ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 退職自衛官の地方公共団体防災関係部局における在職状況2012 | トップページ | 「協同」・「共同」の違いと海自による撃沈訓練の違憲性 »

2012年5月28日 (月)

嘘新聞の嘘記事

嘘のジョーク記事ばかりを載せるニュースサイトはいくつかあると思いますが、先日その最大手?と呼ぶべき虚構新聞で、ちょっとしたトラブルがありました。
橋下市長、市内の小中学生にツイッターを義務化」(12年5月14日)

あまりにもあり得そうな嘘だったため、信じた上でツイッター等で拡散した方が多数となり、嘘が真実だとして広まってしまったそうです。
で、虚構新聞がツイッター上で謝罪するに至っています。

【お詫び】本日付記事でネット界隈をお騒がせしたことをおわび申し上げます。現実にありえないことをお伝えするのが本紙のポリシーですが、今回非常に多くの方から「橋下氏ならやりかねない」と思われたのが最大の誤算でした。今後はもっと現実離れした虚構報道を心がけます。申し訳ありませんでした。


ここまで、前振りです。
さて、この嘘ニュース、ご存じの方も多いと思いますが、防衛・軍事の分野でもあります。
虚構新聞とは違い、名前だけでは嘘ニュースとは分からない航空機新聞社です。

この航空機新聞社、実に良く出来てます。
出来すぎてます。
トップページには、とっても小さく「USO800認定」と書いてあり、嘘であることを、ちょっとだけ仄めかしているのですが、それ以外は嘘であることを思わせるところは、記事の内容だけです。

なので、直リンクで記事ページを直接見た方などは、「!」となること請け合いです。

しかも、例えば「おおすみ ハリアー」なんて、如何にもマニアな方が打ち込みそうな検索語でググると、トップに表示されるのが、この航空機新聞社の記事「海上自衛隊航空母艦配備に向けVTOL戦闘機の離着艦試験を実施」だったりします。

また、時間経過のため、あまり嘘ではなくなってしまった記事「【海上自衛隊】次期固定翼哨戒機P-X研究開発について」なんかもあります。

惜しむらくは、2005年以来、更新がストップしてしまっている事です。
非常に好きなHPだったのですが、残念です。

存在意義もあると思っています。
ネットの浸透による玉石混交した情報が氾濫する一方、田母神元航空幕僚長が音頭をとった尖閣に関する渋谷デモをマスメディアが完全無視する等、情報リテラシー、メディア・リテラシーを強化の必要性が高まっていますが、そのトレーニングのためにも、こう言った嘘ニュースは格好の教材となります。
冒頭で紹介した虚構新聞に騙された方などは、リテラシーが不足していると言えるでしょう。
(航空機新聞には、私も「!」と思ったことがあるので、自戒も込めて)

航空機新聞は、合成写真の制作を含めて、記事の作成には労力がかかるでしょうが、再開して欲しいものです。

なんなら、記事だけなら書きますよ。
航空機新聞社様!

なお、この航空機新聞社は、広告も凝っており、広告さえも完全に嘘です。
良くやるなあ……

« 退職自衛官の地方公共団体防災関係部局における在職状況2012 | トップページ | 「協同」・「共同」の違いと海自による撃沈訓練の違憲性 »

ネタ・トンデモ」カテゴリの記事

コメント

下名も以前、この航空機新聞社は見たことがあります。
確か、EF-2が飛んだって記事でした(笑)
写真も、それらしいのが掲載されていて、信じてしまい
そうになりました(笑)

田母神さんの尖閣渋谷デモは、なぜにメディアが完全
無視したのかが不思議です。

やん 様
推理小説と同じで、騙される快感ってありますよね。

尖閣渋谷デモの無視は、マスコミは恣意的な情報しか流さないということを自ら暴露しましたね。
あれで、マスコミ離れした人も多いでしょう。

プロレスみたいなものかと思います(笑)

尖閣渋谷デモは、産経辺りは喜びそうなネタだと思う
のですが。。。

やん 様
産経があれを無視したのは、”反”政府だからじゃないでしょうか。

数多様
なるほど! 得心しました。
しかし、報道の存在意義に関わってきますね。
おっしゃる通り、マスコミ離れが進みますね。

やん 様
ああいった偏った報道をしながら、社会の公器を公言するんですから、困ったモノだと思いますね。
実際、ネットのお陰で、マスコミ離れは相当に起きていますね。

数多様
ネットもいろいろありますし、報道もいろいろあります。
このような時代には、ますます何が正しいことなのか、
自身の判断が重要になってきますね。
もっともっと勉強しないと。。。(汗)

やん 様
国民全体のリテラシーが高まれば、偏向報道にも流されなくなるのでは、と期待してます。

数多様
仰る通り、リテラシーが高まれば、おかしな報道も無くなります。
また、おかしな政治家も当選できません。
一生勉強ですネ!

やん 様
なるほど。
いい加減な政治家も排除されますね。

この前覗いたら更新してました。
広告は週間ワールド地対空ミサイルです。
嘘記事だったら、陸上自衛隊がフェニックス対空ミサイルシステム導入とか(F14のミサイル)、航空自衛隊がKC787(B-787の空中給油機型)導入とかいくつかかけそうです。

Suica割 様
見てみましたが、残念ながら、更新はされてないようです。

私もウソ記事書いてみたいなんて思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嘘新聞の嘘記事:

« 退職自衛官の地方公共団体防災関係部局における在職状況2012 | トップページ | 「協同」・「共同」の違いと海自による撃沈訓練の違憲性 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS