「流石に朝日の取締役だ」と思わせられるものでした。

ナゼ流石なのかと言えば、この言葉には、吉田証言に見られるような捏造や誤りはなく、”正しい”言葉だから、そして同時に、非常に作為的でミスリードを誘う言葉、言い換えれば、わざと誤解させるための言葉だからです。

ここでは、プロパガンダ的手法が使われています。
具体的には、主語の省略、と言っても国語的な主語ではなく、文脈の中での主語の事で、主体(客体の反対語としての主体)の省略です。

文章の基本である5W1Hは、小学校で習う事だと思いますが、意図的にWhoを抜いているようです。

杉浦取締役の言葉を”正確に”主体を補ってみます。
(日本の軍人による)強制連行は、そういった事実はないと認めた。しかし、いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる。広い意味での(女衒:人身売買の仲介業者による)強制性はあったと考えている」
まだ、不服な人もいるでしょうが、基本的にはそのとおりでしょう。

しかし、朝日新聞の読者層、及びリベラルな方々は、今まで朝日から得てきた情報を踏まえて、この主体を少々取り違えて読むと思われます。
(軍の組織的な命令による)強制連行は、そういった事実はないと認めた。しかし、いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる。広い意味での(軍人による)強制性はあったと考えている」

この省略による作為的なミスリードは、本来、報道では使われてはならない手法なはずですが、推理小説ですと、よく使われます。

例えば、犯人あるいは犯人を知る人物のセリフを、伏線として仕込む時なんかに使用します。
最初に読んだ時には、読者が脳内で勝手に補って理解するため、主人公に好意的な発言だったのに、最後のどんでん返しの後で読むと、脳内補完が間違っていた事に気付き、とんでもない悪意のこもった発言だった……なんて場合です。

そこまで作為的でなくとも、読者をミスリードさせ、犯人を分からなくするようにするのは、ある意味、基本中の基本です。

これでは、報道ではなく推理小説です。
残念ながら、朝日による今後の慰安婦報道は、こう言う方向になるようです。

なお、杉浦取締役の言葉は、いわゆるレッテル貼りの手法も使っています。
「いわゆる慰安婦、自らの意思に反して軍に性的なものを強いられる」と言っていますが、実際には、慰安婦の中には、金銭を目的として自発的に慰安婦になった方も多かったようです。
杉浦取締役の言葉は、そう言う方々も、意に反して慰安婦にさせられた人だという認識を持たせようとする言葉です。

根は深そうです。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 海自いじめ自殺を利用した警察の防衛省攻撃 | トップページ | 江渡防衛相の安保相兼任に疑問 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

誤報と記事の取り消しはそれとして、

「誤報記事以外で軍の強制性を示すものがある」

「世界は、強制連行があったかどうかを問うているわけではない。もしあなたの娘が慰安婦という形で戦場に送られたらどう思うかが問われている」

「それが世界の趨勢で、慰安婦問題はホロコーストと同様の人道問題で問われている。日本はそれを知っているのか」

みたいなところに落とすんじゃないですかね。

まあ、まずは英文で慰安婦報道誤り訂正のステートメントを出させるよう、合法的な言論、批判、訴訟で叩きに叩きまくることですかね。
出さなかったら、潰れるまで叩く。
ほっといてもこれは国民的合意になるでしょうけど。

更新ご苦労さまです。
元・現自衛官にとって売国新聞・朝日への憤りは一方ならぬものがあると思います。
それにしては数多様の筆致が穏やかであることに感心しています。
また、慰安婦ばあさんの強制性をとやかく言うなら、徴兵されて戦闘の最前線に立たされた
兵士の強制性はどうなのだ? 追軍売春婦がなにをぬかすか!と声を上げる元兵士を
見かけないのも不思議に思えます。
なにはともあれ、特亜御用新聞・アカヒが叩かれるのは、まっことにめでたいことです。

おばんでやす

初めは国家として「強制連行」とやらを指令したのかが論点だった筈。それがいつの間にか「広義での強制があった」に、揚げ句「女性としての尊厳が~」にすり替え。予想通りですなぁ…
末田兄にちょい補足。慰安婦の月収は、何と兵卒の十倍だとか!Σ( ̄□ ̄;)休みは兵隊さんと一緒にお出掛けしたとか。こんなんで、どの辺が「性奴隷」だって(#`皿´)
朝日の自浄作用とやらには期待出来んわね。不名誉にも小泉チルドレンのレッテル(何と杉村泰蔵と同期!)が貼られてますが、稲田朋美に期待です。後、professor百地の訴訟に期待ですね。

おばんでやす

しやもし兄、国家として指令した「強制連行」とやらが崩れた今、それが次に朝日が特亜や国内左派と組んで展開するであろう「情報戦」です。負ける訳にはいきません! 安倍内閣も河野談話を破棄して、正しい情報を世界に発信して、失われた名誉を回復しないといけません。決して平坦な道程ではないけど、挫けたら朝日や特亜の思う壷。如何に、朝日の報道被害が甚大であるかが解ります。

強制連行があったとか、そうでなかったかは70年以上経った今では堂々巡りでしかない。日本政府が一貫して主張してる日韓基本条約で、解決済みの範囲内だということを韓国自身が一方的に無視しているからに他ならない。朝日の記事が火種になっていることは疑いの余地がないのに、そこら辺の所が朝日の会見から伝わって来ないので苛立たしい気分になった人も多くいたと思う。問題の争点 を広げることに終始した印象が否めない会見であった。

日本憎しの新聞など日本国民には必要ないことぐらい一流新聞ならわかるはずだから、さっさと廃刊にせい!

土方姉

左翼つーか、いわゆる一つの、
「戦後レジューム(戦後民主主義)」
「反日某国論」
との戦いですかな。

おばんでやす

しやもし兄、返レスありがとうございます。土方姉とありますが、私は「男」です!
国内の反日派と、反日派が放火した侮日の火消しと、二正面作戦を強いられますけど…ノテウが言ったように、朝日の放火が全ての元凶です。潰した位じゃ毀損された名誉の回復は叶いません。先述したように、挫けずに地道にやり通す根気が必要です。

名無し兄、仰る通り日韓基本条約に於いて完全決着しています。共産党の小池晃がしきりに「条約締結時には慰安婦問題は爼上に無かった」と惚けた事を抜かしてますが、賢兄が仰いたい事はこれだと思いますが…ヤクザ映画風に言えば、条約は手打ちです。手打ちが済んだら、双方その事で後からグタグタ言わないのがしきたりです。条約も一緒の事です。朝日が唆したとは言え、特亜は我が国のヤクザ以下…いやいや、特亜と比較する事すら我が国のヤクザに失礼カモ…そんな質の悪い隣国に囲まれた我が国は甚だ疲れます(ToT)

まさに数多久遠様のいう通りです。
数多様の主語を埋めた文章なら全く否定はしません。
朝日の原文がどうも良くわからなかったので、悩んでましたが、誰がやったのかわからなければ理解が出来ないのは確かと自分の国語能力に安心出来ました。
朝日は、反省してないのは分かってましたが、こんな汚い事をしてたとはと怒りが湧きます。

土方さま こんにちは

追軍朝鮮ババァの問題は本来、日韓条約でケリがついているのですから、「解決済み、不満なら
国際法廷にどーぞ」でなければなりません。 それがここまで拗れるのは売国奴と米の情報操作の
「米売合作」を疑わざるをえません。

話が変わり、渡邉哲也氏の著書「ヤバイ中国・徳間書店」からのコピペです。
「米は仏最大の銀行、BNPパリバがイラン等の経済制裁国と違法な取引をしたとの理由で、
約九千億円の罰金と一年間の$決済停止を命じた。 BNPは仏・軍産複合体とも関わりが深く
露中への兵器輸出や軍事技術供与にも深く関わるとされる。 (2014年06月)」

米仏は経済分野という表の世界でも“紛争”をしているようですから兵器の世界では一般人の
窺い知れぬ暗闘があるのかも? と考えさせられました。
以前、ブログ主様が「仏製揚陸艦など、もってのほか」との頑なな見解であったのは
「日本が仏兵器なんか使えば、米製兵器の全てのGPS機能をマヒさせられる」・・
のような常識が幕僚内にあるのかもしれませんね。
一度、戦に負けると戦闘機から慰安婦ババアまで多岐にわたり難儀させられます。 (涙・・)
失礼しました。

しやもし 様
朝日とすれば、仰るような方向にしたいのだろうと思います。
ですが、その方向に行けるか否か、今は探っている状態ではないでしょうか。

X 様
一応、多言語対応はするみたいですが・・・
「強制ではなかったが、彼女たちはかわいそうだ→だから日本政府は、謝罪すべきだ」では、問題の解決には結びつかないでしょううね。

末田 様
慰安婦とは、全く別の話になりますが、本来は、徴兵で、死を強制される事については、慰安婦以上に、人権問題なはずなんですよね。
もっとも、それを正面から論じては、マイナスイメージにしかならないので、「私は貝になりたい」みたいなので、イメージ戦略するしかないわけですが。

名無し① 様
朝日は、そこに存在意義を見いだしている存在ですから……

名無し② 様
残念ながら、その朝日新聞を買っている日本人が多数いるのが現状です。

Suica割 様
この手のレトリックは、それこそどこにもあります。
(私も使う時があるので、批判ばかりできないですが……)
なので、それを見極める目を、国民全体が持つことが必要だと思っています。
大変ですが。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/60306654

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞木村社長会見に見る、今後の慰安婦報道姿勢-報道と言うより推理小説-:

« 海自いじめ自殺を利用した警察の防衛省攻撃 | トップページ | 江渡防衛相の安保相兼任に疑問 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS