ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« コンスタント・フィーニクス | トップページ | F-22が高いかどうかはROE次第 »

2009年6月10日 (水)

自衛隊の思想調査

先日の記事に対して、自衛隊における思想調査についてコメントを頂いたので、これについて書いてみます。

思想調査というと、もう言葉自体がなにやら怪しげですが、自衛官に思想信条の自由がないわけではありません。
ただ、自衛隊の任務の性格上、防諜活動は当然に必要な訳で、その一環として、隊員の思想調査は行われています。
と言っても、定期的にアンケートを書かされるといった調査対象本人にも分かる活動は行われていません。
休日を含め、その人の行動などが、ただ静かに監視されるだけです。

具体的にどんな人が監視対象となっているか、その全容は、私も知りません。
ですが、実際に防諜活動を行っている情報保全隊について、wiki にも実例が載っている通り、情報保全隊は各政党や反自衛隊活動などを行っている団体(左翼)、右翼(三島由紀夫の事件などもある)、危険な思想を持つ宗教団体(アーレフ(旧オウム)など)等を調査しており、当然これらに関わっている自衛官はマークされています。
現役時代、「あいつは調査(情報保全隊は、以前は調査隊という名称だった)の監視対象だから、あまり親しくするな」などというウワサやアドバイスは何度か耳にしました。

国民にとっても、意図的に自衛隊の情報を外国政府を含む外部の危険な組織に流すような者が、自衛官として重要な情報に触れていたら困るでしょう。

また、誤解が無いように一応書いておきますが、情報保全隊はスパイや秘密警察のような違法な調査方法(盗聴など)は行っていません。
ただし、自衛官という身分を隠して、各種集会などにこっそりと紛れ込むといった活動は行っているようです。

思想調査などと言うと、ちょっと近寄りがたい気がしますが、自衛隊という組織、任務を考慮すれば必要なことです。

ただまあ、こんなブログを書いたり情報公開請求をしたりしている以上、私も当然に調査対象になってるでしょう。
それを考えると気持ちの良いものではありませんね。

« コンスタント・フィーニクス | トップページ | F-22が高いかどうかはROE次第 »

情報・防諜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/544438/45806825

この記事へのトラックバック一覧です: 自衛隊の思想調査:

« コンスタント・フィーニクス | トップページ | F-22が高いかどうかはROE次第 »

アマゾン

  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者
  • 黎明の笛
  • 空飛ぶ広報室 DVD-BOX

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS