ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 陸自は組織防衛ではなく、日本の防衛を | トップページ | 機動戦闘車の評価 »

2013年10月31日 (木)

注目の離島奪還演習が実施

沖縄で、注目すべき離島奪還演習が行われます。
陸海空3自衛隊、沖大東島で離島奪還訓練へ」(琉球新報13年10月24日)

防衛省統合幕僚監部は23日、陸海空3自衛隊の隊員約3万4千人が参加する実動演習を11月1~18日の日程で、沖縄や九州を中心に実施すると発表した。上陸作戦や輸送の訓練を実施するとしており、事実上の離島奪還訓練となる。主な訓練場には那覇の南東約408キロの太平洋上にある無人島で、米海軍の射爆撃場となっている沖大東島(北大東村)を使用。


琉球新報では、「訓練」とされていますが、統幕公式発表では「演習」です。
平成25年度自衛隊統合演習(実働演習)について
この違いは、実は非常に重要です。
参考過去記事:「訓練と演習の違い
端的に言えば、演習の目的は能力向上ではなく、作戦計画の検証にあるということです。

この演習で注目なのは、演習場となる沖大東島の、尖閣諸島との地理的な類似性です。
引用記事にもあるとおり、沖大東島は、那覇から408キロの位置にあります。
一方、尖閣諸島魚釣島は、那覇から約410キロです。
これは、決して偶然の一致ではないでしょう。

沖大東島射爆撃場では、離島防衛を主な任務にする陸自西部方面普通科連隊が上陸作戦を模して、海上自衛隊輸送艦に乗り込み、さらに水陸両用のホバークラフト型揚陸艇「LCAC」(エルキャック)で島に近づき、空自戦闘機が実弾射撃したりする予定。
 ただ島の周辺にはサンゴ礁があるため、実際の上陸はしないとしている。


演習の目的は、尖閣諸島を模擬した沖大東島に離島奪還を意図した部隊を機動させ、陸海空統合運用の中で、運用能力の向上を図りつつ、尖閣奪還作戦における作戦計画の検証を行うことでしょう。

この演習で注目なのは、想定が極めて現実環境に近く、絵に描いた餅上での演習ではないため、今回の演習に参加する部隊は、恐らくそのまま尖閣奪還作戦に投入を予定している部隊であろうとの推測ができることです。

特に、海自輸送艦等に乗り込む陸自部隊の編成は注目です。
恐らく、中国軍の情報部も注目しているでしょう。

これが、どこまで公開されるか分かりませんが、自衛隊の尖閣奪還作戦の様相を占うため、今回の訓練ほど適切な訓練はないと思います。
続報が楽しみです。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 陸自は組織防衛ではなく、日本の防衛を | トップページ | 機動戦闘車の評価 »

先島防衛」カテゴリの記事

コメント

地対艦ミサイルの那覇・宮古・石垣への機動展開については如何お考えですか?

※石垣は市長の反対で実施せず

尖閣にしろどこにしろ、無人島に陸兵をあげる奪還作戦はないでしょう。
一定の陸兵をあげて、それを一定期間維持できるという状況とは、周辺の制空(航空優勢)や制海ができているということですね。
ならば、航空攻撃で敵を殲滅し(無人島故、味方の損害は皆無なので爆撃し放題)、残存兵は餓死させればいいだけの話。

陸兵をあげる離島奪還作戦とは、自国の一般住民がいる島に対してのみ行われる可能性のあるものでしょう。

>myu5
フォークランドぇ・・・・・・

フォークランド諸島は無人島じゃないですよ。
英国人住民が数千人います。(1982年当時もいました)
面積は日本の長野県や新潟県に匹敵するし。


野底マーペー 様
SSMの展開に対してですが、反対する意図が理解できません。
島民保護を考えたら反対する要素があるとは思えません。

石垣市長は、ナゼ反対したのでしょう。

myu5 様
あなたはそうお考えかもしれませんが、防衛省・自衛隊はそのように考えてないと思いますよ。

石垣市の市長が反対した理由等については、下記の記事をご参照ください。
http://www.yaeyama-nippo.com/2013/10/24/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB%E5%8F%97%E3%81%91%E5%85%A5%E3%82%8C%E9%9B%A3%E8%89%B2-%E4%B8%AD%E5%B1%B1%E5%B8%82%E9%95%B7-%E9%81%95%E5%92%8C%E6%84%9F%E3%81%82%E3%82%8B-%E8%87%AA%E8%A1%9B%E9%9A%8A-11%E6%9C%88%E3%81%AB%E8%A8%93%E7%B7%B4/
http://www.yaeyama-nippo.com/2013/10/25/%E9%98%B2%E8%A1%9B%E7%9C%81%E3%81%8C11%E6%9C%88%E3%81%AB%E4%B9%9D%E5%B7%9E-%E6%B2%96%E7%B8%84%E3%81%A7/
http://www.yaeyama-nippo.com/2013/10/29/%E3%83%9F%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%AB-%E7%9F%B3%E5%9E%A3%E3%81%AB%E3%81%9D%E3%81%90%E3%82%8F%E3%81%9A-%E5%B8%82%E9%95%B7-%E6%94%B9%E3%82%81%E3%81%A6%E9%85%8D%E5%82%99%E6%8B%92%E5%90%A6-%E9%98%B2%E8%A1%9B%E7%9C%81-%E3%81%8D%E3%82%87%E3%81%86%E5%B8%82%E3%81%AB%E8%AA%AC%E6%98%8E/


SSMを展開する今回の演習について、何かご意見等ございますか?

失礼しました。
2013年11月 3日 (日) 00時30分の投稿は私です。

野底マーペー 様
ご紹介頂いたリンクですが、八重山日報のHPだというのは分かりますが、リンクが切れており、どの記事なのか分かりません。
記事タイトルだけでも分かれば検索できますので、教えて頂ければ助かります。

SSMの展開ですが、やっておかないと、いざという時に、細々とした支障が多く発生します。
石垣を守るという意味でも、展開する意義は高いと思います。

・ミサイル受け入れ難色 中山市長「違和感ある」 自衛隊、11月に訓練 【10月24日八重山日報】

・防衛省が11月に九州、沖縄で… 【10月25日八重山日報】

・ミサイル「石垣にそぐわず」 市長、改めて配備拒否 防衛省、きょう市に説明 【10月29日八重山日報】

野底マーペー 様
八重山日報の記事、無料版だけですが、拝見しました。

しかし、これでも中山市長の意図は、今ひとつ掴めないです。
記事内容から推測するに、市長の懸念は、次のような考えではないかと思います。
  ・石垣にSSMを置くことで、尖閣周辺に展開する中国艦隊に攻撃することができるため、石垣が尖閣での戦闘の直接の攻撃起点になる。
  ・尖閣での戦闘を有利に進めるために、中国軍が、石垣(のSSM)を攻撃する。

以上のような懸念であるとするなら、それは考え違いです。
石垣に、88式、12式地対艦誘導弾を展開しても、尖閣周辺の中国艦隊に攻撃することは、実態的には難しいからです。

両ミサイルの射程は、百数十キロと言われており、石垣から尖閣周辺には、辛うじて到達するという距離です。
この場合、もしSSMを撃っても、ミサイルは到達しますが、まず当たりません。
というのも、中国も中華イージスと呼ばれる蘭州級、瀋陽級駆逐艦等、防空能力の高い艦船を配備しており、これらの防御力を突破するためには、ミサイルを連続発射し、前に発射したミサイルは迂回させることで時間調整した上で、後で発射したミサイルと同時に着弾するよう仕向け、同時飽和攻撃を行う必要があるためです。

このためには、SSMは最初の16発を発射した後、急いで再装填して次の16発を撃つことになります。
32発のミサイルで攻撃して、命中弾がでるかどうかは少々疑問です。必中を期すなら、48発、あるいは64発同時着弾を狙った方がよいと思います。
必然的に、前に撃ったミサイルは時間調整するため、実質射程は短くなります。

尖閣周辺の中国艦隊攻撃には、艦船からの艦隊艦ミサイルと共同するのでなければ、実態的には難しく、むしろSSM展開の目的は、中国軍が石垣空港など自衛隊の策源地となりうる施設を攻撃することを防止するためにあります。
那覇に展開するSSMの目的などは100%、沖縄の防御です。

中山士長は、軍事を細かくは知らないので、考え違いされているのだろうと思います。
もっとも、私はSSMの射程が更に伸び、尖閣周辺の中国艦隊に攻撃できるようになったとしても、石垣にも配備すべきだと思いますが。

>myu5

ん? フォークランドはアルゼンチン軍に占拠された後、
英国人は全員退去させられた、つまりmyu5さんの言う『無人島』と、
同じ条件になったと思ってたが、違うのかな?

名無しXさん、
違いますね。
リアルタイムで見てないでしょ。
当時、上陸した英軍を歓迎する住民の映像がニュースで流れていましたよ。

紛争顕在化前に、アルゼンチン人とアルゼンチン兵が少数上陸して、英軍に排除されたことを誤って記憶しているのでしょう。


数多久遠 さん、
防衛省としては実際は、有人の先島諸島への敵方上陸と奪還を想定しているのでしょう。
「尖閣奪還」は素人受けはいいでしょうし、予算獲得などにも色々と好都合なので、世間でそう受け取る人が居ても「違う」などわざわざ言う必要はないでしょうね。

しかし、軍事や防衛を扱うブログ等としては、軍事的にあまり現実性のないことを書かれるのは如何なものかと思いましたので。

@久遠氏
沖縄系の市長ですから、軍事知識の細部まで知ると思えにくい、ただ軍事的の立場で物事を論すると限らない。ただ「攻撃兵器反対」に過ぎないかも知れません。

とは言うものの、軍事的の視点から見でも、久遠氏の見積りは対艦攻撃側の立場からの物だと想います。確かに、現代の防空システムの理論的能力から考えると、確実に損害を与える為、打撃の量は数十発クラスじゃなきゃ保障できない。

だが、対空保障を与えようとする側から見れば、十六発でも命中する見積りが有るので、十分に脅威です。もっとも、歴史上、*実戦*でカタログスペック近いの命中率を発揮できた対空ミサイルは恐らくAMRAAMやAIM-9M位じゃない?しかも、それは技術レベルの差が高いの場合のみです。互角な勝負でこれを期待すると痛い目に合う可能性が高い。

米軍のイージス艦も、時に対ミサイル防御の実弾訓練をやってます。このイベントを備える為に、シミュレーションや事前準備は何百回もやります。そして、安全を考慮する為、テストは創意なんかありません。発射される弾数も精々2発、妨害支援等も受けていないらしい。

この挙句、当たらない艦が出ます。あれは、訓練、しかも現実性が低いのドリルです。

実戦のサンプルから見ると、旧式なシルクワームでも、連合軍の艦隊を浸透した経験が有ります。有るSea Dartを迎撃成功した時、ミサイルは既に離脱しています。更に、ベトナムなどでのソ連SAMの理論命中率と実際命中率を語ろうとすればキリがない。

実戦で当たる事は案外難しいらしい。

これを見ると、対空保障の担当官として、防御だけで安心しますが?私なら、安心しないでしょう。もしあれで攻撃しないなら、抑止力の勝利に成るが、やはり揚陸を試みるの場合、対空保障を果たす為どうしますが?言うまでも無く、防御で駄目なら、保障する為攻撃するのみです。

>2013年11月 5日 (火) 11時45分
いや、流れていましたよって確認も出来ない事を言われても、
リアクションの取りようが無いんすけど・・・

名無しXさん、
自分で調べる気はないんですかね?
今はyoutubeというものがあって、調べれば当時のニュース映像やBBC製作の特番なども見られますよ。その中には紛争中に島民にインタビューしている映像もあります。

テキストベースでも例えば、

http://www.childrenswebmagazine.com/Falklands%20War.htm

↑まず、100人の島民のいるグースグリーンに上陸したと書いてあるでしょう。
紛争中に島民3名も死んでいる。

アルゼンチンの主力は、ポートスタンレーという人口の多い街周辺にいたので、英軍は自国の島民に犠牲を出さないために、そこから遠く離れた寒村に上陸して、遠路移動して最終的にポートスタンレーを奪還し、ア軍を降伏させました。

名無し(myu5?) 様
防衛省が、どう想定しているかについて、私は知っていても事実はどうだったと書くことは守秘義務違反となるため、ここでは、防衛及び警備計画の記述についてはノーコメントとさせて頂きます。

現実的かどうかは、それぞれでご判断下さい。

香港からの客人 様
中山市長は、沖縄では数少ない保守系(自民という意味ではない)の市長です。
ただ、軍事知識は十分ではないでしょうね。
単に、攻撃兵器反対の非武装中立が平和をもたらす的な発想だったかもしれません。

それ以後のお話は、正直、趣旨が分かりませんでした。
ミサイルは、巷で思われているほど簡単に、撃てば当たる代物ではありませんが、それではなおさら飽和攻撃の必要性が高くなります。

>尖閣にしろどこにしろ、無人島に陸兵をあげる奪還作戦はないでしょう。
>一定の陸兵をあげて、それを一定期間維持できるという状況とは、周辺の制空(航空優勢)や制海ができているということですね。

九州や海南島ならいざ知らず、尖閣みたいなどちらの本土からも一定の距離がある地域で、
どちらか一方が制空/制海権を握るなんて事は、現代戦ではまず起こり得ない。

私が言いたいのは揚陸側と対艦攻撃側の視点の差です。

久遠氏の言い分は「市長は対艦ミサイルが有ると中国艦艇に脅威と成、中国軍はそれを無力化する為石垣を攻撃すると言ってるでしょうが、これは間違い。石垣と尖閣諸島の距離を考慮すると、石垣で対艦ミサイルが有っても同時攻撃出来るのミサイルは16発に過ぎません。16発は中国海軍の防空網を突破出来る確率は低い。よって、中国軍は石垣を攻撃する必要がありません。」と理解しています。

先ず、16発を発射する場合少なくとも一発が命中まで到れるの確率を5%にしましょう。対艦攻撃側にとってあれは全く満足出来ないの数字です。だが、揚陸艦を守るべくの側にとってあの5%(いや、1%でも)は既に十分な脅威です。こんな作戦の為に艦を大破乃至轟沈なんか許されないのです。だから、排除するでしょう。

さらに、揚陸艦を守るべくの側の脅威判定は対艦攻撃側と違います。そもそも、対艦ミサイルと防空ミサイルの実戦経験なんかは全世界掻き集めでも殆どありません。有るのは理論と推測です。

対艦攻撃側は必ず防空システムをカタログスペックまでじゃなくでも上手く行くと想定する。守る側は上手く行かないと想定する(この視点は歴史から支持を得られる)。この視点の差によって、攻撃側の見積りは5%でも、防御側から見れば50%以上に成るかも知れません。勿論、見積りが高く程これを防ぐ為の先制攻撃の可能性が大きい。

よって、軍事的な視点からでも、攻撃されるの恐れは十分有ると想います。(だからと言って、石垣に対艦ミサイルを展開する事は戦略的に有利に違わないですし、酷く話を言うと一介の市長で阻止する事ではない。ですが、この攻撃されるの恐れは決して低く評価すべきではないと想います。)

「投稿: | 2013年11月 6日 (水) 18時13分」さんへ

ポイントは、尖閣のような自国民のいない島に敵が上陸してそこを占拠した場合、軍事的なリアクションとしてWAiRのような部隊にお出まし願うような奪還作戦はないでしょうということです。
爆撃・ミサイル攻撃で叩くなり、補給を絶って立ち枯れさせるなりすればいいだけ。
最終的にはこちらの陸兵(あるいは公務員)を駐留させるにしても、その島の敵部隊を殲滅したあとでよいという話です。

初動で陸兵を上げ、それを維持(補給)できる状況ならば、上述の行動は容易な状況なはずであり、逆にそれが覚束ない状況下であれば、陸兵をあげてそれを維持することなど鼻から無理な状況でしょう。

香港からの客人 様
防空火網をミサイルが突破する確率は、発射されるミサイルの数に対して正比例(リニア)ではありません。
防空側の能力が”飽和する”一定値までは、ほぼゼロであり、閾値(スレッショルド)を超えると、急激に突破確率が上がります。

ですので、5%は低いけど無視しえない、というような話にはなりません。
少ない数のミサイル攻撃は、価値ゼロです。

中国側の艦隊の閾値が16発以下であれば、もちろん脅威になりますが、SSM1個中隊(斉射16発)が石垣に分かっているとなれば、斉射16発を閾値内に収められる艦隊編成で出てくるでしょう。
さもなければ、リスクが高すぎます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/58487291

この記事へのトラックバック一覧です: 注目の離島奪還演習が実施:

« 陸自は組織防衛ではなく、日本の防衛を | トップページ | 機動戦闘車の評価 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS