ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« イスラエルによるイラン空爆が秒読みに | トップページ | モロッコでのオスプレイ墜落は、セットリングか? »

2012年6月24日 (日)

イスラム教徒への無差別攻撃容認教育

先月、共同通信が不気味な記事を配信しました。
米軍の統合軍参謀大学において、イスラム教徒への無差別攻撃が容認され得ると教育されていたと言うものです。
一般のイスラム教徒への無差別攻撃容認 米軍大学、原爆が「前例」と講義」(産経新聞12年5月18日)
イスラム教徒攻撃は容認され得る 米軍参謀大学が講義」(47ニュース12年5月18日)

 【ワシントン共同】米統合軍参謀大学(バージニア州)で、一般のイスラム教徒に対する無差別攻撃が容認され得るとの講義が行われていたことが17日までに明らかになった。「前例」として第2次大戦時の広島や長崎への原爆投下、東京やドイツ・ドレスデンの空襲を挙げた。

 オバマ大統領は「イスラム教とは戦争しない」としているが、米軍内ではこの方針に矛盾する教育が行われていたことになる。原爆を前例にしていたことと併せ、批判が上がりそうだ。

 統合参謀本部は適切な内容ではないと認め「講義は既に中止している。米軍内の教育や訓練のカリキュラムの内容を点検する」としている。


47ニュースと配信を受けている地方紙の内容は同じでしたが、産経は、オバマ大統領の発言との矛盾に触れていないだけでなく、共同のソースが市民団体のウェブサイトであることと、講義内容がジュネーブ条約を遵守する必要がないとしていることを報じていました。

市民団体については、以前の記事「核兵器使用の正当性とキリスト教」で触れた軍における信仰の自由財団だろうとあたり付けて探すと、やはりありました。
MRFF blasts Joint Forces Staff College material advocating total war against Islam, files FOIA request

ただし、元のソースは別で、どうもウィキリークスのような暴露サイトのようです。
U.S. Military Taught Officers: Use ‘Hiroshima’ Tactics for ‘Total War’ on Islam

ここで公開されていたのは、8枚のスライドで、内容を見てみると、今回のニュースとなったのは、この内の一枚です。
Dooley_presentation_slide1
以下スライドは全てdangerroomより

内容を見てみると、確かに報じられたような内容が教育されていたようです。

市民の大量虐殺が肯定されていたり、ジュネーブ条約に疑問を投げかけていたりと、おぞましい内容になっています。

ですが、共同通信や信仰の自由財団の批判が妥当だとも思いません。

と言うのも、この資料が、統合軍参謀大学がテキストとして認めた教範であるならば、確かに大問題ですが、このスライドは、どう見ても、一教官が副教材として自分の講義用に作成した資料にしか見えないからです。

確かに、このドゥーレイ中佐は、問題教師でしょう。
しかし、そう言う人物の排除が難しいことは、日本の学校でも、問題教師とされる人が山ほどいることを見れば、分かることだと思います。
統合参謀本部が問題を認め、既に改善を図っている事を鑑みれば、それほど騒ぐべきニュースではないように思います。

問題視する人からすれば、一人混じっているだけで大問題なんでしょうけど……
共同通信だけでなく、産経まで反応してしまっているのは何でかな、と思います。

なお、前記dangerroomが掲載していたその他のスライドは、イスラム教やイスラム法について、その非寛容さ等を教育していたもので、取り立てて騒ぐべき程のものではありませんでした。
イスラム批判自体を問題視する人もいるかもしれませんが、似たような内容は、日本の大学でも講義されていますし、一神教の非寛容さという点では、キリスト教だって似たようなところがあります。

ちなみに、広島や長崎は当然ですが、ドレスデンと並び、東京も書かれていたことは、ちょっと驚きでした。
この手のアメリカ人でも、ちゃんとそうした認識があるんですね。

問題のスライドは、一応、転載しておきます。

Dooley_moderate2

Slide3

Our_response4

Understanding52

Coughlin_driods6

Coughlin_dog7

Slide8

にほんブログ村 政治ブログ 軍事・防衛へ
にほんブログ村

« イスラエルによるイラン空爆が秒読みに | トップページ | モロッコでのオスプレイ墜落は、セットリングか? »

軍事一般」カテゴリの記事

コメント

極端な話、同じ人間だと思うと戦争できないですから、
何か理由を付けて差別せざるを得ないという理屈も
成り立つかと思います。
非常に複雑な気持ちになりますが。。。。(汗)

やん 様
確かに、そう言った側面はあるとは思います。

ただ、それが徴兵制だったころの新兵教育なら、まだ分かるのですが、現代の統合参謀大学だというところがなんとも……

数多様
うーむ。。。 としか言えないですね(苦笑)

アメリカの戦争のやり方は、相手を徹底的に悪魔のように
仕立て上げます。

騎士道も武士道も、ありません。。。

やん 様
確かに、アメリカは、敵に対する敬意の乏しい国という感じがしますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イスラム教徒への無差別攻撃容認教育:

« イスラエルによるイラン空爆が秒読みに | トップページ | モロッコでのオスプレイ墜落は、セットリングか? »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS