ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 自衛隊施設の防災対策と抗たん化・欺瞞施策 | トップページ | 北朝鮮が4月に予定する弾道ミサイル発射の意味と沖縄の反応 »

2012年3月15日 (木)

これはやってみたい!_陸自高射学校の対空戦闘シミュレータ

陸自高射学校に、対空戦闘シミュレータが完成したそうです。
高射校 「GSM17」の改修完了 CGで対空射撃訓練」(朝雲新聞12年3月8日)
Gsm17
朝雲新聞より

同シミュレータは、ドーム型スクリーンにCGで表示される対空目標を、対空火器(12・7ミリ重機関銃、携SAM、短SAM(恐らく目視標準具のことだと思われます)、近SAM)で射撃するシミュレーションが出来るとのこと。

自衛隊のシミュレータと言えば、パイロットの飛行訓練に使用されるフライトシミュレータが、まず念頭に浮かぶと思いますが、たとえ素人が乗ったところで、まともに離陸させることもおぼつかなく、面白いものとは言えないと思います。

ですが、これなら楽しめます。
携SAMは、ろくに字も書けないゲリラでも扱えるような代物ですし、短SAMの目視標準具は、もっと簡単です。
ただし、ミサイルとは言え、ちゃんと操作しないと当たりませんので、シミュレータでは当然それも模擬しているでしょう。
そして、ミサイル以上に、50口径機関銃での対空射撃は、地上に対する射撃以上に、バラバラと撃ちまくるような射撃をすることになるので、興奮すること間違いなしでしょう。
衝撃や発射音まで模擬されているなら(空砲も可能なんでしょうが、こんな閉鎖空間で50口径を撃ったら音が大変ですし、衝撃波でシミュレータが壊れるかもしれません。硝煙も問題でしょうし)尚更面白いと思います。

これが、空自の基地防空隊用として装備されることになれば、おそらくVADSにも対応すると思いますが、そうなれば、50口径以上に面白いんじゃないでしょうか。

是非やってみたいですが、一般公開はしないでしょうね。
防衛秘密の上でも問題ですが、それ以上に、かなりのお金を取ったとしても、客が殺到するでしょうから。

りっくんランドに、廉価版でも作って有料公開したらどうでしょう。

« 自衛隊施設の防災対策と抗たん化・欺瞞施策 | トップページ | 北朝鮮が4月に予定する弾道ミサイル発射の意味と沖縄の反応 »

AAA(対空機関砲)」カテゴリの記事

コメント

これツツジ祭り(下志津駐屯地祭)でやったことありますよ。
僕の時はM1でしたね。敵機はT80みたいなヤツだったかな?
連射するんじゃなくて、1~2秒ずつ撃ちなさいと教わりました。

名無し 様
陸自は公開してるんですか?
機関銃なら射撃方法を教えても問題ないって判断したんでしょうね。
そんなに混んでませんでしたか?

ただ、今回のGSM17じゃなくて、以前の型でしょうね。
これは、できたばっかしなので。

M1じゃなくてM2ですね。

10年以上前だったかと思います。当時はまだ中学生でした。
整理券を配っていましたね。
混んでるときもありましたが、僕がやった時は空いてましたよ。なかなか難しかったですね。

どちらかといえばプラレールやゲーム部屋、レザー銃やエアガンの射的が混んでいました。


名無し 様
昔のタイプですと、複数目標の現示ができなかったりして、今一面白みに欠けたんでしょうね。

それにしても、プラレールに負けていたとは……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: これはやってみたい!_陸自高射学校の対空戦闘シミュレータ:

« 自衛隊施設の防災対策と抗たん化・欺瞞施策 | トップページ | 北朝鮮が4月に予定する弾道ミサイル発射の意味と沖縄の反応 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS