ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 北朝鮮による恫喝激化は予想された事態 | トップページ | 対艦弾道ミサイルは無意味ではない »

2013年4月10日 (水)

安倍政権の普天間移設舵取りが素晴らしい

安倍政権の普天間移設問題に対する舵取りが、素晴らしい。

その戦術は、基本的に、かな~り前に書いた通り、従来の自民党政権が辺野古への移設を決めた時と同様の単純なアメとムチの使い分けです。

まず、アメとして沖縄振興予算を大幅(2012年費2.2%増)に増額しています。
沖縄振興3001億円、3年連続増 来年度政府予算案 」(日本経済新聞13年1月30日)
そして、嘉手納以南の返還合意をアメリカとの間で取付けます。
嘉手納以南の返還計画、日米が合意」(産経新聞13年4月5日)

反対にムチは、普天間固定化というブラフです。
米軍普天間飛行場移設:政府、特別措置法制定「検討せず」」(毎日新聞13年4月2日)

 政府は2日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設に必要な公有水面埋め立て申請を知事が承認しなかった場合の対応として、地方自治法に基づく是正勧告・指示や代執行、知事から国へ権限を移す特別措置法制定などについて「検討していない」とする答弁書を決定した。


しかも、このちょっとわかり難いブラフは、実に巧妙です。
政府が、特措法を検討しないとすると、知事の埋め立て拒否=普天間固定化となるため、固定化した場合は、「知事が悪いのだ、政府の責任ではない」という構図を作り出しているのです。

この硬軟取り合わせた安倍政権の戦術に、民主党政権下で、あれだけ暴れ回っていた仲井真知事もタジタジです。
なにせ、嘉手納以南の米軍基地返還計画を説明に訪れた防衛大臣に対して「わからない」と答えるしかない状態です。
返還時期「書きぶりあいまい」 沖縄知事、防衛相と会談」(朝日新聞13年4月6日)

 小野寺五典防衛相は6日、那覇市内のホテルで沖縄県の仲井真弘多知事と会談し、日米両政府が合意した嘉手納以南の米軍基地返還計画を説明した。仲井真氏は計画で返還時期が「わからない」と述べ、書きぶりがあいまいだと指摘。


まるで、「お前の言ってる事なんて、ワケわかんねえよ」と捨て台詞を吐いて逃げ去る子供のようです。

安倍政権は、この戦術によって、仲井真知事に辺野古への移設を承認させようとしています。
沖縄米軍基地:嘉手納以南返還「普天間切り離し」を撤回」(毎日新聞13年3月31日)

 政府は沖縄の米軍基地問題をめぐり、嘉手納(かでな)基地(嘉手納町など)より南の5施設・区域の返還を普天間飛行場(宜野湾<ぎのわん>市)の県内移設と切り離して進める方針を撤回し、近く発表する嘉手納以南の返還計画に普天間飛行場の返還時期も明記する検討に入った。
中略
 日米両政府は昨年4月、在日米軍再編ロードマップ(行程表)を見直す中間報告を発表。嘉手納以南(中略)の5施設・区域については3段階の返還を目指す一方、普天間移設は「課題をできる限り速やかに解決する」として切り離した。

 普天間問題をめぐる民主党政権の迷走で強まった沖縄側の反発を和らげる狙いがあったが、自民、公明両党が昨年12月に政権を奪還し、普天間移設と嘉手納以南の返還をセットにしていた自公政権時代の06年の日米合意に事実上、回帰した。

 防衛省は今月、普天間飛行場の移設先としている名護(なご)市辺野古(へのこ)沿岸の埋め立てを沖縄県に申請。安倍政権としては、返還時期の明記により政府の基地負担軽減の努力を強調し、沖縄の理解を得たい考えだ。「普天間を県内に移設すれば嘉手納以南の多くの土地が返ってくる」(政府関係者)と沖縄側に妥協を迫るとともに、「沖縄を納得させるには普天間跡地の返還時期を計画に書き込む必要がある」(防衛省幹部)と米側に求める。


前述の通り、仲井真知事が移設を拒否すれば、それが自動的に普天間固定化となることを明らかにしたワケです。

政治の戦術としては、極めて基本に忠実な戦術ですが、3年間も、民主党の稚拙な政治を見せつけられたからかもしれないものの、安倍政権の政治運営が素晴らしくみえて仕方ありません。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 北朝鮮による恫喝激化は予想された事態 | トップページ | 対艦弾道ミサイルは無意味ではない »

在日米軍」カテゴリの記事

コメント

雨降って地が固まる結果となる事を切に願います

知事は、台湾との漁業協議の結果にも「極めて遺憾」とケチつけてますが、
これも駆け引きなんでしょうが、正直いって、沖縄のイメージが悪くなる一方かと。

いろんな人が居ていろんな意見があるのも当然ですが、
2/21の普天間飛行場 辺野古移設名護市市民大会での女子高生のスピーチに見られるような是認の意見が、
どの程度あるのか、実際のところを知りたいものです。

地元の中国共産党系新聞からは、全く見えない。

日本酒命 様
日本国民も、民主に政権を渡してみて、初めて民主がどんな政党なのか理解しましたしね。

名無し 様
印象としては、時間的にも、空間的にも、目先のことしか見てない感じですね。
もちろん、実際には理解した上でやってるのだとは思いますが。

在沖2紙は……、完全に乗っ取られてます。

厳密には政治ではなく行政ですよね

鳩の後片付けのせいですね。
辺野古移転は結論まで凍結。
朝鮮戦争の対応のため、より近い対馬かどこかに移転。
駄目なら前の計画による。
なら、地元の反発も少なかったのにと思います。
鳩は、個人や慈善家としては、付き合いたいと思いますが、キャリアや政治家などの権力者としては付き合いたく無いです。
と、いうか、なるべきでは無かったですね。

tete 様
日本は議院内閣制ですし、何より予算承認は国会なので、行政と書くとむしろ厳密には誤りになってしまいます。

Suica割 様
何であんなのを選んだんでしょうね。

自民党の手腕が良いというよりも、民主党がひどすぎた、というべきなんでしょうね。
鳩山がまともなら若干違う結果をみたかも?選挙前にこの人の能力がわかっていれば、こうはならなかったでしょうが。
.

啄木鳥 様
全くもって、酷すぎました。
普天間問題では、鳩山が酷かったですが、菅の危機対応も酷かったと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安倍政権の普天間移設舵取りが素晴らしい:

« 北朝鮮による恫喝激化は予想された事態 | トップページ | 対艦弾道ミサイルは無意味ではない »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS