ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 硫黄島におけるFCLP動画 | トップページ | 下地島が無人機運用拠点に »

2011年7月 4日 (月)

今年のレッドフラッグ 政治的な意義とFX予備調査の一環?

今年のレッドフラッグへの参加がアナウンスされています。

米空軍演習への参加及び米国における日豪共同訓練の実施について」(航空自衛隊発表)

規模、期間、場所など、概要は昨年度と同等で、あまり注目する所はありません。

注目すべきなのは、レッドフラッグとは別に計画されている日豪共同訓練です。
期間は2日間、規模はF-15が4機で、内容は戦闘機戦闘訓練となります。
規模等を考えれば、大した訓練ではありませんが、アメリカが加わらない2国間訓練をオーストラリアと実施するという点が重要です。

今後、日米の対中国関係が悪化した場合、中国を南から扼すことができるのがオーストラリアです。
オーストラリア空軍が下地島に展開して共同して戦争するとは思えませんが、オーストラリアが南から圧力をかけてくれれば、それだけで中国が第1列島線への戦力集中をすることは阻害できますから、効果は大なるものがあります。

共同戦闘能力を高めるという実施的な意義は大した事ありませんが、日本とオーストラリアが接近することを中国に見せつけるという政治的な意義は大きいです。

それとともに、憶測めいた話になりますが、空自は空軍でスーパーホーネットを運用するオーストラリア空軍と模擬空戦を行う事で、FX選定予備調査の一環と考えている可能性も考えられます。

スパホとの模擬空戦は、米空軍や海兵隊とも行えるので何もオーストラリアとやらなくてもできる訳ですが、日本周辺の制約条件の多い空域で実施するよりも、自由度の大きいアラスカで存分に行った方が、スパホの評価もより現実的にできると考えたのかもしれません。

なお、昨年のレッドフラッグ記事はコチラ


« 硫黄島におけるFCLP動画 | トップページ | 下地島が無人機運用拠点に »

日米共同訓練」カテゴリの記事

コメント

F-2再生産の話が霧散してしまった今、F-Xに相応しいのはF-18だと思います。
日本の航空技術力を守る為にも、ライセンス国産は必須です。

F-35では駄目です。

タイフーンもラ国は出来るでしょうけど、部品調達やサポートの問題で不安があります。
中共とヨーロッパの、軍事技術的なドス黒い関係も気になりますし・・・

つまりF-18が唯一の道です。

色々と欠点はありますけど、それは他候補も同じだと思います。
アビオニクスとかデータリンクとか、もっと評価されて欲しい・・・

トモダチ作戦以後の世論の変化なら、もし日本が空母を持ったとして(予算的に無理なのは承知の上ですが)、その空母がやられた場合、アメリカ軍の空母におりる事も可能でしょうね。
そして、中国のおそれている(嫌がる)のは、こういう事でしょう。

F35は時間的に間に合いそうもないので、F18がもっとも良いでしょうね。

しかし、民主党だと中国サマの嫌がる事を避けようとしますから、どうなりますかねぇ。

イヌザメ 様
F-18が、ここに来て有力候補になっていることは間違いないですね。ほどよく枯れた、いい飛行機になっているのでしょうし。

ただ、今後の空自戦闘機保有体系を考えた場合、私は支持しません。
イヌザメ様がF-18を評価される要素(ラ国とか補給面とか)を重視するのでしたら、F-15FXの方が、まだ良かったと思います。(決してベストだと思っている訳ではありません。)
日本程度の防衛予算で、FXXとして導入する5世代機との4機種体系なんて……むちゃです。

みやとん 様
それこそ、今のFCLPじゃないですが、普段から訓練してないと無理でしょう。
F-4も運用してても、米空母への着艦なんて考えたこともないですし……

もちろん十分承知しています。選ぶことが出来たらF15のほうが良い、と私も思いますもの。
もしF18を選ぶしかないのなら、政治的にはこういう(訓練を含む)も有りだ、という事ですね。

ただ問題は時間でしょう。F4はもとよりF15でさえ稼働限界が近いのですから、一刻も早く決めて欲しいものです。
F15が墜落したようですが、これももしかすると金属疲労等の耐久性の限界を超えたかもしれないのですから(そうで無いコトを願っています)

とにかく早くラ国して数を揃えないことには話にならないでしょう。ある意味、緊急避難ですね。無茶は承知でF18でいって欲しいですね。

みやとん 様
確かに、もうF-15の線はないんですよね。
18の方が近代化がされてるからなんでしょうけど。
構造強度の件も15が消えた理由かもしれませんね。

これ以上遅れると、時間切れ純減というのもあり得るかもしれません。

F-15パイロットの無事を切望しています。

18でライセンス生産が、業界的には最大の希望です。 35だと、下名の会社
のような部品供給の会社は全く恩恵に預かれません(汗)

今月の航空雑誌が軒並みスパホ取り上げていて、いよいよ決めに来てるのか、各専門家も本命と観測しはじめたのか、と言う情勢ですね。
一方のF-35陣営もノックダウン生産を提示して精一杯の抵抗をしているように思います。

私はこの2機種であればF-XX込みでF-35のほうが良いと思います。
海軍機故の重量増も痛いですが、足の遅さはスクランブルに使う空自には致命的でしょう。

その辺のところも、広い空域で模擬空戦を行うことが出来れば対F-15比でどのくらいなのか、調べられそうですね。


名無し 様(やん様?)
この季節の沖縄の海がいくら温かく、生存可能時間が長いとは言え、まだ発見されていないようなので、残念ながら無事は難しそうですね。
業界の方の見解はやはりそうなりますか。
運用系の人間(P)が、それをどこまで汲むかでしょうね。

藤宮 直樹 様
なんか雰囲気的には18で決まったような雰囲気ですよね。
足の速さは35の方も疑問がありそうですし、以前ほど重視される条件では無くなっていると思います。

これを機に、F-15との戦力差を図るろうと言う意図は、やはりあると思います。

名前が載ってませんでした。 失礼しました(汗)
15ドライバーが、まだ発見されてないので絶望的なのですが、ご遺体が発見
されるまで、諦めたくありません。 ぜひとも無事でいて戴きたいと思います。

運用系のPの方は、現時点で最高の性能の35を望まれる気持ちは理解でき
ますが、飛ぶべき(飛びたい)時に飛べる為には、ライセンス国産の機体で
なければ、不可能です。 この点は、素人でも断言できます。
プライムやその下請けを含め、業界的にはその支援をしてきたというプライド
があります。 はっきりと申し上げますと、稼働率90%以上というむちゃくちゃな
要求を実現できたのは、業界の犠牲があったからだと思います。
15は、アメリカ本国でも60%程度だと聞いています。 アメリカのメーカーの納期
に対する考え方(かなり大らか。。。)を考えると、本国以外での稼働率90%は
驚異的です。


やん 様
稼働率の高さに関して、整備員の能力の高さを指摘する声は強いですが、防衛産業業界の力を指摘する声はあまりありませんね。
ですが、私も随分とお世話になりましたから、良く分かっているつもりです。
部隊で直しきらず、メーカーの方に来て頂いたケースは良くありましたから。

数多様
稼働率は、現場、後方支援、業界がそれぞれに努力した結果だと思います。
F-Xはなんとかライセンス生産可能な機体に、決めて戴きたいと願っております。

名無し 様
問題は、運用系の人間にそれが分かってない人が少なからずいるって所でしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年のレッドフラッグ 政治的な意義とFX予備調査の一環?:

« 硫黄島におけるFCLP動画 | トップページ | 下地島が無人機運用拠点に »

アマゾン

  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS