ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 嘉手納以南返還によってムダに支出される年間220億の思いやり予算 | トップページ | 北朝鮮の「ハリボテ」ミサイルは脅威 »

2012年4月27日 (金)

沖縄の反応(最終・3報)_2012北朝鮮「衛星」発射

「衛星」騒ぎへの沖縄の反応を2回に渡って書きましたが、最後に、もう1回だけ書きます。

やはり、一般の方とすれば、危険なロケットが落ちてくる可能性は不安でしょうし、危険性を認識したが故の被害は困りものです。
観光への影響に困惑 沖縄知事、粛々と対応を」(産経新聞12年3月30日)

 石垣市のホテル従業員の西仲野典正さん(39)は観光客のキャンセルが相次ぐことを心配し「市民を守るにはやむを得ないが、こういう事態は避けてほしい」と当惑。石垣敦子さん(57)は「北朝鮮が相手で、しょうがない。安全を守ってほしい」。

コメントのとおり、北朝鮮に言って頂くしかないですね。みんなで朝鮮総連に抗議電話でもすれば良かったのかも知れません。

石垣港にPAC3 民間地、基地に一変」(琉球新報12年4月8日)

 「衛星」への不安感からか、住民は「常駐部隊配備の地ならし」と感じていても、目立った抗議行動はなく「PAC3配置で安心感が出た」との声も聞かれる。

琉新記者の悔しさが滲んでいます。

こうした一般の方のマインドの中、反自衛隊派は、素直にやりにくさを認めていました。
前掲琉球新報記事

 平和憲法を守る八重山連絡協議会の仲山忠亨(ちゅうきょう)会長は「市民に不安感があり、これまでと違って抗議行動はやりづらい」と吐露。

それでも、それが主義ならやってみろ、と言いたいところ……

と思っていたら、本当にやりました。
PAC3反対 国際通りで240人デモ」(沖縄タイムス12年4月12日)

 PAC3の配備運用に反対し平和的解決を求める県民集会(主催・基地の県内移設に反対する県民会議)が11日、那覇市の県民広場であった。約240人が参加、長距離弾道ミサイル発射実験とみられる「衛星」を打ち上げようとする北朝鮮に対し、軍事力で対応する政府の姿勢を批判した。

Photo
沖縄タイムス・同記事より
この手の写真は、参加者が多く見えるように撮るものですが、どう見ても240人も居たようには思えません。
本当にそんなに居たのか……
もっとも、例え240人居たとしても、少数と言える数だと思いますが。

 沖縄平和市民連絡会の城間勝事務局長は「危機感をあおって沖縄への自衛隊配備を正当化しようとしている」と指摘。

確かに、南西諸島防衛の能力向上を図ろうとしている防衛省・自衛隊にとっては、プラスに働く事態ですが、それは沖縄県民が不安になっているからでしょう。

 県商工団体連合会の仲本興真会長は「きなくさい話があると観光産業が打撃を受け、沖縄にとってよくない。平和裏に解決するべきだ」と訴えた。

出来るものならそうしたいところです。
自分達で北朝鮮に言って下さい。

 参加者は「県内の軍事化反対」「平和を守るぞ」などと連呼しながら、国際通りをデモ行進した。

彼等のシュプレヒコールには、弾道ミサイル迎撃能力があるんでしょうか。

 平和憲法を守る八重山連絡協議会(仲山忠亨会長)は11日、石垣市内で「防衛省・自衛隊の真の狙いを考える」集会を開いた。参加者約30人は大規模な配備が「不安を駆り立て、つけ込む手法。将来の先島配備を見据えた行動ではないか」と疑問視。「現状を冷静に見極めよう」と外交努力による解決を訴えた。

30人ですか……
石垣島住民の0.06%ですね。

なお、国際通りのデモも、石垣の集会も、琉球新報は報じていません。
琉新の報道姿勢を考えれば、すごく報道したいネタだと思うのですが……
主催者見込みより、スゴク少なかったとか、何か報道したくない理由があったのではないか、と勘繰れてしまいます。

で、こう言う反応はあったにせよ、やはりごくごく一部だったんでしょう。
普天間問題でも強硬姿勢を貫く知事でさえ、PAC-3が我々の希望だとまで言っていたのですから。
「PAC3で危険排除、我々の希望だ」沖縄知事」(読売新聞12年3月31日)

仲井真氏は「迅速な準備は助かる。PAC3を使い、危険を排除することは我々の希望だ」と語り、配置を了承した。


知事を筆頭に、普天間だって、(沖縄の)危険を排除していることに気が付いて欲しいものです。

« 嘉手納以南返還によってムダに支出される年間220億の思いやり予算 | トップページ | 北朝鮮の「ハリボテ」ミサイルは脅威 »

先島防衛」カテゴリの記事

コメント

沖縄メディアの反応は、もう狂気としか言いようがないです(汗)
宗教の世界です(苦笑)

おかしなマスコミが地域の世論を代表していると思われるのは迷惑ですよね。特に沖縄と北海道。

いや、もしこれが琉球新報に載ったら、読者離れが進むと思ったのではないですか。
さすがに今回は自衛隊を悪者にはできないでしょう。
沖縄県民じゃなくて県外(場合によったら国外)からの人間の方が多かったら、報道するのは命取りですよ。

総連に抗議電話ですか。良いですね。自分達が散々やってきた事を逆にやられたらどういう気がするか、反省してほしいもんです。(まあ、また差別だ!というんでしょうけどね)

沖縄県民の方も、尖閣の次に狙われるのは沖縄だって身にしみてきたのではありませんか。

シンタローさんの尖閣買い取り発言から、中国の焦りが見えてきてますね。
来週にでも寄付に行くつもりです。

ところで、沖縄からの寄付がどれくらいになるのでしょうか?
もし、けっこうな額だったら、沖縄メディァの反応が楽しみです。

どうせなら、海兵隊の穴埋めは、自衛隊の純粋な増員で、とか、防空部隊新設をすべきとか、ついでに言えば、県民の理解を得つつ、県外移転の合理性も上げられたと思います。
県知事には都知事を見習い、もっと役者としての腕を磨いて欲しいですね。

やん 様
地方色ってのはあるとは思いますが、沖縄の2紙は、色が違いますから……

さば 様
沖縄の場合、テレビもほとんど在沖2紙の影響下にありますから、住んでると、あれが大勢に見えてきてしまうところが怖いです。

みやとん 様
なるほど!
あの写真の外側には、県外から来たことが分かる旗でも並んでたのかもしれませんね。

尖閣寄付は、国際通りあたりにも募金箱置いてくれたらいいと思いますね。

Suica割 様
沖縄県知事も、こっそりと尖閣を視察したりしてますが、ホントなら都知事以上に動いていてしかるべきなんですよね。

数多様
ヒダリっぽいってことですか?(苦笑)

やん 様
やっぱり赤いですね。
防衛省関連記事でも、労組の方の意見なんかを頻繁にとりあげます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/54574072

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄の反応(最終・3報)_2012北朝鮮「衛星」発射:

« 嘉手納以南返還によってムダに支出される年間220億の思いやり予算 | トップページ | 北朝鮮の「ハリボテ」ミサイルは脅威 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS