ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« オスプレイ配備は、ナゼ佐賀空港なのか? | トップページ | SA-11(Buk)とSu-25の性能から考えるマレーシア機撃墜の犯人 »

2014年7月26日 (土)

創作通信_その1

3月に『黎明の笛』を刊行させて頂き、早4ヶ月。


脱稿(原稿を書き上げること)したのが確か1月だったので、既に半年が経過した訳ですが、この間遊んでいた訳ではありません。
ちゃんと次作に向けての創作活動をしていたのですが、なにせ遅筆なので、やっと少し目処が立ったという状態です。

普通、小説の執筆では、プロットと呼ばれる設計図を最初に作ります。
で、それに沿って書いて行くのですが、私の場合、このプロット作りが難関です。

実を言うと、1月の脱稿にしても、その前にKDP版を書いてあったので、行った作業は加筆修正しただけでした。
ですから、次作の制作に取りかかったのは、実を言うとものすごく前なのです。
ファイルを確認すると、最も古いタイムスタンプは、ナント去年の7月でした……

原案のメモレベルのモノに至っては、2012年の10月なので、既に1年9ヶ月も経っています。よく”構想から3年”なんて言う煽り文句を目にしますが、書き上がるのはマジ3年になりかねない感じです。

話を戻して、去年の7月以降の次作に向けた創作活動ですが、一応のプロットを3ヶ月程でまとめ、10月からは本文の執筆に入っていたのです……
が、どうにも宜しくない……

作者本人が、「面白くないかも知れない……」と思う代物では、読者は尚のこと面白くないと思うに決まっている。
という訳で、既に書いた本文を廃棄し、プロットの段階から作り直していたのです。

ブロットの練り直しにあたって、一番苦労したのが、キャラ造型です。
主要登場人物のキャラも大幅に変更しました。
結果、ストーリー自体も大幅に変えました。

作家によって、スタイルが違うみたいですが、私の場合は、キャラとストーリーは不可分の関係なので、キャラを変えるとストーリーも変えざるを得ないのです。

現時点の進行度合いは、キャラ造型が決まり、プロットも大筋が固まったという所です。なので、これからプロットの細部を煮詰めれば、本文の執筆に入れそうな所まで来ました。
プロットの細部煮詰めや本文の執筆中にも、物語に肉付けをするための取材や調査が必要なので、書き上がるのはまだまだ先になりそうですが、書けるかどうかも分からない状態は脱しました。

そんな訳で、今回創作通信を書かせてもらいました。
今後は、随時執筆状況のアナウンスなどさせてもらおうと思っています。

で、「どんなのを書いているんだ?」という所が疑問だと思います。
ちょっとだけ紹介させて頂くと、『黎明の笛』では航空自衛隊がメインで、対韓国の事案だったので、次回作は、海上自衛隊メインで、対中国の事案を書く予定です。(自ずとその先は陸自メインにしたいな~と思ってますが、鬼に笑われそうなので、こちらはまだ未定とさせて下さい)

次回作は、今年度中には、何とか原稿を脱稿させ、来年の夏前にはお届けできるようにしたいと思っています。

ちなみに、今のPCの壁紙は、こんなのを貼ってます。
Photo

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« オスプレイ配備は、ナゼ佐賀空港なのか? | トップページ | SA-11(Buk)とSu-25の性能から考えるマレーシア機撃墜の犯人 »

創作通信」カテゴリの記事

コメント

黎明の笛は面白かったので次作も楽しみです。
読める日を待ってます。

先生の次回作に期待してます!

ぽち 様
しやもし 様

大分お待たせさせてしまいそうですが……
頑張ります。

宜しくお願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/60046898

この記事へのトラックバック一覧です: 創作通信_その1:

« オスプレイ配備は、ナゼ佐賀空港なのか? | トップページ | SA-11(Buk)とSu-25の性能から考えるマレーシア機撃墜の犯人 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS