ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 書評「Twelve Y.O.」 | トップページ | 総火演応募受付開始 »

2010年6月15日 (火)

北澤防衛大臣留任

鳩山政権が倒れ、新たに菅内閣が発足しましたが、防衛大臣ポストは北澤防衛大臣が留任となりました。

鳩山内閣が倒れた直接の契機は普天間問題でした。そのため、担当大臣である防衛大臣は引責もあって再任されることはないだろうな、と思っていたのですが、些か意外な人事でした。

ただし、首相を始め官房長官や関係大臣が現実を見ない迂闊な発言を連発する中、北澤防衛大臣は慎重な言い回しで問題となるような発言はして来ませんでした。
北澤大臣自身がもともと見識を持っておられたのか、あるいは官僚を無視する内閣にあっても官僚の助言を聞く知恵を持っていたのか、この辺りはは正直分かりません。

6月2日の防衛大臣記者会見において、北澤防衛大臣は「総理になった段階で本来ならば中長期的な理想の約束と、それから現実的に普天間の危険性の除去という観点で処理しなければならん問題と、この二つを早く整理して国民に語りかけておくべきだったと思っています。」と言っていますが、本当にその二つを弁別して考えることが出来ていたなら、今回の騒動自体が発生してないでしょう。
この「中長期的な理想の追求「と「現実的な普天間の危険性除去」は、今後の普天間問題のキーワードとなって行くかもしれません。

また、6月4日の会見では「日米関係をしっかり再構築しなければいけない」と発言してますが、民主政権として自分のケツは自分で拭いてもらわなければならないでしょう。

なにせ、6月5日の会見では「日米の共同発表が次の内閣でも間違いなく、国と国との約束として、引き継いでいく」と仰っているように、普天間の移設は本来ひっくり返してはいけないモノだったのですから。

それにしても、北澤防衛大臣の留任はまだ良いとしても、普天間の嘉手納統合案とかを言い出して掻き回した犯人の一人、岡田外相が留任になったのは、なんとも頂けません……

« 書評「Twelve Y.O.」 | トップページ | 総火演応募受付開始 »

防衛問題雑感」カテゴリの記事

コメント

北澤防衛大臣は民主党政権の中でも珍しく現実派の方で、留任は嬉しいニュースでしたね。

それにしても前政権のした約束は守らないと言うのは酷すぎましたね。
クーデターで政権取った訳じゃないのですから。
彼らの意識の中では同じことなのかも知れませんが。

藤宮 直樹 様
北澤防衛大臣は、制服自衛官の発言を封殺しようとした以外は評価しても良いですね。

鳩山前首相は、政権が変っても外国からしたら同じ国だという事が分かってなかったんでしょう。

数多様・藤宮様

北澤防衛大臣は、いろいろと問題があるように個人的に思います。
海自の方々がインド洋で苦労されていたにもかかわらず、「成果が上がっていると
いう声は限定的」と発言したり、陸自の方の「同盟というものは~」という発言を
封殺したり、外交防衛委員会で田母神元空幕長の発言を封殺したりしていて、
自衛隊の方々がよく北澤防衛大臣に付いていけるなぁ~と感じています。

中沢1佐の件は、ちょっと処分が厳しすぎましたね。
私はそれを「反対意見の人間の首を切るとは、実に民主党的なやり方だな」と受け取りました。

つまり防衛大臣が別の方であっても、民主党政権である限りああなったのではないか、と考えています。

>やん様
北澤防衛大臣は、就任当初は問題発言が多かったのです。インド洋の発言はその頃の物です。
鳩山政権後半はブレーンを変えたのか、ご自身が勉強したのか、次第にまともな発言をするようになっていきました。

首相が最後までほとんど成長しなかったことを考えると、後半まともになっているだけまだマシですし、ここでまた素人同然の議員を据えられるよりはずっと良いかと。

>藤宮様
おっしゃる通り、北澤防衛大臣の後半は問題になる発言は無かったですネ。
民主党政権に交代する時に、一番危惧していた通りの発言が多く、こりゃダメだ
という印象(記憶)が強かったので、北澤ではダメだなと思っていました。
北澤大臣が後半ちゃんと進化したことを考えれば、素人を防衛大臣に据えられるより
マシな状況ですネ。
北澤大臣には、もっともっと勉強して正常な方向に行ってもらいたいです。

民主主義の世の中、国民ももっと防衛に関心を持つべきですネ。
主権は国民にある訳ですから、国民が防衛に関心を持たないと、公僕である政治家が
防衛に関心を持つ訳がないのですから。。。。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/48640828

この記事へのトラックバック一覧です: 北澤防衛大臣留任:

« 書評「Twelve Y.O.」 | トップページ | 総火演応募受付開始 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS