ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 悪魔の辞典的「基盤的防衛力」解説-機甲師団廃止の序曲 | トップページ | 空自次期救難救助機の機種決定とCSAR »

2010年11月15日 (月)

陸自部隊 違法出動の可能性?

陸自部隊が違法に出動している可能性がネットで指摘されています。

ソースは、在日米軍の監視活動をしているリムピースのHPです。
APEC期間中、陸自NBC部隊が「災害派遣」

災害派遣の垂れ幕を掲げた車両が、実体的にはAPECの警備支援を行っているようです。
101112vhcmaku
101112vhc3
101112vhc0
101110gsdf1
写真は全てリムピースHPより転載

現在、防衛省は災害派遣が行われた場合にはHPのお知らせページに掲載していますが、15日現在、この横浜ノースドックでの災害派遣については一切触れられていません。

実態的にはAPECの警備支援を行っているのに、災害派遣として行動しているのならば、違法な出動です。
自衛隊法には、地震防災派遣という災害が起る前に部隊を派遣する根拠もありますが、これは特定の大震災が予想されるケースのもので、今回は該当しません。

私は、自衛隊がAPECの警備支援をすることには全く異論はありません。
特に、警察において不足しているであろうNBCテロに対する対処準備として、自衛隊が控えているのは非常に適切だと思います。

ですが、それを災害派遣を根拠に行っているとしたら違法ですし、当たり障りの少ない災害派遣を装っているとしたら姑息です。

こう言ったケースでは、警察庁から防衛省に依頼があれば、国家行政組織法を根拠とし、
官庁間協力としてNBCテロの警戒を行うことは可能です。
もし実際にNBCテロが行われれば、その時点で災害派遣を発令すればよいことです。

おそらく、今回のケースは、この官庁間協力で動きながら、目立たないようにという配慮で災害派遣を偽っている、あるいは災害派遣が発令された場合の準備として垂れ幕を出しているだけだと推測しますが、リムピースで取り上げられるなど目立っているので誉められたものではありません。

発令された場合の準備でしたら、災害派遣の垂れ幕だけは出さずにおくべきでしょう。

« 悪魔の辞典的「基盤的防衛力」解説-機甲師団廃止の序曲 | トップページ | 空自次期救難救助機の機種決定とCSAR »

テロ対策」カテゴリの記事

コメント

http://www.nhk.or.jp/news/html/20101112/t10015191781000.html
12日のNHKの記事ですが、テロに備えて待機していたようです

この記事では触れられていませんが、P-3CやAWACS、移動警戒隊?も動員したなら、CAPもやってそうですね

正式にプレスリリースしていたのでしょうか?私は気付きませんでした
演習などでは武装した自衛官が公道を歩くが、緊急事態では有りませんって事前に広報されますが…

それと横断幕については、緊急出動に備えてあらかじめ装着したのでしょうが、
シートで隠しておくとか工夫しておくべきだったかもしれませんね

というかちゃんと広報しておけば余計な詮索は受けないと思うのですがね…

なぜこうもコソコソする必要があるのでしょうか?洞爺湖サミットの際は堂々と警備に自衛隊を出動させていました。知人からの伝聞なので実際の事は分かりませんが千歳に陸自のブラックホークがズラリと並んでいたそうです(北海道にブラックホークは配備されていませんから、多分彼らは・・・。)空自や海自も派遣されていた様に記憶しています。弾道ミサイル攻撃に備えPAC-3も配備されていたはずです。
政権が違うだけで防衛省の対応もこうも違うものなのですね。

逆に考えると、警察庁から派遣要請が出されていない、と言うことではないでしょうか?
災害派遣を装って出動となると、防衛省の独断という可能性もありますよね。

SUS 様
NHKの記事、紹介頂きありがとうございます。
となると、やはり官庁間協力で待機して、実際にテロが起ったら災害派遣……のつもりだったものが撮影されたってとこみたいですね。

自衛隊も協力してますって広報すれば良いのに、民主は自衛隊を目立たせたくないんでしょうね。

アシナガバチ 様
やはり政府の違いなんでしょうね。
VIPのクラスや人数はそう変らなかったはずでしょうから。

藤宮 直樹 様
警察庁から官庁間協力の依頼なしに動いていたというのは、組織の中にいた人間からするとちょっと考えられないです。
自衛隊は行動の根拠については、相当気を使ってますから。
(それが分かってたら、こんな記事タイトルにするな!とおしかりを受けそうですが……)
防衛省が勝手に事前展開していたのだとしたら、今頃中では相当騒ぎになっていると思います。
阪神大震災の時の総監の涙の会見は、外の方からは理解し難いと思いますが、中の人間からすると理解できる話でした。

数多様
阪神大震災の時の総監の涙は、防衛業界の人間も本当に理解できる涙でした。

それから考えると当節の海保隊員の情報流出事案は、もう少し我慢できなかった
のか、いや我慢するべきであったと考えてしまいます。

結局今回のケースは
>災害派遣が発令された場合の準備として垂れ幕を出しているだけ
こちらだったと言うことですよね。

待機ですし、実際には災害派遣が発令されていないので、HPには載っていないと。

現在、国家公安委員長が問題ある方ですが、防衛大臣はまだまともな方ですし、総理もAPECは絶対に成功させたかったはずですから、警察側の動きが鈍かったのかと邪推してしまいました。

やん 様
今回の流出事案に対しては、自らも公務員だった立場からすると非常に複雑です。
認めてしまう訳にはいきませんが、アレがなかったら恐らく国民には知らされないままだったでしょうから。
(政権が変ったとしても、中国と密約がありそうですから、自民でも公開できないような気がします。)

藤宮 直樹 様
おそらくそうではないかと推測します。
自衛隊も、見られているという意識をもって、もう少し気を使えよ、という所じゃないでしょうか。

ただ、民主党の治安機関の使い方はおかしなところがありますから、現場は混乱していたかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/50040761

この記事へのトラックバック一覧です: 陸自部隊 違法出動の可能性?:

« 悪魔の辞典的「基盤的防衛力」解説-機甲師団廃止の序曲 | トップページ | 空自次期救難救助機の機種決定とCSAR »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS