ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 南西諸島への自衛隊配備に前進の兆し | トップページ | GUN派が息を吹き返すか? »

2010年5月12日 (水)

ピースボートがまたしても良い教育

前回は海自による護衛を受け、参加者に世界の現実と防衛力の必要性を知らしめたピースボートですが、今回も現実の恐怖と共にしっかりと教育をしてくれたようです。
ピースボートを海賊が追尾 アデン湾」(産経新聞10年5月7日)

ギリシャ海軍艦艇が対処してくれた事で事なきを得たそうですが、海自のようにベッタリと張り付いて護衛してくれたわけではなく、ギリシャ海軍艦艇の到着まで、ピースボートは速度を上げてジグザグ走行で乗り移られないようにしたそうです。
参加者は肝を冷やしたことでしょう。

今頃、設立者である社民党の辻元清美衆院議員は、その政治的意図と逆の教育効果を上げていることに歯噛みしているかもしれません。

なお、前回の海自護衛時の記事はコチラ
笑えるニュース
ツーショット写真

« 南西諸島への自衛隊配備に前進の兆し | トップページ | GUN派が息を吹き返すか? »

海賊対処」カテゴリの記事

コメント

ぜひ話し合いで解決してもらいたいものです(笑)

個人的には今回こそ海自に守って欲しかった気もしますけれども。
海自が実際にピースボートを海賊から守った!だったら良いニュースになったかと思うと日程が合わなかったのが残念でなりません。

この写真、撮った部隊はセンスありますね(笑)

やん 様
ピースボートから呼びかけとかしたのかは気になりますね。

藤宮 直樹 様
言われてみればそうですね。
ただ、海自はベッタリ張り付いて護衛するらしいですから、海自が護衛していたら多分狙われてないんですよね。
P-3が武装していれば、P-3が追い払ったなんて話が出る可能性もありますが……

ワキ 様
過去記事の写真でしょうか?
どう見ても狙って撮った写真ですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/48344153

この記事へのトラックバック一覧です: ピースボートがまたしても良い教育:

« 南西諸島への自衛隊配備に前進の兆し | トップページ | GUN派が息を吹き返すか? »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS