ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 沖縄防衛局長の「講話」について | トップページ | シリア情勢混沌化で高まるイスラエルによるイラン攻撃 »

2012年2月11日 (土)

在イラク米国大使館がUAVを使用

アメリカ国務省が、イラクで外交官の外出時の警護用としてUAVを使用しているそうです。

米、在イラク大使館警備に小型無人機配備」(読売新聞12年1月31日)

機種が分かりませんが、全長で数十センチ程度で非武装とのことですし、ニューヨークタイムズにはヘリコプターだとする報道もあるので、恐らくRQ-16(T-Hawk)だと思われます。

飛行可能時間が40分とのことなので、これで足りるのか?、とも思いましたが、よく考えてみれば、燃料が切れる前に着地させて燃料補給を行えばいいだけですね。
車両に随伴させて、広範囲を監視するためには非常に都合の良い、運用の利便性が高いUAVなんでしょう。

イラクが主権侵害(領空侵犯?)だと抗議しているみたいですが、(国際)法的には微妙な所のような気がします。

穿ちすぎなのかもしれませんが、もしかするとこんな記事が載ったのは、製造元のハネウェルが、日本にT-Hawkを売りたがっているのかも知れません。報道官が会見で話したとは言え、日本で新聞に載せるほどの話題かどうかは疑問です。
福島原発でも使用されました。途中でコケたのでアヤが付きましたが……

同社は、日本にも法人を置いており、防衛宇宙部門のパンフレットにも、ばっちりT-Hawkが載っています。

確かに、VIPの警護用とかで使えそうですし、自衛隊でも基地警備用とかに有用そうです。

しかし、これが売り込みに来たのだとしたら、バトルプルーブンの実証付きってことになるのでしょうから、技本の球形飛行体は、早急に実用化しないと、芽が出せなくなるでしょうね。

« 沖縄防衛局長の「講話」について | トップページ | シリア情勢混沌化で高まるイスラエルによるイラン攻撃 »

軍事技術」カテゴリの記事

コメント

ハネウェル社には悪いのですが、
日本には既にT-Hawkモドキがあるのですよ!
http://www.youtube.com/watch?v=S_EuyOwACK4

イヌザメ 様
モドキは知りませんでしたが、このタイプはST AerospaceのFanTailなど、いくつかありますね。
国産でなければならない理由をこじつけるのは難しいので、良く開発したなあと……

イヌザメ様
陸自が採用しているとは知りませんでした。

KHIが社内開発をしていたというところまでは、知っていましたが。。。
http://www.khi.co.jp/rd/tech/171/nj171ts02.html
小型UAVの開発は、本当に熾烈ですね。

↑ またまた無記名の書き込みをしてしまいました。 失礼しました。

やん 様
KHIの自主開発だったんですね。
リンクを見る限り、防衛省以外にも売るつもりみたいですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 在イラク米国大使館がUAVを使用:

« 沖縄防衛局長の「講話」について | トップページ | シリア情勢混沌化で高まるイスラエルによるイラン攻撃 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS