ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« ハエ駆除における、災害派遣3要件の適用 | トップページ | 海幕が統合を無視して独自輸送機を調達する? »

2011年7月24日 (日)

対空母に空母しか浮かんでこない発想の貧困

「空母には空母」を、という意見は、ネットでも後を断ちません。

私は、これには断固反対ですが、逐一反論するような体力はありませんし、以前にシリーズ記事を書いたので、これ以上詳細を書こうとは思っていませんでした。(ネットで議論をしようとも思いませんし、特定の個人攻撃みたいなことは好きではないので)

ただ、全国紙で堂々と空母を保有すべきと書いているのを見ると、ちょっと突っ込まずにおれません。
「22DDHは計画を白紙撤回し、空母を建造すべきだ」(産経新聞11年7月23日)
Chn11070610400002p1
改修中のワリャーグ(産経新聞より)

細かい話は、以前のシリーズ記事を見て下さい。2008年の記事なので、若干情報が古いですが、基本は変ってません。
ですので以下は、エッセンスだけ大雑把に書きます。

さて、中国が空母を保有することに対抗して、日本の空母保有を議論する場合、重要なのはその目的です。

アフリカへの政治・軍事的プレゼンスを強化して、資源確保や国際世論の形成を誘導するなどと言った目的なら、それを実行するための目標として、インド洋に空母機動部隊を遊弋させることは適切です。必須と言っても良いと思います。

ですが、日本の防衛と南シナ海までのシーレーン防衛ならば、もっとコストパフォーマンスの高い手段があります。

政治的・技術的なハードルが最も低い手段は、潜水艦の質・数的増強です。実際、現在防衛省が講じようとしている手段もコレです。

これに加え、政治的に可能であれば、対艦攻撃能力を持たせた爆撃機の保有が効果的です。
(P-1でも、若干その効果があることは以前記事に書いた通りです。前掲のリンクを参照して下さい)

近海に限れば、FXの配備(何になるにせよ)、及びF-2の対艦攻撃能力を更に強化することも、もちろん効果があります。
空中給油があれば、いくらでも範囲を広げられると思う方がいるでしょうが、日本の位置から南シナ海南部を攻撃しようとすれば、給油機に対する脅威が高く、作戦はリスキーで、また、企図の秘匿が困難になるため、実行可能性も低いものになります。日本の位置がオーストラリアなら、それでもOKですが。

政治的にも、技術的にも冒険ができるなら、日本も対艦弾道ミサイルを開発・配備すべきです。(冒険と書きましたが、空母保有ほど冒険だとは思いません)

中国が空母を保有しようとしていることに対して、対策は必要です。
ですが、対空母に日本も空母を保有するというのは、発想が単純過ぎますし、何より経済が低迷し、今後も期待できないことを考えれば、コストパフォーマンスの高い、非対象戦術を考えて行く方が得策です。

なお、こう言う記事を書くと、「空母に爆撃機なんてバカじゃないかJK」、「対潜防護された空母機動部隊に潜水艦だけで対抗できる訳ないだろ」みたいなコメントが来るのは解っていますが、専門書が難しければ、トム・クランシーの「レッド・ストーム作戦発動(ライジング)」でも読んで頂ければと思います。

« ハエ駆除における、災害派遣3要件の適用 | トップページ | 海幕が統合を無視して独自輸送機を調達する? »

空母保有」カテゴリの記事

コメント

潜水艦より、もっと安上がりな方法がありますよ。

「22DDHの飛行甲板に耐熱処理のみをほどこし、米海兵隊F-35Bおよびその支援部隊を適宜受け入れる」

自前の飛行隊を持つわけではないので、コストの増加はほとんどゼロ。
産経みたく計画を白紙撤回するわけではないので、建造計画の遅延もゼロ。
それでいて、中国海軍のフランカーが空戦でF-35Bに勝てるはずもなく、またステルス機の奇襲を防げるような防空艦も存在せず、海自のDDHは極めて強力な防空・対水上打撃能力をもつことになります。

自前の国防力にこだわる産経記者にはウケが悪いでしょうけどw

失礼します。

>22DDHの飛行甲板に・・・
そんなことをしなくても、横須賀に米軍の空母が母港にしている段階で十分なような気がしますし。
それよりは嘉手納基地等にタイムリーにラプターをローテーション配備していただく方が抑止力になりそうです。

小細工なんかしなくても、まともにPー1の更新をまともににしていただいたり、対艦ミサイルの開発をしていただいた方が良いと思います。

通常、頂いたコメントにはレスを付けるようにしておりますが、本文にも書いたとおり、本記事に関しては、基本ノーコメントとさせて頂きます。
ただし、注目すべきサジェスチョンがあれば、記事で取り上げる等の対応をしたいと思います。

産経は自衛隊よりの考え方なのですが、軍備に関する考え方は割と素人的
のような気がします。 (下名も素人なのですが。。。)

現在防衛省がやろうとしている潜水艦の艦数の増加が、効果的だと思います。
ただ、艦齢を延長するだけの施策なので、若干疑問に感じます。

中国が空母を保有したとしても、その効果的な運用にはまだ時間が掛かると
思いますので、その間に日本には最新鋭潜水艦の増艦、P-1の機体数増加、
XASM-3の早期開発を行い、効率的に中国の空母配備に対応してもらいたい
と思います。

空母に対しては航空機部隊の攻撃が有効ですから、是非とも下地島を前進基地にですね…(笑)

それはともかく。私も対中国に関しては空母は不要だと思っています。
また22DDHの有り様は完全に空母だとも。
産経が欲しいと言ってるのは固定翼機空母なんでしょうけど、世の中にはやはり「日本も空母を持つべき」と考えている人間はいて、中国の空母保有はその絶好の口実になる、ということなんでしょうね。空母保有が目的化していますから、実効性はあまり気にしていないのかも知れません。

純軍事的に見れば、空母より基地航空隊のほうが断然有利。
政治的観点からも、空母保有よりASEAN加盟国の基地を借りて空自や海自の航空隊を配備するほうがハードルは低いのでは。
ジブチで実績もできつつありますし。

私も空母保有は明らかにデメリットが大きいと思います。まず予算が無いです。これに尽きます。防衛予算が10兆くらいなら持ってもと思いますが…。装備の効率化を計りつつ(多少の防衛費増額は必須ですが)人民解放軍が勝手に内部崩壊してくれるのを待つべきでしょう。あと22DDHの空母化なんてするなら、冷戦時建造の護衛艦の代替を全てあきづき型or5400トン型にした方が賢明です。さらに原潜があればもうお腹いっぱいです。こっちのが予算増えますが。

うーん
精度が高くて迎撃困難な対艦弾道ミサイルのイメージがどうにも出来なくて
私自身は中国の対艦弾道ミサイルって戦術核だと勝手に解釈していたので

核弾頭を開発すれば即戦略核化するような精度と迎撃困難性を有する弾道ミサイルの開発はアメリカも近隣諸国も相当神経質に反応すると思うけど
保有できたら日本の抑止力問題は解決したも同然だとは思うけど
うーん・・・・空母が財政的な冒険だと考えた場合、政治的な冒険としては空母以上な気もするけど

日本の場合弾道ミサイルの発射基地が最初からバレバレになるのであまり意味がないという話しもよく耳にするし

空母に対して空母で対抗する必要は全く無いとは思うけど
逆に空母無しで行動してる艦隊にとっては空母が脅威なのは間違いないとも思うし
うーん・・・私としては自衛隊が最終的な答えを出すまでは答えを決め付けずに可能性の一つとして常にどれも検討しておくべきかなと

そもそも、現状だけでも海自要員を増員してないのにやたら人手を食う大型艦ばかり作って人も予算も足りずにかっつかつなわけで・・・
この上空母なんてもの持ったらどうなるかは目に見えてるわけで・・・
航空関連はなかなか省人化出来ませんからね・・・整備とか

装備云々以前にまずは人を増やすことから始めるべきだと思います

空母関連になるととたんにコメント数が増大。。

まぁそれはいいとして、実際問題潜水艦を増強というのは中々難しい面があります。
一つは造船所がいっぱいで一年に一隻挙げるので精一杯という点です。武器輸出うんぬんのせいで足りない分をドイツ
あたりに頼んで代理製造してもらうというわけにもいきません。じゃあアメリカはというと原子力潜水艦ですから色々運用面で
難しいでしょう。それ以前に数年ごとにやってる整備で色々問題が発生する可能性があります。
というわけで、延命工事というのをやっているわけですが、川重いわく「やめてくれ」というお話。
海自はかなり激しい運用をしており、延命工事は手間ばかりかかってやり辛いということです。
さらに、本当に同性能を維持できるのか、安全に航行できるか保証できないそうです。

P-1ですが、敵の護衛艦やら戦闘機やらがわらわら来る中で無事にASM1、ASM2で対処できるのでしょうか。なにやら
XASM3を装備するつもりはなさそうでして。空自のF-15がこちらの護衛につくでしょうけど、敵戦闘機を相手しているだけで大変そうですし。
で、そうなるとF-2が一番有望そうですが、ご存知の通り大津波に襲われ若手の技量向上が大変そうです。今はまだいいですが
今後中国空母が本格化するころにF-2パイロットの技量が果たしてどうなっているのか・・・

色々考えてみると、一番無難な選択肢というのがF-2の増強及び、ASM3の早期装備といったところではないでしょうかね。
正直それが金食い虫のF-35に代わったところでコストパフォーマンス的に優れているとはいい難いです。

>そんなことをしなくても、横須賀に米軍の空母が母港にしている段階で十分なような気がしますし。

実際そのとおりでして、ぶっちゃけた話、潜水艦の増勢すら「本来なら不要」なはずなんですよねぇ。わざわざ日本がやらなくても、アメリカの原潜の追尾を中国空母が逃れられるはずもありませんし、逆に防衛予算が削減され続ける中で、質を落として数だけ揃える戦略を自衛隊が取るのは、いたずらに維持費だけが増えて戦力向上には大して貢献しない結果になりそうです。はっきり言ってコストパフォーマンスが悪すぎですよ。個人的には潜水艦隊増強話も、中国脅威論が高まっていた時期に「自衛隊も何か言わないと政府での立場がなくなる」という発想でとりあえず何かを言ってみた、というだけのような気がします。(潜水艦が最良の兵器であることに違いはありません。それを22隻に増やす必要はないし、米海軍の協力を考えないのもナンセンス、という意味です)
コメ1で書いたのは、要は「どうしても空母がほしい」という前提に立って最も安上がりな方法はなにか、というだけのことです。個人的には特別やってほしいとは思いません。

中国海軍の意図を読んだ上で、逆算して日本の国防を考える
べきでしょうね。

まずは南シナ海の支配。
近隣国では勝てない海軍力を持ち優位を確保するために
一見、過剰とも言える数の空母を持とうとしています。

その上で、沖縄とインド洋へのシーレーンを狙うでしょう。
アフリカやインド洋沿岸に食指を伸ばしてることで明らかです。
今、中国が持とうとしてる海軍力はそれくらいを考えてるはずです。

そうなると米海軍の第七艦隊が主敵になり、海自も付いている。
なのでニミッツ級一隻とその空母打撃群+海自が中国の想定する
敵戦力になりますね。

ただし、現時点ではトモダチ作戦でロナルド・レーガンが急行し
被災地の偵察と支援、松島基地の戦力空白を穴埋めしたことで
米海軍の即応能力を示してます。

問題は、10年後です。
米海軍が今と同じだけの海軍力を西太平洋とインド洋に投射
出来るかどうか。さらに米海軍+海自の戦力でもって中国の野心
を屈服させることが出来るかどうかです。

ASWに特化した海自の存在は大きいですが、いくつかのシナリオ
を考えておく必要はあるでしょう。
正直、個人的にはギリギリよりちょっと足りないと思います。

それでも、日本が現時点で正規空母を考える必要はないです。
空母の前にやるべきことが一杯あり、その段階ですらないからです。

空母は有事にはむしろ何の役にも立ちません。まして数隻の中途半端なものならなおさらです。あんな図体がでかくて隠れるところがありません。対艦ミサイルや魚雷の恰好の的にしかないりません。これは米軍も同様です。第二次大戦以来、米空母もフランスの空母も先進国との戦争をしておりません。常に弱いもの相手のサンドバッグ攻撃でした。
しかし、平時においてこそきわめて有効な外交の道具になるから怖いのです。空母で恫喝されても平時なら攻撃するわけにはいかないからです。空母が東シナ海やまして尖閣諸島に表れても日本は何もできないのです。安上がりに平時に対抗するとすれば潜水艦の数をもっと増やして東シナ海であからさまに活動することではないでしょうか。素人考えかもしれませんが。

名無し 様
空母が怖いのは、軍事知識の乏しい方ほど、空母を必要以上に脅威と考える傾向が強いことでしょう。

このエントリーで取り上げた産経の記事なんて、その典型です。

これは私のド素人考えの推定ですが、中共が空母を配備する場合、北海・東海・南海の各艦隊に一隻ずつ、これに施浪(ワリーアグ)を入れて計4隻といった所ですか。勿論アメリカの水準には到底達しえません。ただ、北東アジア域のシーパワーのバランスに大きな変化が生じる事は中学生以下でも解ります。一方でロシアも又、空母の建造を決め、これはバルト海・太平洋(!)の両艦隊に配備されるそうです。「だから空母を配備すべし!」は人員・予算の制約からして無理だとしても、平素の研究はするべきだと思います。「22DDHにF-35Bは搭載出来るか」なぞは、「幼稚なマニアの妄想」として無視する程度のモノです。

ストライクイーグル 様
対抗策は考えるべきで、そのための空母の弱点を探す研究は必要ですね。

空母に対抗するのに空母を充てるのは発想が単純ですって?
じゃぁ、戦車に対抗するのに戦車を充てるのも、
ゲリコマに対処するのに歩兵を充てるのも、
戦闘機に対抗するのに戦闘機を充てるのも、

みんなみんな単純な発想だってことですね?w

もうちょっと考えてwwwww

あと、目に付いた部分にも突っ込みいれとくw

>空母は有事にはむしろ何の役にも立ちません。まして数隻の中途半端なものならなおさらです


えっとさ、F35Bと中国・ロシア軍機とどっちが強いと思ってんの?
RCS見比べてみ。断然F35Bのがちっさいから。
日の丸F35Bがあれば、一方的に虐殺できんぞ。
幸い、弾薬の類は大型補給艦があるので、ましゅう型を随伴させればそれほど問題視しなくて済むが。

名無し 様
陸上発進の戦闘機で全て事足りる話ですね。
インドと戦争したいのなら話は別ですが。

空母持つのは、南シナ海での小競り合いで東南アジア諸国を救援するために使うというなら、意義はありますが、そこまで行かないのなら、他のもっとコストパフォーマンスの良い方策や整備及び備蓄、絶対にやるべきだが予算が回らないため立ち遅れている事業に金回すべきです。
空母にかかる金で沖縄に防空ミサイル部隊、対艦ミサイル部隊を新設したり、海上保安庁の艦艇を増やすなり更新するなりした方がましではないかと思います。

名無し 様
空母が無力だとは言ってませんよ。
日本防衛のために、日本近海で運用するなら、コストパフォーマンスが悪すぎるというだけです。
ちなみに、F-35BよりF-35Aの方が性能が上ですから、このままFXとしてF-35Aを買った方が妥当です。

中国の空母は本当に脅威になるのでしょうかね?
空母はやはり数が必要で
展開 ドック入りなどローテーションを組まなければいけません
つまり今の空母一隻では意味がないのでは
と思います

ライアン 様
数ももちろんですが、カタパルトもないなど、現在はかなり制限された運用をせざるを得ないですから、まだまだ現実の脅威ではないと思います。

おまけに、現在の中国の対潜能力なら、潜水艦の的でしょう。

いぬざめ氏
>陸上発進の戦闘機で全て事足りる話ですね。
>インドと戦争したいのなら話は別ですが


へぇ、そうですかい。
ほんだら、ICBM1発ぶち喰らって、あっさり壊滅しちゃうような
基地航空隊に日本の命運の全てを預けちゃえってかw
日本にとって、歴史的に見ても不倶戴天の敵ともいえるロシアなんざ
核弾頭1万発も持ってんぞw 君の大好きなイージス艦では、ばったばったと撃墜できちゃうんだろうなーw
しかもそのロシアは、地域紛争であっても先制核攻撃も辞さず・・・の方針を打ち出しており、日本への核攻撃は十分に起こりうる話である。

ところで洋上を常に移動し続ける空母にとって、ICBMなんて効かねーけどw
え?敵のSSの的になるって?w アホかよ、こちとら世界有数のASW能力持ちだってのw
というわけで、実は基地航空隊なんてのは脆弱性が高く、コストパフォーマンスは悪い。


数多久遠氏
>ちなみに、F-35BよりF-35Aの方が性能が上ですから、このままFXとしてF-35Aを買った方が妥当です


そりゃ純粋に機体の性能で言えばそうでしょうよ。
ところで、今後20年程度でロシア・中国がF35Bを圧倒する機体を開発し、配備できる見通しでもあんの?
そんなの無理だよね。無理無理www最新のPAK FAですらF35Bに完敗なんだからwwww
繰り返すけど、RCS見比べてみろってのw やつらの最新鋭機ですら、話にならないレベルだから。
だったらB型で十分なんじゃねーのって話。
ま、あんたが、将来的に自衛隊は米軍と戦うっていうなら、話は別だがwwww
はっきりいうが、そこまでの機体は不要なんだよ。

ついでだから繰り返しておくけど
>対空母に空母しか浮かんでこない発想の貧困

この発想自体が貧困すぎる。
戦車には戦車、てのも発想が貧困だといわれちゃうんだろうなぁw
そういう発想の人間は、せいぜいATMやらAHで必死こいて頑張って対抗すりゃええよw

名無し 様
当ブログでは、ハンドル使用をお願いしております。

空母も無しにF-35Bを買っても意味ないですよ。

名無しさんへ

>ほんだら、ICBM1発ぶち喰らって、あっさり壊滅しちゃうような
こちらの航空戦力を敵の核攻撃から守りたかったら、
地下や山腹のトンネルに隠せば良いだけですね。

>ところで洋上を常に移動し続ける空母にとって、ICBMなんて効かねーけどw
意味不明ですね。
水上艦の方が遥かに核に対して脆弱だと思うのですが・・・

>実は基地航空隊なんてのは脆弱性が高く、コストパフォーマンスは悪い。
空母なんかを建造するお金があるんなら、
地下式の航空基地を作った方が遥かに良いですね。
そっちの方がより核攻撃に強く安上がりです。

>RCS見比べてみろっての
ステルス性が空戦の全てを左右する訳ではないですよ。
グロウラーもタイフーンも演習でF-22を撃墜しています。

ああ、今読み返して思ったのですが、対艦攻撃能力に秀でた哨戒爆撃機と潜水艦の増勢で本土近辺に敵艦隊がうかつに寄れないようにする(ことによって遊軍化させる)、という発想はある種冷戦期のソ連(あるいは、今まさに中国が米海軍の空母機動部隊に対抗するA2D2)にも類似した発想にも思えます。そう考えると、彼我に差が有る場合の非対称的かつ限定的な対抗策としては案外ここに収斂してくるのかもしれません。

ふきのとう 様

おっしゃるとおりです。
冷戦期のソ連も、米海軍には適わないことから、非対称戦術を採っていました。
ある意味、非常にオーソドックスな選択なのですが、それなりに軍事知識がないと、理解できないでしょうね。

対空母用の爆撃機は基地発射の物と艦載機のものどっちが有効とお考えですか?

名無し 様
当ブログでは、ハンドルの使用をお願いしております。

ご質問の件ですが、使用する地理的、政治的環境等で変わる物で、一律には語れません。

現状の日本において、対中国空母を考えるのであれば、地上基地運用の爆撃機の方が適切だろうと思っています。
現に、今までのP-3、これからのP-1がそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/52289290

この記事へのトラックバック一覧です: 対空母に空母しか浮かんでこない発想の貧困:

« ハエ駆除における、災害派遣3要件の適用 | トップページ | 海幕が統合を無視して独自輸送機を調達する? »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS