ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 防衛計画の大綱&中期防改正_その6 その他&まとめ | トップページ | 海保YS-11引退、運用は自衛隊のみに »

2011年1月24日 (月)

尖閣事件、中国船船長、元海上保安官とも起訴猶予で幕引き

尖閣事件は、漁船を巡視船に体当たりさせた中国船船長、そしてそれを記録したビデオを流出させ公開した海上保安官の両名とも、起訴猶予とすることで、幕引きとなりました。

元海上保安官、中国船船長とも起訴猶予」(産経新聞11年1月21日)

この幕引きを一言で括るなら、おもねりの産物と言えるでしょう。

元海上保安官に関しては、心情的には罪に問いたいとは思っていませんが、法的には、どちらも有罪となるべき犯罪だと思っています。

そのどちらも、筋を通すことなく、おもねりの結果として、お茶を濁そうというのが今回の処置です。
中国船船長に関しては、中国におもねり、元海上保安官に関しては国民におもねっています。

筋を通さずに事態の解決だけを求める政府は、これからも各国からゴリ押しされるだけではないでしょうか。

なお、元海上保安官のテレビインタビューがブログ「テレビにだまされないぞぉ
」に載ってます。

« 防衛計画の大綱&中期防改正_その6 その他&まとめ | トップページ | 海保YS-11引退、運用は自衛隊のみに »

先島防衛」カテゴリの記事

コメント

>そのどちらも、筋を通すことなく、おもねりの結果として、お茶を濁そうというのが今回の処置です。
何せ中国の船長をあっさり帰してしまったのですから。
これで流出させた人間だけを罪に問えば、日本国民が納得するハズがありません。
もうその時点で罪に問うことが難しくなっていたのです。

日本に限らず、経済や軍事などトータルパワーが小さい国は屈することになるという良い見本です。
だから企業連なるメディアも必死に火消しに走ろうとしているわけです・・・

しかしこの中国の横暴さが世界に広がり警戒レベルが上がったのも事実です。
こんな国がいつまでも繁栄できるはずがありません。あせらず、しかししっかりと監視・防衛が出来るよう
しなければならないでしょ。

ナオ様
中国人船長は、きっちりと有罪にした上で、民主党が政治的判断(妥協?)をする
べきだったと考えます。 
もっとも自民党だったら、事件そのものを無かったことにするでしょうから、民主党
の不手際を自民党が責めることはできないですネ。

数多様
下名も、中国人船長と元海保職員は有罪にするべきだったと思います。
元海保職員は、義憤に駆られてあのビデオを公開した訳ですから、個人的には拍手
喝采した思いですが、武装集団(軽武装とはいえ。。)の構成員が、上からの指示に
反した行動は、厳しく戒められるべきだと考えます。

本事案の光の部分は中国の横暴さを世界に宣伝できたことですし、影の部分は
安易な妥協がロシアの北方領土不法占拠を促進させてしまったということだと考えます。

中国人船長の方はともかく、海上保安官の方は国民におもねっただけとは思えません。

起訴され、裁判となれば件の映像を非公開とした理由にも言及されます。
そこで一色氏は「秘密に該当する映像ではない」とあえて主張し、非公開とした理由を引き出すつもりだったのでしょう。
政府側としてはそれを避け、尚かつ国民からの批判もかわした形を目指したのではないかと。

今の政府のままでは北方領土は返ってきませんし、竹島は韓国に、尖閣は中国に取られてしまうのでしょうね。
早く選挙にならないかなぁ。

藤宮氏のいわれたとおり、政府側がスネに傷を持った身ですから、逃げたわけでしょう。
逃げカンはやっぱり逃げカンでしかないですね。

一色氏は裁判も覚悟していたそうですし、裁判になれば良いな、と私も思っていました。

それに裁判で白黒をつけないというのは、三権分立を軽視したものとしか思えません。
やん氏のいわれる事もまた当然の事でしょう。(特に日本には2.26とか5.15があるのですから尚更です)
こんな政権は一刻も早くつぶれて欲しいモンです。

早く選挙にならないかなぁ(同感です)

ナオ 様
中国の横暴が世界に広まったのは事実ですが、日本の弱腰ぶりも広まったでしょうね。
もっとも、ダッカ事件など前例も多いので、今更ながらかもしれませんが……

やん 様
一色氏としたら、法廷で勝負したかったのかもしれませんね。

藤宮 直樹 様
そうですね。
それに、アレが秘密に当たるのであれば、体当たりは起訴されるべき犯罪だったということになりますからね。

選挙は私も望んでいますが、この状態でもまだ民主を支持している人が結構いることが懸念材料です。
もう少しボロを出すのを待った方がいいのかもしれません。

みやとん 様
逃げ菅は、中国にはもちろん、ある意味、一色氏にも敗北したんですよね。

藤宮様
おっしゃる通り、政府は裁判を避けてビデオを非公開にした理由が明らかに
なることを避けたのだと思います。
ただあの時は、フジタの社員が無茶苦茶な理由で中国に拘束されていました
から、そちらの救出が優先だったことは、考慮するべきだったとも思います。
中国の方が一枚上手でした。

数多様
下名の周囲でも、「まだ民主党は政権を取ったばかりだから、もう少し時間を
あげるべきだ」と主張する人が多いです。
民主党に時間を与えても、ボロが出るだけだと思うのですが。。。

>数多久遠様
>日本の弱腰ぶりも
確かに事実ですが、「ああ日本でもやっぱりダメだったか」
といった具合ではないでしょうか。ここのところの中国に対する対応で
どうも強気に出る国が出てきてません。
日本の場合、他の国と一緒でなければ何も言えない国ですから…

さて、どうしたものか

私は以前より起訴猶予が落とし所ではないかと思っていました。
http://paper-wasp.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-69a8.html
しかしこれでは検察は今回の情報はそれ程に重大な秘密には該当しないと判断したということになり、そうしますとやはり国はビデオの全面公開をするべきではないでしょうか。

やん 様
もう少し時間ですか、寛容な方が多いんですね。
もう十分過ぎるほどあげたと思うのですか……

ナオ 様
GDPでは世界2位ですからね。
慎みなんて美徳にならないお国柄みたいですから、どうしてもつけ上がるんでしょうね。
人権や民主化でプレッシャーをかけるしかなさそうです。

アシナガバチ 様
確かに予想された結末ではありますね。
海保の戦術がばれるから秘匿すべきという話もありますが、PSIの多国間訓練などでは報道陣に公開されているようなものもありますから、公開しても支障はないと思います。
私も、全面公開すべきと思いますが、時間が経ったことで自民もトーンが下がっちゃいましたね。
政権交代してから公開されることを期待しましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/50678887

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣事件、中国船船長、元海上保安官とも起訴猶予で幕引き:

« 防衛計画の大綱&中期防改正_その6 その他&まとめ | トップページ | 海保YS-11引退、運用は自衛隊のみに »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS