ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 北澤防衛大臣、さっそく問題会見 | トップページ | 民主党にも受ける »

2009年9月23日 (水)

配役に違和感

NHKがスペシャルドラマとして放映する「坂の上の雲」の配役が決りました。
舘、渡・東郷の参謀で念願の海軍軍人役」(朝日新聞09年9月16日)

主役の秋山真之は、「おくりびと」でオスカー俳優となった本木雅弘で良いのですが、連合艦隊参謀長の島村速雄が舘ひろし、東郷平八郎が渡哲也だそうで、こちらの配役にはなんとなく違和感があります。
個人的な感覚かもしれませんが、石原プロが出ていると、どうしても西部警察のイメージのおかげで、考証無視の荒唐無稽な話に思えてしまいます。
「坂の上の雲」は、ドキュメンタリーではありませんが、基本は史実の通りです。

好きな作品がドラマ化されるだけに、ちょっとばかり残念でした。

« 北澤防衛大臣、さっそく問題会見 | トップページ | 民主党にも受ける »

軍事以外」カテゴリの記事

コメント

数多久遠様
TVや映画の配役は、自分のイメージと違う場合が多いですネ。

来年の「竜馬伝」の福山雅治も、個人的にはかなりイメージが
違ってます(笑)

確かにそうですね。
みんな勝手にイメージ作ってるんですよね。
そこを壊してゆくとこに俳優のすごさがあるんでしょうけど。

福山の竜馬は、イメージより年齢で驚きました。
既に40の福山が31で死んだ竜馬をやるんですから、大したもんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 配役に違和感:

« 北澤防衛大臣、さっそく問題会見 | トップページ | 民主党にも受ける »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS