ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 危機管理の取り違え | トップページ | H25概算要求-その2_滞空型無人機 »

2012年10月30日 (火)

H25概算要求-その1_宇宙関連

もう大分前の話になりますが、25年度の防衛省概算要求資料が発表されています。
我が国の防衛と予算-平成25年度概算要求の概要
その中から興味深いモノを、何回かに分けてピックアップして書きたいと思います。

第1回目としては、宇宙関連を取り上げます。

25概算要求では、初めて「宇宙状況監視に関する取組」という施策が盛り込まれました。

BMD対処能力の向上、自衛隊が利用する衛星の防護及び日米協力等の観点から宇宙状況監視※の実施を視野に入れた検討を推進

※宇宙状況監視:衛星、スペースデブリ等を発見及び識別し、軌道情報を確定してデータベースに登録し管理するとともに、その情報に基づき監視を行う活動


多くの方にとって、何のために何を行うのか、良く分からない施策でしょう。
この施策には、2つの事件が契機となっていると思われます。
一つは、2009年4月の北朝鮮によるミサイル発射の際、FPS-5が衛星軌道上の物体を探知し、それを弾道ミサイルと誤認して誤警報を流してしまった事件
もう一つは、今年2012年の北朝鮮によるミサイル発射の際、2009年とは逆に、誤警報を恐れるあまり、必要な警報を早期に出すことができなかった事件

これらの事件を契機として、ミサイル警報を出すための情報収拾を、より正確にする必要性に迫られた(政治家に怒られた)ものと思われます。

具体的な施策としては、2009年の誤報時に記事「誤報の原因と課題」で指摘したとおり、スペースデブリ等をデータベース管理し、FPS-5等で捕捉した航跡データと照合することで、誤警報を減らすことがあります。

また、このデータベース化とその照合には、副次的にFPS-5等の探知性能を向上させる効果もあります。
フェイズドアレーレーダーは、新たな反射波を捕捉すると、その目標の移動を確認して航跡として確立するため、最初の反射波周辺に多数のレーダービームを打って、2回目、3回目の捕捉を行おうとします。
ところが、レーダーがデブリまで捕捉できるほど高性能だと、デブリの捕捉と確立でレーダーが手一杯になってしまい、本来捕捉すべき弾道ミサイルの捕捉が遅延してしまいます。
データベースがあれば、最初からデブリの位置をマスク処理することで、レーダーの処理負荷が軽減し、本来の目標である弾道ミサイルの捕捉性能が向上するのです。

また、このデータベース化により、中国の衛星攻撃衛星が機動を始めたことを察知できるため、目標となっていると思われるわが国の衛星に、回避機動を採らせることが可能になります。
このために「自衛隊が利用する衛星の防護」の文言が入っているのだと思われます。

しかしながら、日本単独でこれを行う事は、はっきり言って非現実的です。
日本が保有するレーダー等の探知範囲が、日本周辺に限定されるからです。
そのため、概算要求資料でも「日米協力等の観点から検討」とされているのでしょう。

この事は、概算要求に「赤外線センサーの衛星搭載に関する研究」が盛り込まれていることも関係します。
これについては過去記事「日本独自の早期警戒衛星は不要だ!」で詳しく書いたので、そちらをご覧下さい。

私は、この事業の必要性を、2009年の誤報時に前掲記事で指摘したくらいなので、正直防衛省の動きは遅すぎるようにも思っています。
ただし、これらの動きを防衛省単体で行う事は予算執行上非常に不効率です。
そのため、JAXA法の改正によって、JAXAを防衛のために動かせるようになることを待っていたのだろうと思います。

概算要求資料では、あっさりと書かれている事業ですが、非常に広範で効果の高い施策だと思います。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 危機管理の取り違え | トップページ | H25概算要求-その2_滞空型無人機 »

防衛予算」カテゴリの記事

コメント

 宇宙開発分野(特に官や大学・研究機関)は左派系が結構根強いみたいなので、変な抵抗がが無いか心配です。
 急速に周辺環境の悪化している今の日本では、独自の情報収集・分析能力の強化が急務だと思います。情報的な主体性が無いと、自主的な判断すら出来ません。

こんにちは。

確かにJAXA法改正(第4条平和目的規定の削除)に反対する署名活動などが学者やジャーナリストを中心におこなわれましたね。
http://jaxaforpeace.a.la9.jp/

JAXAは独立行政法人なのですから職員個人の抵抗感の有無に関わらず成立した改正法によって政府へ協力するのは義務であり当然でのことでしょう。

ところで国防に資する先端技術の研究開発について国公私立大学や民間との連携はスムーズなのでしょうかね。
数年来、国民の健全な国防意識は高まってきているように思えますが、防衛予算の壁があるとはいえ官産学の協力体制はまだまだではないかという印象を持ちます。

いずれにしても弾道ミサイルの脅威を漸減できる施策の実現は喜ばしいことですね。
あ、まだ予算化されてないんだっけ…。

だ 様
文系よりもマシだとは思いますが、大学・研究機関には左派系が多いとは感じますね。
まあ、防衛予算に対するネタミもあるようですが……

まりゅー 様
JAXA法改正案に関する署名については、以前にも記事を書きました。
自由な研究ができないというのが大きな理由の用ですが、企業の雇われ研究者が企業に貢献させられるのと同様に、国の雇われ研究者は、国に貢献してもらわなければならないはずなんですが……

防衛に関する産学協同は、十分とは言えないモノの、以外と行われています。
技本の研究発表会に行くと、産学協同の成果なんかも展示されてます。

これは予算通ると思います。
額の割に成果の高い事業だと思います。

まあ面子も「いつもの人達」に過ぎませんし
軍事と無縁どころかかなり密接につながっているNASAでも独創的な研究はなされている事からしても論理として説得力を欠いてますね(予算の金額も文字通り桁違いですが。)

もっと現実的な問題として予算の話であれば、JAXAも決して潤沢でも満足のいく予算規模でもありません。
統合やら既に情報収集衛星関連の予算も含まれてるのを考慮すればかなり減らされてるのではないかとする懸念がある訳ですよ。
良くも悪くも自分の所の予算を削って他に回せ言えば反発されるのは当然ですし

「効率化した上で充実させよ」あるいは「充実したいが予算の総額は限られるので効率化せよ」ならわかるのですが、予算削減のために効率化すれば問題ないとする論理に使われたり、結局他の所の予算の引っ張り合いにしかならないのは違うと思うんですよ。

>企業の雇われ研究者が企業に貢献させられるのと同様に、国の雇われ研究者は、国に貢献してもらわなければならないはずなんですが

JAXAの前身の一つ更に前身は東大の研究所でして
大学や学問の独立性の話はまあ詳しくやる程ではないけどもそれはそれで大事な事です。

ハンドル用 様
JAXAは、渋谷の街頭ビジョンに高い金だして広告打つ予算あるなら、それを採用者の給料に充てればいいと思うんですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/56003134

この記事へのトラックバック一覧です: H25概算要求-その1_宇宙関連:

« 危機管理の取り違え | トップページ | H25概算要求-その2_滞空型無人機 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS