ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 政府専用機後継にはMRJを | トップページ | 統合運用における陸上自衛隊 »

2013年8月 1日 (木)

防衛計画の大綱改定に向けた検討中間報告レビュー

年末の防衛計画の大綱改定に向けた検討の中間報告が発表されました。

防衛力の在り方検討に関する中間報告について

内容は、中間報告であるためか、抽象的で方向性を出しているに過ぎませんが、注目すべきポイントを抜き出して解説します。

5 防衛力の在り方
(2)防衛力の能力評価
当該能力評価は、これまでの陸・海・空自衛隊の枠にとらわれず、統合運用の観点から自衛隊全体の機能・能力に着目して評価を行い、防衛力整備において重視されるべき機能・能力を導出する

海・空は洋上及びその上空での敵戦力の撃破を、陸は本土決戦を考えるという従来の発想からは脱却することになりそうです。

各種事態への実効的な対応の項目については、具体的な各種事態として5つが上げられています。

各種事態への実効的な対応
 ①警戒監視能力の強化
 ②島嶼部に対する攻撃への対応
 ③弾道ミサイル攻撃及びゲリラ・特殊部隊への対応
 ④サイバー攻撃への対応
 ⑤大規模災害等への対応

当たり前な話ですが、本格的な侵攻対処は入っていません。

陸自の指揮系統については、ついに手を付けるようです。

海上及び航空自衛隊と異なり、全国にまたがる部隊の運用を統括する司令部を有しない陸上自衛隊において、中央指揮組織の設置及び当該組織と各方面隊の関係の在り方について検討を深化


これは、当ブログでは再三言ってきた事ですが、基地等の防護をやっと真剣に考えるようになりそうです。
陸自の普通科部隊は、今以上に重要になるでしょう。

運用基盤である駐屯地・基地等の各種支援機能が維持されていることが前提であり、駐屯地・基地等の復旧能力を含めた抗たん性を高めることが極めて重要である。


防衛省としては、「別表は必要だ!」と主張しています。

大綱別表は、このような中長期的な視点に立ち、我が国が目標とする具体的な防衛力の水準を示すと同時に、我が国の防衛力整備に関する透明性も確保してきている。
このような別表の意義を踏まえれば、別表は引き続き維持すべきである。


さて、特徴的な部分は以上です。

全般として、目に付いたキーワードは「統合」です。
統合自体は、今までにも再三耳にしている言葉ですが、防衛力の評価にも統合を前提として考えるという点は、大きな変化を予感させます。
駐屯地・基地等の支援機能維持を大きく謳っている点からしても、陸自の役割は、島嶼作戦以外では、後方の守りを固めることに重点が置かれそうな予感がします。
当ブログでは再三訴えてきた方向なので、非常に歓迎すべき傾向だと思っています。

逆に、無いことが違和感を覚えるキーワードは、「動的防衛力」です。
今更「基盤的防衛力」に戻ることも無いと思いますが、機動展開能力の向上を謳いながら「動的防衛力」あるいはそれに類する言葉が皆無であることには違和感を感じざるを得ません。(民主党に対する意地でしょうか)

全般として、抽象的で、量も少ないため、詳細については不明な点が多いですし、考えられる施策を全て行うと、予算的に無理があると思われるので、実際に発表される大綱には差異も出てくると思われますが、大綱は期待してよい内容になりそうです。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 政府専用機後継にはMRJを | トップページ | 統合運用における陸上自衛隊 »

防衛政策」カテゴリの記事

コメント

戦車で本土決戦なんて、マトモな一般国民にとっては、
迷惑この上ない話ですので、この路線は宜しいと思います。

敵が戦場を選んでくれるといいんですけどねえ…

別表を防衛省側が維持したい理由ねえ
透明性の確保はまあ解るとして、それこそ別表にある分の数(の予算)は確保しようという話でしょうかね。

敵は既に「島嶼」「海洋」という戦場を選んでいますよ
当方が別の戦場にばかり目を向けていて今までそれにロクに対応していなかったというだけで
「敵が戦場を選んでくれるといいね」という皮肉はむしろ従来型の防衛力にこそ当てはまるかと

「皮肉」としてしか解釈できないレベルってのがもう…本当にお気楽だねえ。
そうやって都合よくいくといいね。
そういう威勢のいい「これからは何々だから従来型なんか無駄だ」って話は大抵手痛いしっぺ返しを食らう羽目になるだけだと、歴史を勉強すればわかるはずなのに学ばないなあ…

歴史に学び通り。日本での戦車の必要性は低い。

それこそ。在れば良いレベルで質が多少低くても問題ない現状でも質量で言えば過剰なレベル。

それが世界最強それも自称の10式戦車の優先順位の低さの表れである。最も防衛省の事業レビューでも最もケツ置かれて、無くなっても問題無し感がスゴい…

この中間報告は以前から続く、陸自重武装縮小、海空優先路線の確認にすぎない。

10式戦車日本最後の戦車にならんかもしれんが、最後の国産戦車の可能性が高い。

>「皮肉」としてしか解釈できないレベルってのがもう…本当にお気楽だねえ。

好意的に解釈しても皮肉と判断せざるを得ないほどレベルの低いご意見だったということですよ、ハンドル用様

ばるたん星人 様
全く、そのとおりですよね。

ハンドル用 様
ご指摘の通り、防衛省の意図は予算確保だろうと思われます。
参考過去記事:http://kuon-amata.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-4462.html

戦車キラー 様
太平洋戦争の対米戦争でさえ、重視はされてませんでしたね。

ヒト・モノ・カネ、特にカネは限られている。優先順位を明確にすべき。
それできずに、あれもこれも大事というのは無能の証拠。
頭のなかの仮想現実ではカネの制約はないけど、リアルワールドでは
厳然として存在する。

まあ、火星人やゴジラにも備えないとならないしね、戦車は必要だね。

10式がないと国が滅ぶという人たちには何言っても無駄だろうけどね。
何しろ弾薬や燃料を運ぶ輸送部隊すらものもカネもないのが現状。

頭のなかの10式は弾薬や燃料の補給もなくて動き続けるのだろうけど、現実は違うからね。小児麻痺的な兵器フェチが国防を語るのは危険極まりないと思うよ。


ハイジ 様
仰るとおり、資源は限られてます。
未だにこの中間報告の内容や、未だに概算要求関連のニュースがほとんどない事を考えると、大綱改定を待たずに、26年度概算要求でも大きな変化があるかもしれません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 防衛計画の大綱改定に向けた検討中間報告レビュー:

« 政府専用機後継にはMRJを | トップページ | 統合運用における陸上自衛隊 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS