ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 中国紙に載ったインタビュー | トップページ | 戦史を学ぶ意義 »

2013年10月 3日 (木)

H26概算要求-その3_空中機動力の向上と防衛産業の保護

H26概算要求には、「迅速な展開のための輸送力及び機動力の向上」として、好ましい施策がいくつも盛り込まれています。

オスプレイの導入に関しては、今年に引き続き調査費が計上されていますし、中期防改正後のH27予算に取得費を盛り込むとして、導入を前提とした表現が明記されています。

オスプレイの自衛隊への導入に関しては、過去記事でも推奨してきました。
政治的な意義については「オスプレイ配備で一挙三得」で書きましたし、軍事的な意義については「オスプレイは離島防衛に寄与するか?」で書きました。
もう、後は粛々とやって欲しいものです。

オスプレイ以外にも、CH-47やUH-60、それにC-2の取得といった空中機動能力が盛り込まれていますし、先般記事「民間高速輸送艦をPFI方式で有事使用」にした「機動展開における民間輸送力の活用施策に係る検討(統幕) (0.5億円)」も盛り込まれています。

しかし、本来ここに入れられるべきでありながら、入っていない施策があります。
それは
UHXです。

陸自にとってコストパフォーマンスに優れ、必要十分な空中機動能力を確保しながら、国内の防衛産業の保護にも寄与するハズだったUHXは、官製談合疑惑により、完全に葬り去られた格好です。

しかも、相当な費用を要すると思われるオスプレイ導入が規定路線となってしまえば、UHX復活の可能性は相当低いのではないかと思われます。

しかし、UHXを復活させることが難しいのであれば、防衛産業の保護、育成に関しては別の配慮が必要でしょう。

それが何かと問われれば、かなり困難な道ではありますが、目指すべきはオスプレイのライセンス生産です。

過去記事にも書きましたが、ティルトローター技術は、将来金のなる木に化ける可能性のある技術です。
その技術を、文字通り血を流して開発してきたアメリカが、下手をすれば簡単にコピーしてしまいかねない日本に対して、簡単にライセンス生産を許すとは思えません。

ですが、UHXを潰してしまったのが防衛省であることも含め、ここは防衛省に頑張って欲しい部分です。

多くの島嶼を抱える日本にとって、インフラとして巨大な空港を作らなくて済むティルトローター技術は、防衛省だけでなく、国民全体への大きな資産となるはずです。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 中国紙に載ったインタビュー | トップページ | 戦史を学ぶ意義 »

防衛予算」カテゴリの記事

コメント

重武装買う金有るなら、汎用ヘリどうにかした方が良いんじゃ?というのが現状でしょうね…

もっともも数が揃いそうにない国産開発はゴメンこうむりたいところではありますが偵察ヘリの件もあるしベル412とBk117でも採用して堅実な計画を進めて欲しい…またオスプレイてと言っても、アパッチすら買いきれなかったのにどうするの?というところでしょう?

リスクのある民間ヘリには手を出さず、防衛省の予算にたかって生き延びようとするような国内ヘリ産業を養う必要がありますかね?

UH-XはAH-Xにも絡んでくる一大計画だったはずなので、凍結は痛いですね…

TS2は今年度の開発完了が目標なので、UHの開発を後回しにしてAOHを先に開発行うというのは無いでしょうか…?
コブラの後継が13機のアパッチだけとは思えませんし…

陸自迷走 様
アパッチを買い切れなかった事については、機甲の削減と同種の考えに基づくものだろうと思います。
対戦車能力より、輸送力ということなのだろうと思います。

ハイジ 様
その判断は、せざるを得ないところに来ているかもしれないですね。
ただ、その前に1社に集約させるという段階があると思います。
ヘリを名指しにはしていなかったですが、中間報告にも、確かそれらしき記述がありましたから。

2S19 様
わたしは、本格的な対戦車ヘリの調達が止まるような気がしています。
本来AHは、戦車ハンターですから。

ヘリメーカー集約は官は音頭をとるつもりはありませんよ。
実現しても20年ぐらい先では。そのころには体力を消耗しきっているでしょうけど。
今やAHは対戦車が任務ではなく、ISRと火力支援がメイン。それを陸幕もマニアもどれだけ理解しているやら。

ハイジ 様
>今やAHは対戦車が任務ではなく、ISRと火力支援がメイン。

それは、陸幕も理解していると思います。
だからこそ、そのためなら汎用ヘリもある程度の役割はこなせる以上、AHは高すぎるという判断をしているのではないでしょうか。

ベル412とbk-117ってサイズが違いすぎる
海外製ないしUHXでさえなければ何でもいいのか、というくらい適当じゃないかと疑ってしまう

>ハイジ
いつもの民間エライいってりゃ済むほど事態は単純じゃない
リスクを取ればエライというのは問題を単純化しすぎなうえに、ヘリなんか防衛含めて官需が大きい
(あるいは民間と言っても海保とか警察航空隊とか自治体である。ドクターヘリも官の後押しあってのもの)

リスクを取ろうがとるまいが、既存メーカーの市場が有利なのは言うまでもないこと

>それを陸幕もマニアもどれだけ理解しているやら
あなたご時よりはずっと理解してると思いますよ

>リスクを取ろうがとるまいが、既存メーカーの市場が有利なのは言うまでもないこと

はあ、それならベルのライセンスから始めたアグスタがどうしてベルを抜いて世界第2位のメーカーになったの?

官需にたかって、事実上民間市場ゼロなメーカーが国内で3社も喰っている。これを異常に思わないの?思わないんでしょうねえ。
まっ、自衛隊と防衛省は常に正義だと。ご立派な見識ですねえ。

そこまでご立派おぬかしになるならあなたがリスクを取って起業して日本一のヘリメーカーになってみてはいかがでしょうか?
官需にたかることしかできない日本メーカーなんか簡単に抜けるでしょ?

アグスタだろうがどこだろうが国の後押しはある
海外メーカーはみんな公明正大な市場原理に従って清廉潔白
なんて思ってりゃおめでたいのもいいところですけどね。

>官需にたかって、事実上民間市場ゼロなメーカーが国内で3社も喰っている。これを異常に思わないの?

どうせ2社か1社に集約すれば、「寡占市場で競争が働かない」とかなんとかだろ?
こういう「叩きのための叩き」をしたい人間の理屈ってのは「どっちに転んでもたたける」ような展開をするんだよね

民間エライだリスクがうんたらだの紋切り型
そのくせリスクをとればとったで「そんなリスクの高いことをする必要はない」と来るからねこういう人は

〉 ハンドル用

単なる感情論で反論されてもねえ。ならばご自身がブログでもたちあげて論を張ってはどうかと。

国が丸抱えでいまだに海外は勿論、国内市場でもシャアがゼロなんですけどねえ。
現実をみようよ、ボク。

>海外は勿論国内市場でもシャアがゼロなんですけどねえ

そりゃシャアはゼロでしょうねえ(笑)
そしてこういうときだけ何とかの一つ覚えのBK117はノーカンですかね?
都合のいいこと

それ以外にもS-92キャビン開発と生産
バートルのライセンス生産しての輸出
そのアグスタAW609の胴体開発(正確にはヘリではない)

知らないなら知らない癖にここまで大見得切った大馬鹿だし、知ってて言ってるなら余計に酷い大間抜けだね

つける薬がないね。いちいちbk は除くと書くのが面倒くさいから。日本は単一民族というと、いいや在日やアイヌがいると反論する左翼と同じレベル。
あなたの主張ならば三菱や川重やも大型旅客機メーカーになるけどね。ヘリのネジの一本でも作ればヘリメーカーを名乗れることになるねえ。ぼくちゃん。

本質に関係ない揚げ足とり、をバカ呼ばわりするのは勝手だけど、その前にご自分の知性のレベルを疑った方がいいよ。

お前ごときが面倒くさいとかお前ごときの都合なんか知らないしどうでもいいし、お前ごときがどう思おうが事実は動かせない。

航空機、それも民間機の開発、製造なんて多国多社メーカーでやるのが常識なんだがね。

そして開発に携わってる時点で一緒くたにするのは常識的にも業界的にもおかしい。

改造開発やライセンス生産でも国際的にはメーカー扱いする事だってあるのにね。

やはり知らないほどアホなのか、無視して結論を捻じ曲げるほどの卑怯な恥知らずか

本筋そのものなのに都合が悪いから除いてしまうような人間に礼をどうこう言うくらいなら真摯に自分に向き合う事を考えてはいかがだろうか?

いやむしろメーカーの定義同行自体がお前が持ち出した本筋から外れた話だろうに。

ハンドルネームを書きわすれたのかな?
熱くなるなよ、坊や。
ふーん、MHIやFHIがBK117のメーカーなんだ。で両者の防衛省以外のシャアや売り上げってどの程度?
勉強になるねえ。
パナソニックは機内エンターテイメント機器の世界的な大手だが、パナソニックも旅客機メーカーかね。ニコンは10式のペリスコープをつくっているが、そんならニコンも戦車メーカーだ。

>シャアや売り上げ
別に誤字脱字にそこまで目くじら立てて鬼の首とったように騒ぐ気はないけどさ、普通直さない?
維持なって使い続けるのは余計にかっこ悪いと思うのですけども
宗教的理由でもあるの?

>航空機、それも民間機の開発、製造なんて多国多社メーカーでやるのが常識なんだがね。
>そして開発に携わってる時点で一緒くたにするのは常識的にも業界的にもおかしい。
>改造開発やライセンス生産でも国際的にはメーカー扱いする事だってあるのにね。

これが見えてない?
そこでごまかしでそういうこと言うとますますわかってないか無理筋を押すやつだと思われるだけだよね

少なくとも最近も受注や納入をリリーするほどには売れているね
http://www.khi.co.jp/news/detail/C20131009_1.html
http://www.khi.co.jp/news/detail/20131015_1.html
>BK117は、国産ヘリコプターとして
>BK117は、国産ヘリコプターとして
>BK117は、国産ヘリコプターとして
とのことなので、文句は川重に言ってくれたまえ

http://www.mhi.co.jp/products/detail/s-92_hellicopter.html
民間ヘリコプタカテゴリ

http://www.fhi.co.jp/outline/section/aero.html
>国内唯一の戦闘ヘリコプターメーカーとして
>ヘリコプターメーカーとして

〉維持になって

これは誤字じゃないと。

ご説のとおりならば、重工3社はボーイングやエアバスと同列の大型旅客機メーカーですね。

BKについては既に述べたとおり。君の主張は単なる揚げ足取り。

まあ、百歩譲ってもBKつくっていない他の二社は存在意義がないことになるけどね。


>国内唯一の戦闘ヘリコプターメーカーとして

へえ、攻撃ヘリが民間向けねえ、勉強になるわ。

揚げ足取りじゃなくて明確な誤り

>ご説のとおりならば、重工3社はボーイングやエアバスと同列の大型旅客機メーカーですね。
だからそういう事は国内3社に言えば?
もっと言うと共同開発分担生産当たり前の業界に対して言えばいいんじゃないかな?

自社で設計から生産まで全部やってるのだけが「メーカー」と言えるのなら、ファブレスメーカーや逆に請負生産を専門ファウンドリーはメーカーじゃないってことになるね。途上国によくあるノックダウン、ライセンス生産専門のメーカーはメーカーじゃない殻存在価値がないということになる

そんな馬鹿げた定義は存在しないがね。

>他の二社は存在意義がないことになるけどね
http://www.mhi.co.jp/products/detail/s-92_hellicopter.html
ソース付きで示してるの無視。
都合が悪い事実をを無視して渋々認めることを何歩だろうが「譲歩」とは言わない

株主総会あたりでそう喚いてくれば?

また、国内三社は大型旅客機(のプライム)メーカーではないということに拘って、ヘリコプターもそうでないから存在意義がない
ということは大型旅客機関連は存在意義がないといいたい?
実際にそれらの売上高を無視して?
現実を見ないのはどっちだろうね?

>へえ、攻撃ヘリが民間向けねえ、勉強になるわ。
精一杯皮肉って誤魔化したつもりでも

>あなたの主張ならば三菱や川重やも大型旅客機メーカーになるけどね
を否定されて筋を曲げようとしてるだけってのはその場その場をしのぐためじゃなくて話を折ってればわかる

まあそも
>日本は単一民族というと、いいや在日やアイヌがいると反論する左翼と同じレベル。
これ自体、馬鹿なネトウヨと大して変らん認識だよね。
民族って概念からして近代西洋の産物だし、中国は都合よく中華民族なるものをでっち上げてる現状、「政治的に正しく」なくてかつ保守・右派であっても政治的にも得策でもない話

〉 ハンドル用

>日本は単一民族というと、いいや在日やアイヌがいると反論する左翼と同じレベル。

本当に木を見て森を見ないひとだなあ。

http://www.helijapan.org/pdf/general/general06/uemura.pdf

これのP22参照。国内の登録ヘリの数と国産の比率が分かるよ。
キミの主張はためにするぎろんでしかない。

まあ、アレな人にいくらデータを挙げて説明しても無理か。

ハンドルネーム入れ忘れました。上記のコメントは私です。

>本当に木を見て森を見ないひとだなあ。

この言葉は木を見なくて言い訳じゃないうえに、例外を許さない君の言い分だと少数は無視してよいということではない
つまり使い方が間違ってる

君の議論は国産憎しの劣等感で目が曇っている。

そのデータで興味深いのは防衛省の「国産主体」が多いわけだが、調達数や価格からみてUH-1やCH-47,SH-60なんかが主体とわかる。かつ
>国産開発機はOH-1のほかSH-60Kが加わる。他はライセンス国産。
つまり、ライセンス生産も国産と認識している

ついでに
>航空機全体の防民比は60:40
大型旅客機を作ってない国内メーカーの民間比率がこの時点で4割もあるのはどうして?

そしてもっと重要なのはヘリコプターマーケットの「金額ベース生産高」では君が押してる民間機より軍用機の方が大きい
この資料を見る限り、ヘリコプターの分野に限っては一般論として民間マーケットの方が総体として大きいという話は成立しない。
そしてまとめでもこう触れられている
‹>世界のヘリコプター市場予測は機数で現状維持、売上高は軍用が増大。

つまり、君は自分の持ってきたデータに言い分を否定されちゃったわけ

日本のヘリメーカーの内外の民間市場の占有率を話しているのだが。まっ、グラフも読めない人になにいってもむだか.......

毎度疑問に思うのですが、知ってる事実を淡々と並べればそれでいいんじゃないですか?
いちいち無用に煽るから、肝心の伝えたい事が伝わらない会話になってる気がするんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/58310582

この記事へのトラックバック一覧です: H26概算要求-その3_空中機動力の向上と防衛産業の保護:

« 中国紙に載ったインタビュー | トップページ | 戦史を学ぶ意義 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS