ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 総合火力演習2011 その1(ベストショット&総火演のあり方編) | トップページ | 総合火力演習2011 その3(チケット配布の仕組みと公平性編) »

2011年9月 8日 (木)

総合火力演習2011 その2(アパッチ&10式戦車編)

その2は、当ブログには珍しい、ほとんど写真で送る展示目玉品編。
(決して手抜きというわけでは……。写真のピックアップだけでも、結構大変なんです。)

内容は、少数で調達が終わってしまったAH-64Dアパッチと、少数で調達が終わってしまいかねない10式戦車です。

まずはアパッチ。
Img_6110

Img_6108

Img_6109

Img_6106

Img_6107

Img_6123

Img_6118

Img_6222

電子機器満載で、何だか「陸」というイメージからは、ちょっと外れた機体です。

次に10式戦車
Img_6085

Img_6088

Img_6091

Img_6096

Img_6100

Img_6102

Img_6097

Img_6098

Img_6145

Img_6150

Img_6151

Img_6174

Img_6177

Img_6184

74式、90式の2ストディーゼルから4ストディーゼルに変わり、音は甲高いものから低い音に変りました。
音響ステルス的には良くなったと思うが、迫力があるとは言えません。なんだか野暮ったい音です。

来年は、10式戦車の射撃を展示して欲しいですね。


« 総合火力演習2011 その1(ベストショット&総火演のあり方編) | トップページ | 総合火力演習2011 その3(チケット配布の仕組みと公平性編) »

イベント」カテゴリの記事

コメント

数多久遠さま おはようございます。

写真のアップは大変ですね(大きさの加工などかなりの手間ですもんね)

総火演、お疲れさまでした。現場の雰囲気が伝わってきました!続編を楽しみにしています。

10式戦車、素晴らしいです。
富士学校では会場は駆け抜けただけで静展示がなかったので、いつかは近づいてじっくり見てみたいです。

光学系がどうなってるかわかりやすくていい写真だと思います。

あと、プレートが「庁」のまま、というのが面白いですね。

うさぎの耳 様
ご期待に背いて申し訳ありませんが、総火演レポートは今回で終了の予定です。
ですが、その3として関連記事を書くのでよろしくお願いします。

かきぴぃ 様
10式戦車ですが、おそらく、海外の情報関係者も潜り込んでいるあろう総火演で、こんなに近くで見せて良いのだろうかと思うくらい間近で見られました。

いつの間にか、省になって結構経つんですよね。

音は個人の好みも有りますよ。
私は、どうにも2ストの甲高い音が苦手でして、その点今度の10式には期待してるのです。(残念ながらまだ音は聞いた事がありません)

また、排気煙はどうなのでしょう。2ストのはかなり黒かったように思うのですが---。

みやとん 様
そう言われてみれば、私も昔は2ストバイクの音は嫌いでした。(今は好きです)

排気煙は、確かにかなり減った感じです。
最後の3枚の写真にも写っていますが、始動後こそ若干の排気煙がでますが、その後はほとんどでません。
戦車用エンジンでも、さすがクリーン4ストです。

コンパクトさとパワーさえ必要レベルが出せれば、ほとんどの点で4ストの方が有利ですからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 総合火力演習2011 その2(アパッチ&10式戦車編):

« 総合火力演習2011 その1(ベストショット&総火演のあり方編) | トップページ | 総合火力演習2011 その3(チケット配布の仕組みと公平性編) »

アマゾン

  • ようこそ、自衛隊地方協力本部へ 航空自衛隊篇
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS