ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« ハンカチ地主に食い物にされる防衛省 | トップページ | 書評「天空のリリー」 »

2010年9月 7日 (火)

自衛隊にも防疫研究機関を

映画「アウトブレイク」のモデルともなっている致死性の極めて高い凶悪な疫病、エボラ出血熱に関して、米陸軍感染症医学研究所が効果的な発症予防薬を開発したそうです。

エボラ熱、発症抑制は可能 米陸軍の研究所が実験で成功」(産経新聞10年8月23日)

軍の研究所がエボラの研究をしているのは、凶悪な疫病が生物テロとして使用されかねないからです。

日本もサリンを撒くような団体が出現するような国です。
それに先日の口蹄疫被害でも災害派遣に駆り出されるようにもなっています。

自衛隊も高度な疾病対策と防疫法を研究する機関が必要ではないでしょうか。

« ハンカチ地主に食い物にされる防衛省 | トップページ | 書評「天空のリリー」 »

テロ対策」カテゴリの記事

コメント

地下鉄サリンの時も、大宮の化学防護隊の方々の活躍で、被害を最小限に食い止める
ことができたことを考えれば、疾病対策と防疫法は必要ですネ。
個人的には、民主党にそのような先見の明があるとは、残念ながら思えません。

やん 様
自衛隊も生物兵器関係はまだまだです。
というか、衛生全般がまだまだ弱いです。

民主に政治主導を期待する前に、防衛省の意識がそちらに向かわないと厳しいでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/49382536

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊にも防疫研究機関を:

« ハンカチ地主に食い物にされる防衛省 | トップページ | 書評「天空のリリー」 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS