ブログランキング&ツイッター

  • 軍事・防衛 ブログランキング
  • ツイッター

« 不審船? | トップページ | 自衛隊による防疫活動 »

2009年5月 7日 (木)

レーション試食記

以前の記事「缶メシ 」で書きましたが、キッチンの奥から発掘された中に米軍のレーションがありました。
今回は、そのレーションを開けて食べてみましたので、その試食?記です。

O0320048010176917186
モノはこれ。
MENU No.23
CHICKEN WITH CAVATELLI
です。
日本語にすると、「鳥の貝巻き状パスタ添え」というところでしょうか。

コレを支給された時ですが、ダンボールの中に様々なナンバーのメニューがランダムで入っていました。
好きなメニューを選べるようになっているようですが、戦場ではケンカの元にもなりそうな気がします。いい大人が、と思うかもしれませんが、何も楽しみがない状況での食事は重要です。

製造年月日や賞味期限のような刻印がありませんでしたが、レーションなんで大丈夫でしょう。
早速開けてみます。
まずは主食から。
O0320021310176917194
パンとチーズスプレッド

O0320021310176917202
ウニみたいですが、チーズスプレッドです。
ただし、味はチーズ味ですが、食感はピーナツバターのような感じで脂っこい。
これだけで、結構おなかにきます。

続いてメインディッシュ
O0320021310176917212
BREADED CHICKEN BREAST PATTY WITH PASTA SHELLS IN TOMATO SAUSE
と書いてあります。
鳥胸肉パテの貝巻きパスタ添えトマトソース味というところでしょうか。
箱の中にレトルトパックが入っています。
右の薄い青色の袋は、加熱用のバックです。
中には使い捨てカイロのような物が入っており、水を入れると化学反応で温かくなります。

O0320048010176917222
こんなふうにインストラクションが書いてあります。
メインディッシュの箱にいっしょに入れて温めます。

O0320048010176917231
加熱中

O0320021310176917237
取り出すとこんな感じ。
戦場では、レトルトパックから絞り出してパクつくか付属のスプーンでパックから掻き出すことになるでしょう。
見た目はおいしそうですが、パテがボソボソした感じで、おいしいとは言い難い代物です。ソースは悪くない。

O0320021310176917246
箱の裏には、食事の大切さなどが書いてあります。
食べてトップパフォーマンス!

O0320021310176917254
続いていちじくバー
付け合せと言うより、これも主食っぽい感じ。
見た目よりもしっとりしており、なかなかおいしい。
いちじくと言うより、ナツメのような味でした。

O0320021310176917260
最後にデザートというか、スナックと言うべきか。
日本人には理解し難いですが、アメちゃんはこう言う物が好きですね。
チョコレートディスク付きナッツとレーズンのミックス

O0320021310176917265
ジュースも付いています。
レモンライム味ですが、あまり香りがしませんでした。

O0320021310176917270
その他の付属品など

中には
O0320021310176917281


O0320021310176917284
食後のコーヒー

O0320021310176917293
調味料として、塩ととうがらし

O0320021310176917299
紙ナプキンと濡れナプキン

O0320021310176917306
最後に食後の一服用?マッチとガム

なんか、至れり尽くせりという感じです。
米軍は、戦場にもこれだけの物をもって行かせます。
いろんな意味でスゴイと思います。

« 不審船? | トップページ | 自衛隊による防疫活動 »

自衛隊の子ネタ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーション試食記:

« 不審船? | トップページ | 自衛隊による防疫活動 »

アマゾン

  • 航空自衛隊 副官 怜於奈3
  • ルーシ・コネクション 青年外交官 芦沢行人
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈2
  • 機巧のテロリスト
  • 航空自衛隊 副官 怜於奈
  • 北方領土秘録 外交という名の戦場
  • 深淵の覇者 新鋭潜水艦こくりゅう「尖閣」出撃 (文庫)
  • 半島へ 陸自山岳連隊
  • 黎明の笛 陸自特殊部隊「竹島」奪還 (文庫)
  • 深淵の覇者

最近のトラックバック

ブックマーク、RSS