ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 尖閣にも | トップページ | 事業仕分け前半 »

2009年11月21日 (土)

飲酒禁止

飲酒を禁じた隊舎の居室で酒を飲むなどの内規違反により、海自の隊員が処分を受けていたことが報じられています。
海自隊員、禁止の寝室で飲酒 平成18年、20人を処分 長崎・対馬の警備所」(産経新聞09年11月7日)

空自と海自の規則及び実情は多少異なるかもしれませんが、私の感想は「なんでこんなことで処分?」という所ですので、隊舎での飲酒について書いてみます。

空自でも隊舎での飲酒は禁止です。より具体的には、許可された場所として、基地内に設けられている「隊員クラブ」と呼ばれる居酒屋?様の場所以外では、全て禁止です。
規則で明記されていますが、ハッキリ言って有名無実化していました。十中八九、今でも同じでしょう。

隊員クラブの営業時間が短く、10時前には閉店となっていることもあり、隊舎内居室での飲酒は大目に見られてました。
ただし、建前上禁止ですし、早めに就寝する隊員のためにも静かに飲んでましたし、巡回する当直も、大きな声でも出していなければ注意もしていません。大体において、その当直だって当直上番時以外は飲んでるのです。

定期的に行われる居室の点検の際には、倉庫に隠すなどしていました。私を含め、点検する側も承知してましたし、白状すれば、その私も訓練等で別の基地に行った際などには、居室同様に飲酒禁止の外来宿舎において、やっぱり飲んでました。それも、基地内居住の隊員といっしょに。(まじめな方は怒るかもしれませんが・・・)

実際問題として、勤務場所での飲酒禁止は当たり前ですが、隊舎での飲酒を本当に禁止にする必要性はあまりないでしょう。
基地外に居住している隊員は、官舎等で飲んでいる訳ですし。

そんな訳で、飲酒禁止はその通りですが、その規則は柔軟に運用されています。
海自でもそれほど違わないと思うので、今回のニュースは備品を壊すなど、度の外れた事態があったのでしょう。

« 尖閣にも | トップページ | 事業仕分け前半 »

自衛隊の子ネタ」カテゴリの記事

コメント

初めまして、いつもブログ拝見させてもらっています。

陸でも一昔前まではおっしゃる通りだったのですが、今ではもう営内は完全禁酒。見つかれば処分の対象に充分なり得ます。飲酒に限らず、全般的に営内の締めつけが厳しくなっていますね。

ただ、急にそのような流れになってきた裏には、マスコミに取り上げられるような大きな不祥事が続いたという事は理解はするんですが…不祥事は幹部曹士、営内外問わずですよね!少々腹に据えかねる所も…。

名無し7師 様
そうでしたか。
何気に激しい変化をしてますね。
建前では、無論その通りなんでしょうが、正直言ってそれで士気を保てるのか疑問です。

やはり薬物問題なんかが絡んでいるのでしょうか。

自衛隊員の方々を、人間扱いしてもらいたいと思います。

艦内では飲酒禁止という規則は理解できますが、延々何カ月もけけてインド洋や
ソマリアまで航海して、非番の時まで禁酒ってのは、あり得ない規則だと思います。
当直の時に飲酒など、もっての他ですが、非番なら問題無いでしょう。

同様に、非番の時の隊舎でも飲酒禁止というのは、あまりにも非人道的だと思い
ます。 厳格に規則を適用するなら、隊員の方々は、いつ神経を休めることができ
るのしょうか?

酒ぐらい自由に飲んでほしいとは思いますが。民間もあるところにはありますので、場所・時間を選んでとしか言えませんです。
隊舎って、基地内ですよね。非番であっても、(準)勤務体制ですよね。禁酒・禁煙を含む規定があるのは当然だと思います。
「隊員クラブ」の営業時間など運用面を融通するしかないと思います。

海外の建設現場のキャンプでは、イスラム圏は禁酒は当然でした。最近は非イスラム圏でも、防火・防犯の面で禁酒・禁煙が規則に入ってきました。
キャンプでは階級があり待遇・間取りや規則も違います。士官(マネージャ)や下士官(監督)は、部屋での飲酒OK。兵(職長以下)はクラブでだけOK、クラブは平日が19:00~22:00でビール1.5リットル相当まで、休日前が~24:00。士官・下士官の居住エリアがウエット(wet)コントロール、兵のエリアがドライ(dry)コントロールで、ドライエリアには、酒の持ち込みも禁止です。
キャンプと現場の入り口でアルコール検査もあります。違反者は、問答無用の解雇です。喫煙も玄関か屋外が原則で、寝室は士官クラスでも禁煙です。
飲酒は刃傷沙汰があるし、深酒は現場での事故につながり、喫煙は火災につながります。それぞれ多くの事例がありますので、仕方がありません。

「武装は解かじ夢にだも」
民間も3Kはそんなもんだと諦めて、外泊日まで我慢していただくしかないです。m(_ _)m

否丸様
確かに武器が身近にあるから、酔っ払うのは危険ですネ。。。
自衛隊の方々は大変ですねぇ~

やん 様
私はあまり厳しくしすぎるのは如何なものかと思っている方ですが、営内は共同生活の場でもあるので、規制があるのは仕方ないと思います。

営外と差が有りすぎると、不満の種になってしまうと思うのですが・・・

否丸 様
民間でも厳しいところがあるんですね。
確かにプラント関係なんかは大変だというお話を聞いたことがあります。
飲酒運転に対しては、自衛隊より自動車メーカーの方が厳しいという話も聞きました。

仰られる通り、隊員クラブの営業時間なんかは見直しても良いと思いますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飲酒禁止:

« 尖閣にも | トップページ | 事業仕分け前半 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS