ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 政治的配慮による800km制限 | トップページ | 集団強姦致傷事件で加速する沖縄県の日本帰属意識の希薄化 »

2012年10月20日 (土)

米韓を威嚇?

先日記事を書いた韓国弾道ミサイルに対する北朝鮮の反応は、予想通りのものでしたが、それを報じた読売新聞の取り上げ方は、想定外でした。
北朝鮮「ミサイルにはミサイルで」と米韓を威嚇」(読売新聞12年10月9日)

 報道官は、北朝鮮の弾道ミサイルが「南朝鮮(韓国)当局の本拠地だけでなく、日本やグアム島、米国本土までを命中攻撃圏内に入れている」とし、「核には核で、ミサイルにはミサイルで対応する準備ができている。想像もできない戦争を(米韓などに)味わわせることが、わが軍隊と人民の意思だ」などと威嚇した。


日本に対して、弾道ミサイル攻撃をすると、名指しで恫喝しているにもかかわらず、なぜ「米韓を威嚇」とのタイトルが付くのか、私には理解できません。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 政治的配慮による800km制限 | トップページ | 集団強姦致傷事件で加速する沖縄県の日本帰属意識の希薄化 »

メディア」カテゴリの記事

コメント

・意図的に情報を歪めている
・記者が素直すぎて自分の身に切実な問題でタイトルを付けてる
これ以外に合理的な解釈ってあります?(笑・・・・・えないッス)

だ 様
多分、感覚的に日本が恫喝されるってことが想像できないのではないかと思ってます。
そのくらい平和ボケなんではないかと。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米韓を威嚇?:

« 政治的配慮による800km制限 | トップページ | 集団強姦致傷事件で加速する沖縄県の日本帰属意識の希薄化 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS