ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 訓練と演習の違い | トップページ | 「衛星」騒ぎで露見した艦船輸送力の不足 »

2012年5月18日 (金)

自衛隊用語「煙缶」

自衛隊用語は数あれど、最も有名な自衛隊用語は、この「煙缶」でしょう。

「煙缶」(エンカン)は、灰皿のことです。
自衛隊では、直径15cm、高さ20cm程度の業務用缶詰の空き缶を灰皿として再利用(火災予防のため、真っ赤に塗装されてます)している事が多いため、こう呼ばれるようになったようです。
用語として定着しているので、普通の灰皿も、「煙缶」と呼びます。
3幕共通みたいです。たぶん、旧軍からの継承なんでしょう。

はい、終了!
では味気ないので、この「煙缶」にまつわる小話を紹介します。
有名な小話なのですが、何故かネットで探してもそれらしきものは見つかりませんでした。
恐らく、各地で細かいバリエーションがあると思いますが、ここでは大筋をちょっと脚色して紹介します。

煙缶の小話

 自衛隊が、今ほど世間の評価を得ていない頃のお話です。

 ある隊員が、基地外のバーに、1人で飲みにでかけました。
 店内を見渡すと、カウンターの並びに、可愛い女の子が、これまた1人で飲んでいます。

 当然、声をかけない手はありません。
 相手の女の子だって、1人で飲みに来ているのですから、声をかけられることを期待していたのかもしれません。

 自衛官だとバレると、引かれてしまう可能性もあるので、仕事には触れないように注意しながら、各種の話題を駆使し、なんとか、良い雰囲気に持って行きました。

 かなり打ち解けた頃、喫煙者だった隊員は、タバコが吸いたくなりました。
 しかし、手近に灰皿がありません。
 見渡すと、女の子の向こう側に、ありました。

 「あ、そこの煙缶とってくれる?」
 「はい、どうぞ」

 何気なく頼んだ隊員。

 何気なく応じた女の子。

 その瞬間、お互いが自衛官だと理解して、目を見つめたそうです。
 チャンチャン

« 訓練と演習の違い | トップページ | 「衛星」騒ぎで露見した艦船輸送力の不足 »

自衛隊の子ネタ」カテゴリの記事

コメント

そして官品が

なかなか面白い話ですね(笑)
お話のようなシチュエーションに憧れますが。。。。
スモーカーには、厳しい時代ですから。。。。
無いでしょうね。。。

煙缶は、基地祭に行くと必ずお世話になります(笑)

面白い話ですねw

"煙缶"って一般社会でも一部で使われていますね
軍隊経験者が持ち帰ったんでしょうか
大学や職場でもタバコの吸い殻を集めるための、赤く塗装された蓋付きの鉄バケツやペール缶がそう呼ばれていました

名無し 様
そのオチは聞いたことないですが、なかなか良いですね。

やん 様
確かに、「タバコに対して寛容だった頃の話」になってきそうですね。
自衛隊は、一般と比べて、分煙に関しては進んでましたね。
安全上の理由が第一ですけど。

SUS 様
自衛隊外でも使われているのは、やはり旧軍からの伝統なんでしょうね。
赤く塗られている点なんかも、そうなんでしょう。

お菓子の大きめの空き缶を真っ赤に塗るバージョンもありますね。

Suica割 様
お菓子の缶ですか?
四角いやつでしょうか。
うっすらと記憶にあるような気もしますが、あまり見てないですね。
もっとも、私が喫煙者ではなかったので、気にも止めてなかったというのもありますが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊用語「煙缶」:

« 訓練と演習の違い | トップページ | 「衛星」騒ぎで露見した艦船輸送力の不足 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS