ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 百害あって一利ない日中防衛交流 | トップページ | 非武装中立論の幻想が、日本籍船舶を海賊のターゲットにさせる »

2011年8月12日 (金)

SM-3ブロック2A輸出対象国拡大で日米関係の悪化は回避

以前の記事「民主政権がオバマ大統領による外交上の約束を履行不可能にする可能性 武器輸出3原則の緩和基準で」において、SM-3ブロック2A移転(輸出)対象国拡大が少な過ぎ、日米関係を損なう可能性があると書きましたが、対象国が拡大される方向となり、(この件による)日米関係の悪化は回避されそうです。

MD輸出、管理枠組み加盟国が条件…政府基準案」(読売新聞11年7月28日)

 日米両国がミサイル防衛(MD)システムの一環として共同開発中の次世代型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」について、米国から第三国に移転(輸出)を認める際の日本側の判断基準案が28日、明らかになった。

 〈1〉第三国から別の国への再移転を防ぐため、「輸出管理制度や情報保全制度を国内に有し、国際的な枠組みに加盟している」場合〈2〉北朝鮮などの弾道ミサイル(BM)の脅威を前提に、日本の安全保障に資する場合――に移転を容認するとしている。


前記記事を書いた2010年11月当時、政府の移転(輸出)対象国は、19カ国でした。特に、イランと地理的に近く、他の対象国への移転による防護が困難と思われるトルコが対象となっていない事を危惧されました。
今回の基準案では、「ミサイル関連技術輸出規制(MTCR)」の加盟国34カ国や、軍事情報保護に関する協定(GSOMIA)を日本と結ぶ「北大西洋条約機構(NATO)」の加盟国などが対象となり、全体数がはっきりしませんが、対象国は相当数に拡大されます。懸念されたトルコもMTCR加盟国なので対象となる模様です。

前記記事から9カ月、アメリカとどんなやり取りがあったのかは分かりませんが、社民党に配慮し、対象国を極めて少数にしようとすることに対して、相当の圧力があったのではないかと思われます。
この問題が、日米間の問題に止まらず、アメリカの安全保障政策全体にも大きな影響を及ぼすということを、愚かな民主党が理解しないため、危うくアメリカの逆鱗に触れるところでした。

とりあえずは、日米関係悪化の危機が避けられて何よりです。

« 百害あって一利ない日中防衛交流 | トップページ | 非武装中立論の幻想が、日本籍船舶を海賊のターゲットにさせる »

武器輸出3原則」カテゴリの記事

コメント

アメリカが黙っている時は中国に摺り寄り、アメリカの逆鱗に触れそうに
なったら、アメリカに摺り寄る。
先ほども発言致しましたが、やはり「売国政権」です。
怒りが収まりません。

ギリギリの処で、防衛省の官僚の方々が最後の一線を守ったという
ところでしょうか。

行動を見て売国とか言うのならそれは表面しか見ていないでしょ。
現政権が売国してるとかいう根拠が提示されていないのは置いといて、
米国に追従するのが国益になる以上、今回の件は正しい判断としか言えない。
国益の為なら何でもするのが外交だし。
そういう世界なのに擦り寄るという言葉を使うという事は客観的な視点から判断できているのでしょうか?

>北朝鮮などの弾道ミサイル(BM)の脅威を前提に、日本の安全保障に資する場合

この条件が気になるのですが、イランの弾道弾は日本には関係ないからトルコ欧州には輸出しない、というような拡大解釈がなされたりしないものでしょうか

やん 様
アメリカに関しては、軍事的な無知のため、日本の主張を汲んでもらえる範囲を理解していないからこうなるんだと思います。
オバマ大統領自身が、MDの傘を提供すると宣言した国に対しても輸出不可にするなんて、軍事、外交両面で無知としか言いようがありません。

名無し 様
〈2〉の条件は〈1〉の条件とandではなく、orで結ばれるものでしょうから、欧州トルコは〈1〉でOKになるため、問題ないと思います。
〈2〉は、韓国への輸出を許可するための条件でしょう。

まあ菅内閣の外交政策は鳩山内閣よりは現実的でしたからね。次の首相が小鳩派ではなく、現実派から選出されるのを期待します

アジアへの野望のために日本を絞め殺して戦争を仕掛けたアメリカ。無垢な民の頭上に焼夷弾と原爆を降らせた戦犯国家アメリカ。鬼畜アメリカは日本にとって不倶戴天の敵です。国益とは言え、今日の日本はレイプ犯に擦り寄らざるを得ない被害女性のようなもの。悲しいことです。親米右翼と、親中・鮮左翼とは売国という意味で同じ穴のむじなです。

アシナガバチ 様
ただの衆愚日和見だった気もします。
夢想を語る鳩よりましだったかもしれませんが……
民主になってから、下ばっかし見てる気がします。

はるばる 様
アメリカこそ無差別虐殺を行った国だと言うことは同意ですが、日本のこれからを考えたら、アメリカへの接近は妥当だとおもいます。
独裁共産国家よりマシでしょう。

数多様
民主党の軍事的無知は、鳩ポッポから明らかでした。
そういう意味では「売国」ではないのかも知れません。>icbm殿

下名もアメリカへの接近は妥当だと思います。
何から何までアメリカの意向に同意する必要はありませんが、日本の国益に
合致するなら接近するべきです。 中国に擦り寄って得られる国益なんてある
のでしょうか?

もしも、昔旧ソ連に接近してたら、今頃ジャパニスタンって国になってたような
気がします。

また今年の8月15日も、「戦争は嫌だ!」って番組ばかりでした。
そんなことわざわざ言われなくても、戦争なんて絶対嫌です。

日本が嫌だって言っても、戦争を仕掛けてくる国がある可能性がゼロなんて
保証なんて無いんです。 
そろそろ、東条内閣がなんとか戦争を回避しようと努力した事実を報道する
番組があっても良さそうなものですが。。。。
アメリカさんへの配慮なのでしょうか?

名無し 様
民主の方針のとおり、中国に接近して、大和自治共和国になっちゃうのは最悪ですしね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/52458459

この記事へのトラックバック一覧です: SM-3ブロック2A輸出対象国拡大で日米関係の悪化は回避:

« 百害あって一利ない日中防衛交流 | トップページ | 非武装中立論の幻想が、日本籍船舶を海賊のターゲットにさせる »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS