ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 自衛隊にも防疫研究機関を | トップページ | 尖閣実行支配の証明と海保11管の増強 »

2010年9月 9日 (木)

書評「天空のリリー」

書評・DVD評では類似ネタ3連発!
と言うことで、今回もソ連の女性飛行連隊がらみです。
ただし、何と所謂ラノベ、ライトノベルです。


本書は、「スターリングラードの白いバラ」と呼ばれ、恐らく最も有名な女性パイロットであるリディア(愛称リリー)・リトヴァクをモデルにしたフィクションです。
時間的には、実戦に出る前の訓練段階のお話なので、血なま臭いシーンはなく、全体としては訓練に明け暮れる少女たちの日常を描いた作品、というところでしょう。

ライトノベルなので、赤面するような萌え(燃えではない)シーンが随所に出てきますが、史実でも10代20代の人間が多かったようなので、案外ホントにこんなだったかもな、とも思わせられます。

深夜に厨房に忍び込んでお菓子を作るシーンなんかは、実際にあってもおかしくなかったようにも思えまました。
何せ、ソ連が制作した映画「対独爆撃部隊ナイトウィッチ」でも、信じられないほど大らかなシーンが随所にありましたから。

著者の千田誠行氏のブログにも書かれていますが、「出撃!魔女飛行隊」がネタ本の一つになっているようです。
和訳された資料は少ないでしょうから、まあ当然でしょうね。

類似ネタということで読んでみましたが、あまりミリタリー色は強くないので、萌え趣味がないと楽しめないでしょう。

そう言う点では、ライトノベルにはありがちの続編に期待と言うところでしょうか。
ただし、戦場に出た後のリディア・リトヴァクは、鬼気迫るところがありますし、戦友が多数死亡する上、最終的には彼女も戦死しているので、ライトなノベルにはならないような気が……

« 自衛隊にも防疫研究機関を | トップページ | 尖閣実行支配の証明と海保11管の増強 »

書評・DVD評」カテゴリの記事

コメント

新刊案内の書名を見て「これわっ」っと思い購入しました。
なかなか面白かったのですが、史実を考えると今後が不安ですw

SUS 様
そうなんですよね。
ハッピーエンドにならないと分かっている話は、読んでいてつらい物があります。

もっとも、その前に続巻があるかどうか分かりませんが……

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 書評「天空のリリー」:

« 自衛隊にも防疫研究機関を | トップページ | 尖閣実行支配の証明と海保11管の増強 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS