ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 韓国への入国拒否報復 | トップページ | 臆面もない野田首相訓示 »

2012年9月20日 (木)

領土問題改善は国民の意思次第

近頃、急激に盛り上がっている領土問題ですが、改善するか否かは、結局は国民の意思次第です。
竹島で韓国が合同訓練…日本に配慮?内容変更」(読売新聞12年9月7日)

 国防省によると、訓練は軍でなく海洋警察が主導して実施される。海兵隊による上陸訓練も見送られたほか、聯合ニュースによると、当初は4日間通して参加する予定だった海軍も初日だけの参加になった。いずれも、日本を刺激しないための配慮とみられる。


今まで、政府・外務省が形ばかりの抗議をしても、全く効果がありませんでしたが、今回は、国民の反韓感情が、韓国を牽制するという実績を上げたことになります。

別の報道では、韓国大統領府の高官が「友好国と戦争するためではない」と言ったそうですが、韓国は本気で日本を敵視していることを、K-POPを聞いて喜んでいる人たちも知るべきです。
韓国・盧武鉉政権が日本を「仮想敵国」に 05年当時、米に仰天提案していた」(JCASTニュース12年7月3日)

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権時代の2005年に、韓国政府が米国政府に対して、日本を仮想敵国として想定するように提案したというのだ。もちろん、米国側は困惑した様子だったという。
   この提案は、与党の「セヌリ党」元代表の鄭夢準(チョン・モンジュン)氏が、12年7月2日、国会で記者団に対して「まだ報じられていないこと」として明かした。


こんな報道があるからと言って、私は韓国を仮想敵国にすべきだなどとは思いませんが、韓国が日本を敵視していることは知っておくべきですし、それを理解した上で、領土問題で圧力をかけていくべきです。
政府・外務省はあいかわらず弱腰ですが、世論がまとまりさえすれば、韓国にも影響を与えられることがハッキリしました。

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« 韓国への入国拒否報復 | トップページ | 臆面もない野田首相訓示 »

周辺国動向」カテゴリの記事

コメント

しかし、ノダそうりが「中国の反感は想定外」なんていったのには、驚きを通り越して、政治家以前のバカ!としか言えないですねぇ。

こんなのが日本国の指導者なんて情けなくて涙もでませんや。

解散・総選挙を待つのみですねぇ(タメ息)

私は初めてあの演習を知らせた時寧ろ「結局これだけを引くでしょう」と思った。なにせ、国民感情はどうであれ、日本は韓国海兵隊の上陸まで黙認或いは抗議だけで済ませようとするなら後は無いです。

韓国も恐らくこの読みですから「揚陸」は最初はから「譲歩ネタ」として用意された物と想います。実際、一部引いたものの結局竹島付近に軍事演習できたし。これは「勝利」と言うなら「負け」を想像したく無い。

だが、政府を弱腰と言うばかりは少々無責任だと想います。政府と国民の相互作用は複雑な物です。政府は国民(特にこの中主力とするの「愚民」)を誘導しながら彼奴等によって行動を制限される。

例えるなら、国家は反応炉で有り、国民は中のウランロッドで政府はオペーレーター兼管制装置。ウランロッドの平均的反応率を低いままオペーレーターはどう熱量を求めても出せる訳が無く、替えて残されたの熱量も奪う事すらあり得る。だからオペーレーターも仕方なくウランロットの実情に合わせて制御するしかない。

尖閣諸島についてはとにかく周辺国との同盟強化や防衛力を高めることが重要だと思うのですが、竹島については難しいですね。
実効支配を数十年放置してしまいました。これを今更返せといっても、もうすでに国民と政府に奪還の意思がないのは明らかです。
最近は代わってきているみたいですが、武力奪還では国際社会から理解があるとは思えませんし、外交努力ではどうするのか見当つかないです。中国は分裂したらしたらで面倒ですし、うーむ難しい時代ですねぇ。

みやとん 様
そんな発言をすれば、「日本にはデモが効果的だ」と思わせるだけですからね。

香港からの客人 様
大統領の竹島上陸とそれ以上に天皇陛下への謝罪要求がなければ、海兵隊の上陸演習が行われても、政府・外務省は形だけ抗議して終わってたように思います。
実際、最近の領土問題に対する日本国民の盛り上がりは、長くそういうものを見つめていた者としては、一種異様なものにも見えます。
まあ、やっと外国並に近づいて来ただけですが……

名無し 様
竹島については、以前も記事で書いたように、周辺事態法適用を除外する、つもり半島有事になった時に、米軍を通じた者を含め、支援を行わないという強力なカードがあります。
それをちらつかせつつ、政治的に圧力をかけることは可能だと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/55699493

この記事へのトラックバック一覧です: 領土問題改善は国民の意思次第:

« 韓国への入国拒否報復 | トップページ | 臆面もない野田首相訓示 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS